TOP > 人物を探す > ジョナサン・バンクス

年代別 映画作品( 1978年 ~ 2018年 まで合計12映画作品)

2018年

トレイン・ミッション

  • 2018年3月30日(金)
  • 出演(ウォルト 役)

『フライト・ゲーム』の監督&主演コンビによる、走り続ける電車の中で繰り広げられる出来事を描くサスペンス・アクション。リーアム・ニーソン演じる通勤電車に乗り込んだ中年男が、謎の女からのとある人物を捜し出せば10万ドル支払うという依頼を引き受けてしまったことから、次々と危険にさらされていく姿がつづられる。

監督
ジャウム・コレット=セラ
出演キャスト
リーアム・ニーソン ヴェラ・ファーミガ パトリック・ウィルソン サム・ニール
2014年

弾丸刑事(デカ) 怒りの奪還

  • 2014年11月1日(土)
  • 出演(カリート・ケイン 役)

「マチューテ・キルズ」のダニー・トレホ主演のクライム・アクション。孫を誘拐されたロス市警の凄腕刑事が、犯罪王に孤独な戦いを挑む姿を描く。監督は、「ゾンビ・クロニクル2」のニック・ライオン。出演は、TVシリーズ『ブレイキング・バッド』のジョナサン・バンクス、「ディア・ハンター」のジョン・サヴェージ。

監督
ニック・リオン
出演キャスト
ダニー・トレホ トルステン・ヴォルグ ジョナサン・バンクス セリ・デヤング
2001年

クロコダイル・ダンディー in L.A.

  • 2001年6月30日(土)
  • 出演(ジョナサン・バンクス 役)

カルチャーギャップ・コメディの人気シリーズが、13年ぶりに復活。大都会LAを舞台に、次から次へと騒動を巻き起こす田舎者のワニハンターの活躍をつづる痛快作だ。

監督
サイモン・ウィンサー
出演キャスト
ポール・ホーガン リンダ・コズラウスキー Jere Burns ジョナサン・バンクス
1996年

フリッパー(1996)

  • 1996年8月3日(土)
  • 出演(Dirk Moran 役)

青い海を背景に、少年とイルカの友情と成長を描いた冒険物語。日米で好評を博し、2本の劇場用映画も作られた往年のTVドラマ『わんぱくフリッパー』のリメイク。調教を受けた3頭のバンドウイルカの人間顔負けの演技が見どころで、水中撮影の第一人者であるカメラマンのピート・ロマノと『ナショナル・ジオグラフィック』誌や『オムニ』誌で知られる著名な野生生物写真家のボブ・タルボットの協力を得て、美しさと透明感溢れる水中撮影シーンが実現した。監督は「ダリアン」のアラン・シャピロ。製作はジェームズ・J・マクナマラと、コロンビア映画、ユニヴァーサル映画で過去17年間マーケッティング部門で500本以上の作品に係わり、これが初プロデュース作となるペリー・カッツ。エグゼクティヴ・プロデューサーはランス・フール。撮影は「ベートーベン2」のビル・バトラー、音楽はジョエル・マクニーリー、美術はトーマス・A・ウォルシュ、編集はペック・プライアー、衣裳はマシュー・ジェイコブソンが担当。主演は「8月のメモワール」のイライジャ・ウッドと「クロコダイル・ダンディー」のポール・ホーガン。共演は「ラスト・ボーイスカウト」のチェルシー・フィールド、「あなたに降る夢」などで俳優としても活躍するソウル界の大物アイザック・ヘイズほか。

監督
アラン・シャピロ
出演キャスト
イライジャ・ウッド ポール・ホーガン ジョナサン・バンクス Bill Kelley
1993年

ビジター 欲望の死角

  • 1993年11月13日(土)
  • 出演(Aaron 役)

轢き逃げの罪に怯える夫婦が、目撃者らしき謎の男に追い詰められていく恐怖を描くサイコ・スリラー。監督は「ヤングガン2」「フリージャック」のジョフ・マーフィー。エグゼクティブ・プロデューサーは「私がウォシャウスキー」「殺したいほど アイ・ラヴ・ユー」のジェフリー・ルーリーとジョン・P・マーシュ。撮影は「13日の金曜日 PART7 新しい恐怖」「悲しみよさようなら」のポール・エリオット。音楽は「マッドマックス1」「マッドマックス2」「エルム街の悪夢 ザ・ファイナルナイトメア」のブライアン・メイ。

監督
ジョフ・マーフィー
出演キャスト
ルトガー・ハウアー レベッカ・デモーネイ ロン・シルヴァー ジョナサン・バンクス
1994年

ボイリング・ポイント

  • 1994年10月28日(金)
  • 出演(Max 役)

向こうっ気の強い財務調査官と老練なサギ師を主役に据えた、一風変わったポリス・アクション。脚本・監督は、かつてスタンリー・キューブリックと組んで「現金に体を張れ」などを製作し、「駆逐艦ベッドフォード作戦」「ザ・コップ」などを監督したジェームズ・B・ハリス。ともすればありきたりの刑事ドラマに堕す物語の作品を、手堅く人情味あふれる演出の妙で見せている。原作はジェラルド・ペティーヴィッチ、撮影はキング・バゴットが担当。音楽は「ダーティー・ダンシング」のコリー・レリオス。情感たっぷりの主題曲『Dream』は聞きものである。主演は「デモリションマン」の黒人個性派俳優の筆頭ウェズリー・スナイプスと″ハリウッドの異端児″として最近作「スピード」でも怪演をみせたデニス・ホッパー。共演は「わかれ路(1994)」のロリータ・ダヴィドヴィッチ、「カリートの道」のヴィーゴ・モーテンセン、さらに『ブライト・エンジェル』(V)のヴァレリー・ペリン、「逃げる天使」のシーモア・カッセル、「ブラッド・シンプル」のダン・ヘダヤなどベテラン性格俳優が顔をそろえている。

監督
ジェームズ・B・ハリス
出演キャスト
ウェズリー・スナイプス デニス・ホッパー ロリータ・ダヴィドヴィッチ ヴィゴ・モーテンセン
1992年

フリージャック

  • 1992年4月11日(土)
  • 出演(Michelette 役)

18年後の未来に転送され肉体を狙われる若きF1レーサーに、彼を追う賞金稼ぎや恋人がからむSFサスペンス。監督は「ヤングガン2」のジョフ・マーフィ、製作・脚本は「トータル・リコール」のロナルド・シュセット、共同製作はスチュアート・オーケン、エグゼクティヴ・プロデューサーはジェームズ・G・ロビンソンとデイヴィッド・ニクセイとゲイリー・バーバー、ロバート・シェクリィの原作を基にスティーヴン・プレスフィールドとダン・ギルロイが脚本を共同執筆、撮影はアミール・モクリ、音楽は「シー・オブ・ラブ」のトレヴァー・ジョーンズが担当。

監督
ジョフ・マーフィー
出演キャスト
エミリオ・エステヴェス ミック・ジャガー レネ・ルッソ アンソニー・ホプキンス
1988年

ロス市警特捜刑事 惨劇のX’masイヴ

  • 1988年4月9日(土)
  • 出演(Iceman 役)

かつて警察学校時代の仲間であった2人の男が、刑事と殺人鬼という関係となって戦うポリス・アクション。製作はリサ・ハンセン。監督はこれが監督デビューで、マリオ・プーゾの娘であるドロシー・プーゾ。脚本はマイケル・ソニー、モー・キングレイ、撮影はトム・デヌシが担当。出演は「炎のランナー」のブラッド・デイヴィス、シャロン・ストーンほか。

監督
ドロシー・プーゾ
出演キャスト
ブラッド・デイヴィス シャロン・ストーン ジョナサン・バンクス ジェイ・アカヴォーン

私立ガードマン 全員無責任

  • 1988年11月12日(土)
  • 出演(Clyde_Klepper 役)

元警官と元弁護士の、ガードマンのコンビが巻き起こす騒動を描くコメディ映画。製作・監督は「コマンドー」のマーク・L・レスター。ブライアン・グレイザーとハロルド・レイミス、ジェームズ・キーチのストーリーを基に、脚本はレイミス、撮影はフレッド・シュラー、音楽はビル・マイヤーズが担当。出演はジョン・キャンディ、ユージン・レヴィほか。

監督
マーク・L・レスター
出演キャスト
ジョン・キャンディ ユージン・レビイ ロバート・ロギア ケネス・マクミラン
1985年

ビバリーヒルズ・コップ

  • 1985年4月27日(土)
  • 出演(Zack 役)

スゴ腕の熱血漢だが上司からは見放されている若い刑事が麻薬組織を相手に大活躍するというアクション。製作はドン・シンプソンとジェリー・ブラックハイマー、エグゼキュティヴ・プロデューサーはマイク・モーダー。監督はマーティン・ブレスト、脚本はダニエル・ペトリー・ジュニア、原案はダニーロ・バックとペトリー・ジュニア、撮影はブルース・サーティーズ、音楽はハロルド・フォルターメイヤー、編集はビリー・ウェーバーとアーサー・コバーンが担当。出演はエディ・マーフィ、ジャッジ・ラインホールドなど。ドルビー・ステレオ。日本版字幕は金田文夫。テクニカラー、ビスタサイズ。1984年作品。

監督
マーティン・ブレスト
出演キャスト
エディ・マーフィ ジャッジ・ラインホルド ジョン・アシュトン リサ・エイルバッチャー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/12更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ジョナサン・バンクス

ムービーウォーカー 上へ戻る