TOP > 人物を探す > デヴィッド・デンシック

年代別 映画作品( 2012年 ~ 2020年 まで合計5映画作品)

2020年

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ

  • 11月20日(金)
  • 出演

ダニエル・クレイグが6代目ジェームズ・ボンドとして主演を務め、『007 スペクター』以来5年ぶりとなるシリーズ通算25作目。旧友が助けを求めてきたことを機に、現役を引退していたボンドが新たな任務に挑む。『ビースト・オブ・ノー・ネーション』の日系アメリカ人キャリー・フクナガが監督を務め、ラミ・マレック、ラシャーナ・リンチ、アナ・デ・アルマスらがシリーズに初参戦する。

監督
キャリー・フクナガ
出演キャスト
ダニエル・クレイグ レイフ・ファインズ ナオミ・ハリス ロリー・キニア
2018年

リグレッション

  • 2018年9月15日(土)
  • 出演(John Gray 役)

スペインの鬼才アレハンドロ・アメナーバル監督が、80年代にアメリカで起きた悪魔崇拝者による事件を基に描くサスペンス・スリラー。父親からの虐待を告発した少女の取り調べを始めた刑事が、事件の裏に潜む巨大な闇の存在に迫っていく姿がつづられる。刑事をイーサン・ホーク、被害者の少女をエマ・ワトソンが演じる。

監督
アレハンドロ・アメナーバル
出演キャスト
イーサン・ホーク エマ・ワトソン デイヴィッド・シューリス デヴィッド・デンシック
2016年

特捜部Q キジ殺し

  • 2016年2月27日(土)
  • 出演

ユッシ・エーズラ・オールスンのベストセラーミステリー小説を映画化したシリーズ第2弾。未解決事件を扱うコペンハーゲン警察の特別捜査チーム“特捜部Q”が、20年前の殺人事件で、重要情報を握ったまま姿を消した少女の行方を追う。「真夜中のゆりかご」のニコライ・リー・コス、「チャイルド44 森に消えた子供たち」のファレス・ファレスが、前作に引き続き特捜部Qのメンバーを演じる。

監督
ミケル・ノルガード
出演キャスト
ニコライ・リー・コース ファレス・ファレス ピルー・アスベック デヴィッド・デンシック
2013年

ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮

  • 2013年4月27日(土)
  • 出演(オーベ・ヘー=グルベア 役)

デンマーク王室最大のスキャンダルといわれる史実を基に、王と王妃、侍医の運命的な三角関係を描くラブストーリー。監督は「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」の脚本を担当したニコライ・アーセル。出演は「偽りなき者」のマッツ・ミケルセン、「アンナ・カレーニナ」のアリシア・ヴィカンダー。製作総指揮に「ダンサー・イン・ザ・ダーク」のラース・フォン・トリアーが名を連ねている。

監督
ニコライ・アーセル
出演キャスト
マッツ・ミケルセン アリシア・ヴィキャンデル ミケル・ボー・フォルスガード トリーネ・ディアホルム
2012年

裏切りのサーカス

  • 2012年4月21日(土)
  • 出演(トビー・エスタヘイス 役)

元英国諜報員でスパイ小説の大家として知られる、ジョン・ル・カレの傑作を映画化。映画ならではの派手な銃撃戦やアクションを排し、スパイ同士のスリリングな頭脳戦が展開されるミステリーだ。老スパイに扮したゲイリー・オールドマンは本作でアカデミー賞主演男優賞候補に。監督は『ぼくのエリ 200歳の少女』のトーマス・アルフレッドソン。

監督
トーマス・アルフレッドソン
出演キャスト
ゲイリー・オールドマン コリン・ファース トム・ハーディ ジョン・ハート
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/13更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > デヴィッド・デンシック

ムービーウォーカー 上へ戻る