TOP > 映画監督・俳優を探す > J・サール・ドウリー

年代別 映画作品( 1917年 ~ 1923年 まで合計7映画作品)

1923年

想い出のブロードウェイ

  • 1923年
  • 監督

サタデイ・イヴニング・ポスト誌に連載されたアール・ダー・ビッガーズ氏作の小説に基づき、「母よ何処」等と同じくサール・ドウリー氏が監督した。主役は「オーバー・ザ・ヒル」主演のメアリー・カー夫人、「冬来りなば」のパーシー・マーモント氏、「名家の秘密」のエドワード・アール氏等である。

監督
J・サール・ドウリー
出演キャスト
メアリー・カー パーシー・マーモント グラディス・レスリー ドーア・デイヴィッドソン
1921年

真性の愛

  • 1921年
  • 監督

「雷鳴」「銀の翼」等と同じくポール・H・スローン原作、「ヴァージン・パラダイス」と同じくJ・サール・ドウリーが監督したもので、パール・ホワイトが「盗人」「山の女」に続いて主演したもの。対手役は「妻なればこそ」等出演のヴァーノン・スティールである。

監督
J・サール・ドウリー
出演キャスト
パール・ホワイト ヴァーノン・スティール Nora Reed Arthur Gordoni

乙女の楽園

  • 1921年
  • 監督

パール・ホワイト嬢のフォックス社に於ける特作品の1で、ハイラム・パーシー・マキシム氏の原作を、J・サール・ドウリー氏が監督したもの。相手役はロバート・エリオット氏とJ・ソーントン・バストン氏である。

監督
J・サール・ドウリー
出演キャスト
パール・ホワイト ロバート・エリオット J・ソーントン・バストン アラン・エドワーズ
1919年

しののめ

  • 1919年
  • 監督

「野の蜜」に続いて製作されたドリス・ケニヨン嬢主演の恋物語で、対手は新顔のフランク・ミルス氏である。「七羽の白鳥」「嘘言」等を監督したJ・サール・ドウリー氏が監督である。

監督
J・サール・ドウリー
出演キャスト
ドリス・ケニヨン フランク・ミルス サリー・クルート ジョージ・レッシー

急いだ結婚

  • 1919年
  • 原作

「拵へる女」に出演した、チャールス・レイ氏の従弟なるアルバート・レイ氏とエリノア・フェアー嬢とが夫婦役になってフォックス・エキセル映画入社後第1回の作品である。原作は2人の為E・ロイド・シェルドン氏及びJ・サール・ドウリー氏が合作し之をダグラス劇「ヘッディン・サウス」等を監督したアーサー・ロッスン氏が監督して製作したもの、人情喜劇として面白いものである。

監督
アーサー・ロッスン
出演キャスト
アルバート・レイ エリノア・フェアー ロバート・クレイン Don Bailey
1918年
1917年
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > J・サール・ドウリー

ムービーウォーカー 上へ戻る