TOP > 人物を探す > Knute Erickson

年代別 映画作品( 1928年 ~ 1932年 まで合計6映画作品)

1932年

怒濤の女

  • 1932年
  • 出演(Captain 役)

「サブマリン」のノーマン・スプリンガーが書いた海洋小説を基に新進フィルホィットマンが監督せるもので出演者は「猫とカナリヤ」のレオン・ウェイコフ、「無冠の帝王」のフェイ・レイ、リー・モーラン、「ブロードウェイ(1929)」のベティー・フランシスコ、「風」のモンタギュー・ラブその他。キャメラは「ラスト・モーメント」のレオン・シャムロイが担当である。

監督
フィル・ホイットマン
出演キャスト
フェイ・レイ レオン・ウェイコフ モンタギュー・ラヴ リー・モーラン
1930年

スポイラース(1930)

  • 1930年
  • 出演(Ship_Captain 役)

「テキサス無宿」「ヴァージニアン(1929)」のゲイリー・クーパー氏主演映画で、かつて映画化されたことのあるレックス・ビーチ氏作の同名の小説に基いて「笑う女」「ベンスン殺人事件」のバートレット・コーマック氏が脚色し、「勇者ならでは」「拳の王者」のアグネス・ブランド・リー女史が台本を作り、「エヴァンジェリン(1929)」「復活(1927)」のエドウィン・カリュー氏が監督し、「悪魔の日曜日」「摩天楼の巨人」のハリー・フィッシュベック氏が撮影した。助演者は舞台出身のケイ・ジョンソン嬢、「グレイト・ガッポ」「ストリート・ガール」のベティー・カンプソン嬢、「ベンスン殺人事件」のウィリアム・ボイド氏、「アイスクリーム艦隊」「西部の星影(1930)」のハリー・グリーン氏、「西部戦線異状なし」のスリム・サマーヴィル氏、かつて監督者たりしジェームズ・カークウッド、オスカー・アッフェル、ロイド・イングレアム3氏である。

監督
エドウィン・カリュー
出演キャスト
ゲイリー・クーパー ケイ・ジョンソン ベティー・カンプソン ウィリアム・ボイド
1929年

私のあなた

  • 1929年
  • 出演(Pa_Dolan 役)

「歓楽地帯」「恋と休暇」「楽天奇術師」等出演のジャック・マルホール氏のスター昇進第一回主演映画で、マーガレット・メイヨ女史とソールズベリー・フィールド氏とが合作した舞台喜劇に基いて「恋と休暇」「美人売約済」のユフ・マッグルー・ウィリス氏が脚色し「高速度娘」「熱血ボクシング手」のアルフレッド・サンテル氏が監督し、「愛欲の人魚」「真紅の海」のソル・ポリート氏が撮影した。助演者は「ニューヨーク狂想曲」「明日の結婚」のパッシー・ルス・ミラー嬢を始め、「私のパパさん」「断想悲曲」のアーマンド・カリス氏、「恋と休暇」「狂言成金」のガートルード・アスター嬢及び「ダミー」「結婚行進曲」ののザス・ピッツ嬢。

監督
アルフレッド・サンテル
出演キャスト
ジャック・マルホール パッシー・ルス・ミラー アーマンド・カリス ガートルード・アスター

青春の幻想

  • 1929年
  • 出演(Mr._Jacob_Schmittlap 役)

「恋愛行進曲」と同じくチャールズ・バディー・ロジャース氏とナンシー・キャロル嬢が共演する全発声映画で、アーサー・トレイン氏作の小説を「底抜け騒ぎ」「父と子」のE・ロイド・シェルドン氏が脚色し、「四枚の羽根」「都会の幻想」のロタール・メンデス氏が監督、「カナリヤ殺人事件」「船隊入港」のハリー・フィッシュベック氏が撮影した。助演者は「ロマンスの河」「愛の医者」のジューン・コリアー嬢を始め、「アリバイ」のレジス・トゥーミー氏、「曲線悩まし」のケイ・フランシス嬢、エメリー・メルヴェル嬢、モード・ターナー・ゴードン嬢、エディ・ケーン氏等である。

監督
ロウター・メンディス
出演キャスト
チャールズ・バディー・ロジャース ナンシー・キャロル ジューン・コリアー レジス・トゥーミー

スコール

  • 1929年
  • 出演(Uncle_Dani 役)

「ゴンドラの歌」「姫百合の花」と同じくアレクサンダー・コルダ氏監督作品で、ジャン・パアル氏原作の舞台劇を「ウィリー・リバー」「真紅の海」のブラッドリー・キング女史が脚色したもの。主役は「女丈夫(1927)」「太平洋横断」のマーナ・ローイ嬢が勤め「獄中日記」「ワシントン街十三番地」のアリス・ジョイス嬢、「真紅の海」「棚からぼた餅」のロレッタ・ヤング嬢、「燃ゆる人魚」「夢想の犯罪」のキャロル・ナイ氏、「結婚行進曲」「父と子」のザス・ピッツ嬢、リチャード・タッカー氏、ニコラス・スウサニン氏、ハリー・コーディング氏、ジョージ・ハッカソーン氏等である。撮影は「情炎の美姫」のジョン・サイツ氏。

監督
アレクサンダー・コルダ
出演キャスト
マーナ・ローイ リチャード・タッカー アリス・ジョイス キャロル・ナイ
1928年

真紅の海

  • 1928年
  • 出演(Captain_Barbour 役)

「獄中日記」「愛欲の絆」と同じくジョン・フランシス・ディロン氏が監督したリチャード・バーセルメス氏主演映画でブラッドリー・キング女史がW・スコット・ダーリング氏の小説を脚色したもの。助演者は「ニューヨークの波止場」のベティー・カンプソン嬢を始め、「棚からぼた餅」「情炎夜曲」のロレッタ・ヤング嬢、ジャック・カーディス氏等である。

監督
ジョン・フランシス・ディロン
出演キャスト
リチャード・バーセルメス ベティー・カンプソン ジェームズ・ブラッドベリー ジャック・カーティス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/3更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > Knute Erickson

ムービーウォーカー 上へ戻る