映画-Movie Walker > 人物を探す > ギルバート・ローランド

年代別 映画作品( 1927年 ~ 1978年 まで合計40映画作品)

1978年

海流のなかの島々

  • 1978年4月22日(土)公開
  • 出演(Captain_Ralph 役)

バハマ諸島の島に住む中年をすぎ2度の結婚にも破れた芸術家の生涯を描く。製作はピーター・バートとマックス・パレヴスキー、監督は「パピヨン」のフランクリン・J・シャフナー、脚本はデン・バート・プティットクラーク、原作はアーネスト・ヘミングウェイの「海流のなかの島々」(新潮社刊)、撮影はフレッド・コーネカンプ、音楽はジェリー・ゴールドスミス、プロダクション・デザイナーはウィリアム・J・クレバー、編集はロバート・スウィンクが各々担当。出演はジョージ・C・スコット、デイヴィッド・ヘミングス、ギルバート・ローランド、スーザン・ティレル、リチャード・エヴァンス、クレア・ブルーム、ジュリアス・ハリス、ハート・ボシュナー、ブラッド・サヴェージ、マイケル・ジェームズ・ウィックステッド、ヒルディ・ブルックス、ジェシカ・レインズ、ウォルター・フリーデル、チャールズ・ランプキンなど。

監督
フランクリン・J・シャフナー
出演キャスト
ジョージ・C・スコット デイヴィッド・ヘミングス ギルバート・ローランド スーザン・ティレル
1968年

黄金の三悪人

  • 1968年7月13日公開
  • 出演(Monetero 役)

ロモロ・グエリエリ、ティト・カルピ、ジョヴァンニ・シモネリ、エンツォ・G・カステラーリの共同脚本を、エンツォ・G・カステラーリが監督した、イタリア製西部劇。撮影はジョヴァンニ・ベルガミーニ、音楽は、フランチェスコ・デ・マーシが担当している。出演は、「真昼の用心棒」のジョージ・ヒルトン、ギルバート・ローランド、エド・バーンズ、カレーン・オハラなど。製作は、エドモンド・アマティ。テクニカラー、テクニスコープ。

監督
エンツォ・G・カステラーリ
出演キャスト
ジョージ・ヒルトン ギルバート・ローランド エド・バーンズ カレーン・オハラ

メキシコで死ね

  • 1968年6月22日公開
  • 出演(Captain_Carbajal 役)

マイケル・バレットの小説『賞金』を「シベールの日曜日」の監督セルジュ・ブールギニョンとオスカー・ミラードが共同で脚色し、セルジュ・ブールギニョンが監督した。撮影はジョー・マクドナルド、音楽は「巨大なる戦場」のエルマー・バーンスタインが担当した。出演は「偉大な生涯の物語」のマックス・フォン・シドーのほかイヴェット・ミミュー、エフレム・ジンバリスト・ジュニア、ギルバート・ローランド、エミリオ・フェルナンデスなど。製作はアーロン・ローゼンバーグ。

監督
セルジュ・ブールギニョン
出演キャスト
マックス・フォン・シドー イヴェット・ミミュー エフレム・ジンバリスト・ジュニア ギルバート・ローランド
1966年

悪のシンフォニー

  • 1966年8月20日公開
  • 出演(Marco 役)

イアン・フレミングの原作を、ジョー・アイシンガーが脚色、007シリーズのテレンス・ヤングが監督した、麻薬追放の国連援助映画という作品の趣旨で、世界各国から大スターが、1ドルの出演料で出演したという、スパイ・アクション異色篇。撮影はアンリ・アルカン、音楽はジョルジュ・オーリックが担当した。出演はユル・ブリンナー、マルチェロ・マストロヤンニ、オマー・シャリフ、E・G・マーシャル、アンジー・ディッキンスン、トレヴァー・ハワード、ハロルド・坂田ほか多数。

監督
テレンス・ヤング
出演キャスト
ユル・ブリンナー マルチェロ・マストロヤンニ ジャック・ホーキンス トレヴァー・ハワード
1964年

シャイアン

  • 1964年12月19日公開
  • 出演(Dull_Knife 役)

マリ・サンドスの同名小説をジェームズ・R・ウェッブが脚色、「リバティ・バランスを射った男」のジョン・フォードが演出した西部劇。撮影はウィリアム・H・クローシア、音楽はアレックス・ノースが担当した。出演は「西部開拓史」のジェームズ・スチュアート、同じくキャロル・ベイカー、「7人の愚連隊」のエドワード・G・ロビンソン、「誰が私を殺したか?」のカール・マルデン、「アラビアのロレンス」のアーサー・ケネディ、「栄光への脱出」のサル・ミネオ、「長い船団」のリチャード・ウィドマーク、「ビッグ・サーカス」のギルバート・ローランドなど。製作はバーナード・スミス。

監督
ジョン・フォード
出演キャスト
リチャード・ウィドマーク キャロル・ベイカー カール・マルデン サル・ミネオ

危機の男

  • 1964年12月10日公開
  • 出演(Gonzales 役)

ジョージ・タボリの原作小説を「エルマー・ガントリー 魅せられた男」のリチャード・ブルックススが脚色・演出したアクションもの。撮影は「パリの恋人」のレイ・ジューン、音楽は「エル・シド」のミクロス・ローザが担当した。出演は「ミンクの手ざわり」のケーリー・グラント、「アラビアのロレンス」のホセ・フェラー 、ポーラ・レイモンド、ギルバート・ローランド、シグネ・ハッソなど。世界的ギタリスト、ビンセント・コメツがギター演奏で特別出演している。製作はアーサー・フリード。

監督
リチャード・ブルックス
出演キャスト
ケーリー・グラント ホセ・フェラー ポーラ・レイモンド シグネ・ハッソ
1961年

復讐に賭ける男

  • 1961年12月5日公開
  • 出演(Sylvio_Malatesta 役)

惨殺された恩人の仇をうつために、今は青年警官であるかつての孤児が、迷宮入りになりかけた事件に身を賭して挑戦するサスペンス・ドラマ。原作はエドウィン・ブラム。脚色は原作者とジョン・ロビンソンの共同。監督は「挑戦者」のジョセフ・ペヴニーが担当。撮影はラッセル・メティ。音楽はジョセフ・ガーシェンソンである。出演はトニー・カーティス、マリサ・パヴァン、ギルバート・ローランド、ジェイ・C・フリッペン、アルジェンティナ・ブルネッティ、テッド・デ・コルシアなど。

監督
ジョセフ・ペヴニー
出演キャスト
トニー・カーティス マリサ・パバン ギルバート・ローランド ジェイ・C・フリッペン
1960年

大爆破

  • 1960年4月24日公開
  • 出演(Monty_Welker 役)

1895年頃の森林地帯を背景にした西部劇。ルイス・ラムーアの原作を、製作者アーロン・スペリングがジョセフ・ペトラッカと共同で脚色し、「やさしく愛して」のロバート・D・ウェッブが監督した。撮影は「サンチャゴ」のジョン・サイツ。出演は「誇り高き反逆者」のアラン・ラッド、「抱擁」のジーン・クレイン、「ビッグ・サーカス」ノギルバート・ローランドのほか、歌手のフランキー・アヴァロン、ライル・ベトガー、バーナー・フェルトン、ノア・ビアリー、レジス・トーミイ、アラナ・ラッドら。

監督
ロバート・D・ウェッブ
出演キャスト
アラン・ラッド ジーン・クレイン ギルバート・ローランド フランキー・アヴァロン
1959年

ビッグ・サーカス

  • 1959年8月11日公開
  • 出演(Zach_Colino 役)

ジョセフ・M・ニューマンが監督したサーカスを舞台とするドラマ。シナリオをアーウィン・アレン、チャールズ・ベネット、アーヴィング・ウォーレスが共同で担当し、撮影はウィントン・C・ホック。音楽はポール・ソーテルとバート・シェフターの共同。出演するのは「やくざ特急」のヴィクター・マチュアの他、ロンダ・フレミング、レッド・バトンズ、ヴィンセント・プライス、ギルバート・ローランド、ピーター・ローレ等。製作アーウィン・アレン。

監督
ジョゼフ・M・ニューマン
出演キャスト
ヴィクター・マチュア レッド・バトンズ ロンダ・フレミング キャスリン・グラント
1958年

生れながらの無宿者

  • 1958年6月25日公開
  • 出演(Miles_Lang 役)

金持ちの鉱山主から消息不明の弟探しをたのまれ、メキシコを舞台に数奇な運命にまきこまれる西部の名拳銃手の物語。デイヴィッド・P・ハーマンの書下ろし脚本を「ジョニイ・ダーク」のジョージ・シャーマンが監督した。撮影監督は「小さな無法者」のアレックス・フィリップス。音楽はジョセフ・ガーシェンソン。主演するのは「全艦発進せよ」のジョック・マホニーと「アパッチの狼火」のギルバート・ローランド。メキシコ映画界からリンダ・クリスタルが参加するほか、エドワード・フランツ、カール・ベントン・リード等が助演する。その他の助演陣や技術者にもメキシコ側人材の参加がみられる。製作ハワード・クリスティ。

監督
ジョージ・シャーマン
出演キャスト
ジョック・マホニー ギルバート・ローランド リンダ・クリスタル エドワード・フランツ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ギルバート・ローランド