映画-Movie Walker > 人物を探す > ボブ・オーデンカーク

年代別 映画作品( 2012年 ~ 2020年 まで合計5映画作品)

2020年

ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋

オスカー女優のシャーリーズ・セロンと『40歳の童貞男』のセス・ローゲンが共演したラブコメディ。才色兼備な国務長官に恋をしたさえないジャーナリストの奮闘を、男女逆転のシンデレラストーリーとして描く。共演は「猿の惑星」新3部作のアンディ・サーキス、『ターザン:REBORN』のアレクサンダー・スカルスガルドら。監督は『50/50 フィフティ・フィフティ』のジョナサン・レヴィン。

監督
ジョナサン・レヴィン
出演キャスト
シャーリーズ・セロン セス・ローゲン オシェア・ジャクソン・Jr アンディ・サーキス

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語

  • 6月12日(金)
  • 出演(Father March 役)

19世紀を代表する女性作家のルイーザ・メイ・オルコットの小説「若草物語」を、『レディ・バード』のグレタ・ガーウィグ監督と主演シアーシャ・ローナンが再タッグを組み、新たに映画化。共演に、『美女と野獣』のエマ・ワトソンや『ミッドサマー』のフローレンス・ピュー、『君の名前で僕を呼んで』のティモシー・シャラメら。第92回アカデミー賞では作品賞をはじめ6部門にノミネートされ、衣装デザイン賞を受賞した。

監督
グレタ・ガーウィグ
出演キャスト
シアーシャ・ローナン エマ・ワトソン フローレンス・ピュー エリザ・スカンレン
2018年

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書

  • 2018年3月30日(金)
  • 出演(Ben Bagdikian 役)

政府を敵に回してまで“報道の自由”を守ろうとした実在のジャーナリストたちの姿を描く、スティーヴン・スピルバーグ監督による人間ドラマ。ベトナム戦争を客観的に調査・分析した国家の機密文書“ペンタゴン・ペーパーズ”の全貌を公表しようとしたワシントンポストの女性発行人をメリル・ストリープ、編集主幹をトム・ハンクスが演じる。

監督
スティーヴン・スピルバーグ
出演キャスト
メリル・ストリープ トム・ハンクス サラ・ポールソン ボブ・オーデンカーク
2014年

ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅

  • 2014年2月28日(金)
  • 出演(ロス・グラント 役)

『サイドウェイ』のアレクサンダー・ペイン監督が、しばらく疎遠になっていた父子が、モンタナ州からネブラスカまでの車での旅を通して歩み寄っていく姿を描く人間ドラマ。『Virginia ヴァージニア』の大ベテラン、ブルース・ダーンが大酒飲みの頑固な父親ウディを演じ、第66回カンヌ国際映画祭で最優秀主演男優賞に輝いた。

監督
アレクサンダー・ペイン
出演キャスト
ブルース・ダーン ウィル・フォーテ ジューン・スキッブ ステイシー・キーチ
2012年

極秘指令 ドッグ×ドッグ

  • 2012年5月19日(土)
  • 出演(皇帝 役)

政府のために働いてきた11人の秘密諜報員に突然下された抹殺指令。密室を舞台に繰り広げられるバトルを描くサスペンス・アクション。『NIKITA/ニキータ』のマギー・Q、『ミッション・インポッシブル』シリーズのヴィング・レイムスらが秘密諜報員に扮し、過酷な運命に立ち向かう。監督はCM出身の新鋭フォアド・ミカティ。

監督
フォアド・ミカティ
出演キャスト
ジェフリー・タンバー ボブ・オーデンカーク ロブ・コードリー マギー・Q
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
僕と世界の方程式
僕と世界の方程式

国際数学オリンピックで金メダルを目指す少年の姿を描く実話ベースの青春ストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ボブ・オーデンカーク