映画-Movie Walker > 人物を探す > フレデリック・バートン

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1946年 まで合計22映画作品)

1932年

O・Kアメリカ

  • 1932年
  • 出演(President 役)

「楽園の大河」「新聞街の殺人」のルー・エイヤースが主演する映画で原作は「フーピー」「女に賭けるな」と同じくウィリアム・アンソニー・マクガイアの筆になるストーリー、それをスコット・ペンブロークが映画劇に脚色し、「ハア・マン」「怪盗団」のテイ・ガーネットが監督にあたり、「禁酒天国」「怪盗団」のアーサー・ミラーが撮影を受け持った。助演者は「愉快な武士道」「摩天楼の悲劇」のモーリーン・オサイヴァン、「シンガポール航路」「腕の男」のルイス・カルハーン、「春宵綺談」のウォルター・カトレット、「餓鬼娘」のアラン・ダインハート・、エドワード・アーノルド、フレデリック・バートン等である。

監督
ティー・ガーネット
出演キャスト
ルー・エイヤース モーリン・オサリヴァン ルイス・カルハーン ウォルター・カトレット
1931年

戦時特務機関

  • 1931年
  • 出演(General_Randolph 役)

「シマロン(1931)」「ドノヴァン・キッド」と同じくリチャード・ディックス主演映画でウィリアム・ジレット作の舞台劇をバーナード・シューバートが脚色し、脚色者だったJ・ウォルター・ルーベンが監督に当たったもの。助演者は新進のシャーリー・グレイ、「ロマンス」「燃ゆる海原」のギャヴィン・ゴードン、ウィリアム・ポスト・ジュニア、ハロルド・キニー、クラレンス・ミューズ等で撮影はディクス映画専属のエド・クロンジェガーの担当である。

監督
J・ウォルター・ルーベン
出演キャスト
リチャード・ディックス シャーリー・グレイ ウィリアム・ポスト・ジュニア ギャヴィン・ゴードン

アメリカの悲劇

  • 1931年
  • 出演(Samuel_Griffiths 役)

現在のアメリカ文壇に重きをなすセオドア・ドライザーが代表作の同名小説を映画化したもので脚色には、ハリウッド在住の詩人サミュエル・ホッフェンシュタインが当たり、監督は「モロッコ」「間諜X27」のジョセフ・フォン・スタンバーグが受け持った。主演者は「悪魔の日曜日」「盗まれた天国」のフィリップス・ホームズ、「市街」のシルヴィア・シドニー。助演者として「巴里選手」「恋とお月様」のフランセス・ディー、「愛する権利(1930)」のアーヴィング・ピチュル、クレア・マクドウェル、ルシル・ラ・ヴァーン、フレデリック・バートン、ウォーレス・ミドルトン、その他が出演。撮影を「市街」「間諜X27」のリー・ガームスが担当している。

監督
ジョセフ・フォン・スタンバーグ
出演キャスト
フィリップス・ホームス シルヴィア・シドニー フランセス・ディー アーヴィング・ピチェル

ビッグ・トレイル(1930)

  • 1931年
  • 出演(Pa_Bascom 役)

「藪睨みの世界」「巴里よいとこ」に次いでラウール・ウォルシュが監督したフォックス超特作映画で、脚本はウォルシュ自身がハル・エヴァーツと協同で書き卸ろし「ハッピイ・デイス」「老番人」のルシエン・アンドリオが撮影した。主役は無名の新人ジョン・ウェインと「巴里見るべし」のマーゲリット・チャーチルが抜擢され、「巴里よいとこ」「ハッピイ・デイス」のエル・ブレンデルを始め「泥人形」「快走王」のタリー・マーシャル、「足音」のタイロン・パワー、「浮気発散」「空中サーカス」のデイヴィッド・ローリンスのほか「恋の大分水嶺」のアイアン・キース、「トム・ソーヤーの冒険」のチャールズ・スティーヴンス、ウィリアム・モング、フレデリック・バートン等が出演している。

監督
ラウール・ウォルシュ
出演キャスト
ジョン・ウェイン マーゲリット・チャーチル エル・ブレンデル タリー・マーシャル
1923年

剣戟の雄

  • 1923年
  • 出演(Oliver_Cromwell 役)

「ブライト・ショール」に続いてリチャード・バーセルメス氏が主演した映画で、原作はビューラー・マリー・ディックス女史、脚色はジョセフィン・ラヴェット女史で、監督は「ブライト・ショール」と同じくジョン・S・ロバートソン氏である。バールメス氏の対手は「琴線の響」出演のドロシー・マッケール嬢。クロムウェル時代の英国を背景とした物語である。

監督
ジョン・S・ロバートソン
出演キャスト
リチャード・バーセルメス ドロシー・マッケール フレデリック・バートン Bradley Barker

想い出のブロードウェイ

  • 1923年
  • 出演(Augustin_Daly 役)

サタデイ・イヴニング・ポスト誌に連載されたアール・ダー・ビッガーズ氏作の小説に基づき、「母よ何処」等と同じくサール・ドウリー氏が監督した。主役は「オーバー・ザ・ヒル」主演のメアリー・カー夫人、「冬来りなば」のパーシー・マーモント氏、「名家の秘密」のエドワード・アール氏等である。

監督
J・サール・ドウリー
出演キャスト
メアリー・カー パーシー・マーモント グラディス・レスリー ドーア・デイヴィッドソン
1922年

襤褄を飾って

  • 1922年
  • 出演(Otis_Grimley 役)

「子煩脳」「君を思えば」等を監督したアルフレッド・E・グリーン氏が「子煩悩」「屠殺者(1922)」等主演のトーマス・ミーアン氏を主役として監督製作したもので、相手役は「灼熱の悪魔」「剣の輝き」等出演のライラ・リー嬢である。

監督
アルフレッド・E・グリーン
出演キャスト
トーマス・ミーアン ライラ・リー フレデリック・バートン シリル・リング

男の魂(1922)

  • 1922年
  • 出演(Bruce_Webster 役)

ジャスパー・ユーイング・ブレイディの原作を、チャールズ・ミラーが監督したもので、主役はアール・フォックスとドリス・ミラーとである。カナダ乗馬警官隊の物語である。

監督
チャールズ・ミラー
出演キャスト
アール・フォックス Charles Mackay ドリス・ミラー フランク・ロシー
1920年

売卜者

  • 1920年
  • 出演(Horatio_Browning 役)

レニー・ブラウニングという女予言者を廻る数奇の運命を描いた悲劇で、全篇に渡って慈愛深き母の愛を取扱っている。主役は初御目見得の名女優マージョリー・ランボー嬢で、「忘れぬ為に」や「日陰の女」を監督した仏国の名監督アルバート・カペラーニ氏の製作した映画。本年5月ロバートスン・コール社から発売されたものである。

監督
アルベール・カペラニ
出演キャスト
マージョリー・ランボー フレデリック・バートン E. Fernandez Cyprian Giles

イエスかノーか

  • 1920年
  • 出演(Donald_Vane 役)

アーサー・グッドリッチ氏の原作で、舞台劇としても成功したものである。ノーマ・タルマッジ嬢が二役を演じて居る。誘惑に打克てずイエスと答えた女、その末路は悲惨な「死」である。誘惑を却け飽く迄夫を信じた女、その報酬は「幸福」である。2人の女を対照して社会教訓劇を作り上げてある。「犯せる罪の酬いは死」と云うテーマと「幸福を望めば善良なれ」と云うテーマの二つを、巧妙なる監督の手腕と、俳優の立派な演技で相合したもので、タルマッヂ嬢の対手は「彼女は勝てり」等出演のロックリフ・フェローズ氏と、新顔のフレデリック・バートン氏で、タルマッヂ嬢の末妹ナタリー嬢も顔を見せる。

監督
ウィリアム・ニール
出演キャスト
ノーマ・タルマッジ フレデリック・バートン ローウェル・シャーマン Lionel Adams
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
星屑の町
星屑の町

売れないムード歌謡コーラスグループの悲哀を描いた舞台「星屑の町」シリーズを映画化

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > フレデリック・バートン