TOP > 映画監督・俳優を探す > パッシー・ルス・ミラー

年代別 映画作品( 1922年 ~ 1924年 まで合計37映画作品)

1925年

風に逆らいて

  • 1925年
  • 出演(Patricia_Van_Pelt 役)

サタデー・イヴニング・ポースト誌上に掲載されたA・M・シンクレアー氏原作の小説を、エドワード・T・ロウ・ジュニア氏が脚色し、「疑惑の夜」と同じくハーバート・ブラッシュ氏が監督したもの。主役は「大台風」「嵐」等出演のハウス・ピータース氏と「夜の馬鹿」「ノートルダムのせむし男(1923)」等出演のパッシー・ルス・ミラー嬢で、邦人俳優山本冬郷氏、桑原ジョージ氏、南部邦彦氏等も出演している。

監督
ハーバート・ブラッシュ
出演キャスト
ハウス・ピータース パッシー・ルス・ミラー アーサー・ホイト ウィリアム・オースティン

快走百万哩

  • 1925年
  • 出演(Elizabeth_Lowden 役)

グレゴリー・ロジャース氏の原作をエドワード・T・ロウ・ジュニア氏が脚色し、アール・C・ケントン氏が第1回作品として監督したキ活劇で、主役は「特別最大急行」等出演のモント・ブルー氏が演じ、相手役は「蕃地のロレーン」「夜の馬鹿」等出演のバッシー・ルス・ミラー嬢が勤めている。その他リンカーン・ステッドマン氏、トム・マッカーサー氏等が助演している。

監督
アール・C・ケントン
出演キャスト
モント・ブルー パッシー・ルス・ミラー Fred Esmelton リンカーン・ステッドマン
1924年

楽天王ハム

  • 1924年
  • 出演(Alice_Neal 役)

「いとしの我児」に続くベン・アレクサンダー主演映画で、J・K・マクドナルド氏の原作、ヴァイオレット・クラーク女史,レックス・ニール氏、ジョン・W・グレイ氏の脚色、「子供の世界」「いとしの我児」等と同じくウィリアム・ボーディン氏が監督した。アレクサンダー君の対手にはマーメイド喜劇でお馴染みのロイド・ハミルトン氏、「海賊アップルジャック」出演のマット・ムーア氏、「花聟試験」「夜の馬鹿」出演のパッシー・ルス・ミラー嬢その他メアリー・カー婦人やサム・ド・グラッス氏等が出演している。愉快な喜劇である。

監督
ウィリアム・ボーディン
出演キャスト
ベン・アレクサンダー ロイド・ハミルトン マット・ムーア パッシー・ルス・ミラー

夜の馬鹿

  • 1924年
  • 出演(Ruth_Rand 役)

パテー社の連続映画の原作を数多く書いて有名なバートラム・ミルハウザーの原作を、新進のアルフレッド・サンテルが監督した。主役は「女は真平(1924)」等出演のマット・ムーアと、「ノートルダムのせむし男(1923)」「わが恋せし乙女」等出演のパッシー・ルス・ミラーである。

監督
アルフレッド・サンテル
出演キャスト
マット・ムーア ジョン・ステップリング パッシー・ルス・ミラー Charles Belcher

花聟試験

  • 1924年
  • 出演(Margarita 役)

ダグラス・マックリーン氏の独立第二回作品で、原作は今から20年程前に流行したヘンリー・ブロッサム氏とアルフレッド・ロービン氏合作の喜歌劇に基づき、レイモンド・キャノン氏が脚色し、それを「冒険タルマッジ」「名馬の鉄蹄」等と同じくジェームズ・W・ホーン氏が監督したもの。マックリーン氏の対手は、「夜の馬鹿」「我が恋せし乙女」等出演のバッシー・ルス・ミラー嬢である。

監督
ジェームズ・W・ホーン
出演キャスト
ダグラス・マックリーン パッシー・ルス・ミラー アーサー・スチュアート・フル スタンホープ・ホイートクロフト

人気娘大当たり

  • 1924年
  • 出演(Kitty_Shayne 役)

ファニー・キルバーン女史作の小説を映画化したもので、「刺激を追う女」と同じくモーリス・キヤンベル氏が監督し、台本もキヤンベル氏自らバーシ・ヒース氏とともに執筆した。主演者は「珍雄凱旋」「陽気なパリっ子」等出演のパッシー・ルス・ミラー嬢と「戦艦くろかね号」「法に追われて」等出演のジョニー・ウォーカー氏で、アラン・ヘール氏、シャノン・デイ嬢、フランセス・レモンド嬢、ウィルフレッド・ルーカス氏等が助演している。

監督
モーリス・キヤンベル
出演キャスト
パッシー・ルス・ミラー ジョニー・ウォーカー アラン・ヘイル シャノン・デイ

最後の手段

  • 1924年
  • 出演(Molly_Marley 役)

ジョージ・ランドルフ・チェスター氏原作の小説「紅薔微物語」に基づき「死の救援列車」「大丈夫ケリガン」等と同じくデヴィッド・スミス氏の監督したもので、主役は「ノートルダムのせむし男(1923)」「夜の馬車」等出演のパッシー・ルス・ミラー嬢「開拓の馬車隊」「義憤の快漢」等出演のダスティン・ファーナム氏。その他ナイルス・ウェルチ氏やジョージ・ウェッブ氏も共演している。

監督
デイヴィッド・スミス
出演キャスト
パッシー・ルス・ミラー ダスティン・ファーナム ナイルス・ウェルチ マーガレット・ランディス

乙女ごころ

  • 1924年
  • 出演(Marjorie_Haie 役)

コスモポリタン誌に1921~1992年に連載されたエドウィン・バルマー氏の小説を、イーヴ・アンセル女史が脚色し、「恩愛のむち」「虚栄地獄」「毒の花園」等と同じくルイガスニエ氏が監督した作品で、主役は「シーバの女王」出演のベティー・ブライス嬢、「夜の馬鹿」「ノートルダムのせむし男(1923)」「我が恋せし乙女」等出演のパッシー・ルス・ミラー嬢、「武士道華かなし頃」「若きダイアナ」等出演のフォレスト・スタンレー氏、「正邪の岐路」「法に泣く女」「ダルシー」出演のジャク・マンホール氏「社交界の誘惑」等出演のマートルス・テッドマン嬢、及び近ごろ復活したルー・テリジェン氏である。

監督
ルイ・ガスニエ
出演キャスト
ベティ・ブライス ルー・テリジェン パッシー・ルス・ミラー フォレスト・スタンレー

男の名を言え

  • 1924年
  • 出演(Fenella_Stanley 役)

ヴィクトル・シエストレム氏が渡米後の最初の作品で、「不滅の都」「クリスチャン」等の原作者ホール・ケーン卿作の小説を映画化したもの、脚色はパウル・バーン氏。主役は「迷路の乙女」「クリスチャン」等出演のメエ・ヴッシュ嬢と「囁きの小軽」「惑溺の十字路」等出演のコンラッド・ネーゲル氏で、パツシイ・ルス・ミラー嬢、クレイトン・ヘール氏、ホバアト・ボスウオース氏、ドゥ・ウイット・ジエニングス氏等が共演している。

監督
ヴィクトル・シェーストレム
出演キャスト
メイ・ブッシュ コンラッド・ネーゲル ホバート・ボスウォース パッシー・ルス・ミラー

お転婆時代

  • 1924年
  • 出演(Billie_Farrington 役)

エルマー・ハリス氏の原作により「木の葉落し」「美人懸賞」等と同じクロイド・イングレアム氏が監督したもので、主演は「快走百万哩」「蛮地のローレン」等出演のパッシー・ルス・ミラー嬢と「美人食客」「我こそ英雄」等出演のマット・ムーア氏とで、レオン・バリー氏、ルシー・フォックス嬢、エディス・チャップマン嬢等が助演している。

監督
ロイド・イングレアム
出演キャスト
パッシー・ルス・ミラー マット・ムーア ルシー・フォックス レオン・バリー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/29更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > パッシー・ルス・ミラー

ムービーウォーカー 上へ戻る