TOP > 人物を探す > ブリット・エクランド

年代別 映画作品( 1966年 ~ 2020年 まで合計15映画作品)

2020年

ウィッカーマン Final Cut

  • 8月29日(土)
  • 出演(Willow 役)

日本初公開となる「ウィッカーマン Final Cut」は88分公開バージョンより6分長くなっており「ウィッカーマン」(1973)の製作40周年記念作品としてロビン・ハーディ監督が未使用のフーテージも使用し再編集したカルト作。

監督
ロビン・ハーディ
出演キャスト
エドワード・ウッドワード クリストファー・リー ブリット・エクランド ダイアン・シレント
1989年

スキャンダル(1989)

  • 1989年11月11日(土)
  • 出演(Mariella Novotny 役)

'59年、イギリスに起きた「プロヒューモ事件」をめぐる男女の愛憎を描く実話ドラマ。エグゼクキュティヴ・プロデューサーはニック・パウエルとジョー・ボイド、製作はスティーブン・ウーリー、監督はマイケル・ケイトン・ジョーンズ、脚本はマイケル・トーマス、撮影はマイク・マロイ、音楽はカール・デイヴィスが担当。出演はジョン・ハート、ジョアン・ウォーリー・キルマーほか。

監督
マイケル・ケイトン=ジョーンズ
出演キャスト
ジョン・ハート ジョアンヌ・ウォーリー ブリジット・フォンダ イアン・マッケラン

コールドヒート

  • 1989年11月14日(火)
  • 出演

1人の少年のエゴを巡っての両親のエゴをアクションたっぷりに描く異色作。監督・脚本は故ライナー・ウェルナー・ファスピンダーのスタッフとして活躍していたウーリー・ロメル。共同脚本はマックス・ボルト、バディ・シーゲル。撮影はデランド・ヌース、音楽はコーネル&リベットがそれぞれ担当。

監督
ウリ・ロンメル
出演キャスト
ジョン・フィリップ・ロー ブリット・エクランド チャンス・マイケル・コービット ロイ・サマーセット
1978年

ローヤル・フラッシュ

  • 1978年1月10日(火)
  • 出演(Duchess Irma 役)

不真面目将校のずっこけ冒険ぶりを描いたコメディ。製作はデニス・オディールとデイヴィッド・V・ピッカー、監督は「四銃士」のリチャード・レスター、脚本は原作者のジョージ・マクドナルド・フレーザー、撮影はジェフリー・アンスワース、音楽はケン・ソープが各々担当。出演はマルコム・マクドウェル、オリヴァー・リード、フロリンダ・ボルカン、アラン・ベイツ、ブリット・エクランドなど。

監督
リチャード・レスター
出演キャスト
マルコム・マクダウェル アラン・ベイツ フロリンダ・ボルカン ブリット・エクランド
1974年

007/黄金銃を持つ男

  • 1974年12月14日(土)
  • 出演(Mary Goodnight 役)

タイのプーケット島を舞台に、黄金銃を持つ男スカラマンガとボンドの対決を描いた「007」第9作目。製作はアルバート・R・ブロッコリとハリー・サルツマン、監督はガイ・ハミルトン、原作はイアン・フレミング、脚本はトム・マンキーウィッツとリチャード・メイバウム、撮影はテッド・ムーア、音楽はジョン・バリーが各々担当。出演はロジャー・ムーア、クリストファー・リー、ブリット・エクランド、モード・アダムス、フランソワーズ・ティリー、バーナード・リーなど。

監督
ガイ・ハミルトン
出演キャスト
ロジャー・ムーア クリストファー・リー ブリット・エクランド モード・アダムス
1976年

大滑走!死のゲーム

  • 1976年9月11日(土)
  • 出演(Michell 役)

白銀を舞台に凄絶なチェイスをくり拡げるスキーアクション作品。製作はピーター・トレイナーとウィリアム・D・スクラー、監督はTV「刑事コロンボ」のロバート・バトラー、脚本はジム・マクギンとジョン・ゾドロウ、撮影はイサドール・マンコブスキー、音楽はエド・タウンゼントが各々担当。出演はバリー・ブラウン、ブリット・エクランド、エリック・ブリーデンなど。

監督
ロバート・バトラー
出演キャスト
バリー・ブラウン ブリット・エクランド エリック・ブリーデン マイケル・ブロジェット
1998年

ウィッカーマン(1973)

  • 1998年3月21日(土)
  • 出演(Willow 役)

原始宗教息づくスコットランドの離れ小島を舞台に、行方不明となった少女捜索に訪れた中年警部と、奇妙な島民の姿を描いた異色ホラー。権利の問題などから様々な長さのヴァージョンが存在したカルト映画の日本劇場初公開(ビデオはすでに廃版。今回の公開はイギリスでの初公開時と同じ88分ヴァージョン)。ケルト人の民族学的風習に裏打ちされた怪しくもどこかのどかな物語をミステリー、ホラー、ポルノ、ミュージカルなど様々な要素を混じえて描く。全編を彩るフォークソングも聴きどころ。監督は小説家・TV演出家・脚本家としても活躍する『ファンタジスト』(日本未公開)のロビン・ハーディ。製作はピーター・スネル。脚本はハーディの友人で後に映画化もされた大ヒット舞台劇『探偵スルース』で有名な「死海殺人事件」のアンソニー・シェイファー。撮影はハリー・ワックスマン。音楽はポール・ジョヴァンニ。美術はシームス・フランネリイ。編集はエリック・ボイド=パーキンス。主演はTVシリーズ『ザ・シークレット・ハンター』「キング・ダビデ/愛と闘いの伝説」のエドワード・ウッドワード。共演は「吸血鬼ドラキュラ」などドラキュラ俳優として名高いクリストファー・リー、「007/黄金銃を持つ男」のブリット・エクランド、「ハンナ・セレシュ」のイングリッド・ピット、「セバスチャン」のダンスの演出家でもあるリンゼイ・ケンプほか。

監督
ロビン・ハーディ
出演キャスト
エドワード・ウッドワード クリストファー・リー ダイアン・シレント ブリット・エクランド
1972年

ナイト・チャイルド

  • 1972年11月3日(金)
  • 出演(Elise 役)

若い父親を持つ早熟な少年が、謎につつまれた母親の死因をさぐる。製作総指揮はオリヴァー・A・アンガー、製作はグラハム・ハリス、監督はジェームズ・ケリー、脚本はトレヴァー・プレストン、撮影はハリー・ワックスマンとルイス・カドラード、音楽はステルヴィオ・チプリアーニが各々担当。出演はマーク・レスター、ハーディ・クリューガー、ブリット・エクランド、ハリー・アンドリュース、リリー・パルマーなど。

監督
ジェームズ・ケリー
出演キャスト
マーク・レスター ハーディ・クリューガー ブリット・エクランド リリー・パルマー

狙撃者

  • 1972年2月11日(金)
  • 出演(Anna 役)

兄を殺された男の地下組織への徹底的な復讐戦。製作はマイケル・クリンガー、監督はイギリステレビ映画監督から転出のマイク・ホッジス、テッド・ルイスの原作をホッジズが脚色、撮影は「ユリシーズ」のウォルフガング・スシツキー、音楽は「ツェッペリン」のロイ・バッド、編集はジョン・トランパーが各々担当。出演は「最後の谷」のマイケル・ケイン、イアン・ヘンドリー、ブリット・エクランド、ジョン・オズボーン、トニー・ベックリー、ジョージ・スウェル、ジェラルディン・モファットなど。

監督
マイク・ホッジス
出演キャスト
マイケル・ケイン イアン・ヘンドリー ブリット・エクランド トニー・バックレイ
1969年

明日よさらば

  • 1969年6月28日(土)
  • 出演(Irene 役)

ミーノ・ローリとジュリアーノ・モンタンドの脚本を、ジュリアーノ・モンタルドが監督したアクションもの。撮影をエリコ・メンツェル、音楽は名手エンニオ・モリコーネが担当している。出演は「ローズマリーの赤ちゃん」のジョン・カサヴェテス、「ダブルマン」のブリット・エクランド、他にピーター・フォーク、サルヴォ・ランドーネ、ガブリエレ・フェルゼッティなど。テクニカラー、テクニスコープ。

監督
ジュリアーノ・モンタルド
出演キャスト
ジョン・カサヴェテス ブリット・エクランド ピーター・フォーク ガブリエレ・フェルゼッティ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/7更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ブリット・エクランド

ムービーウォーカー 上へ戻る