映画-Movie Walker > 人物を探す > パッシー・ルス・ミラー

年代別 映画作品( 1922年 ~ 1931年 まで合計37映画作品)

1931年

旦那様お留守

  • 1931年公開
  • 出演(Miss_Minter 役)

「全米軍」「死の航空路」のラッセル・マックが監督した映画でA・E・ウッヅ作の舞台劇に基づき「彼女の用心棒」「命を売る男(1931)」のウォルター・デレオンが脚色している。主役は「坊やはお休み」「恋の手ほどき(1933)」のエドワード・エヴァレット・ホートンが勤め相手役は「キング・オブ・ジャズ」のローラ・ラプラント、「最後の一人まで(1933)」「南方の放浪者」のエスター・ロールストンで、パッシー・ルス・ミラー、スペンサー・チャータース、モード・エバーンなどが助演する。撮影は「天晴れ競馬で一つかみ」「ペインテッド・デザート」のエドワード・スナイダーの担当である。

監督
ラッセル・マック
出演キャスト
エドワード・エヴァレット・ホートン エスター・ロールストン ローラ・ラ・プラント パッシー・ルス・ミラー
1929年

恋の勝馬

  • 1929年公開
  • 出演(Peggy_Fairfax 役)

「鵜の目鷹の目」「マラソン結婚」等に主演した喜劇俳優エドワード・エヴェレット・ホメーブス氏久し振りの主演映画で、ヴィクター・メイプス氏、ウィリアム・コリヤー氏合作の脚本を「アンクル・トムス・ケヴィン」のハーヴェイ・シュウシ氏が脚色したもので、原作はホートンしの当り芸の一つである。監督は「太平洋横断」「紐育狂想曲」のロイ・デル・ルース氏。撮影は「ノアの箱船」「栄光」のバーニー・マクギル氏。「紐育狂想曲」「明日の結婚」のパッシー・ルス・ミラー嬢が相手役で、エドモンド・プリーズ氏、エドワード・アール氏、スタンレー・テーラー氏などが助演している。

監督
ロイ・デル・ルース
出演キャスト
エドワード・エヴァレット・ホートン パッシー・ルス・ミラー エドモンド・ブリーズ エドワード・アール

モダーン・イヴ

  • 1929年公開
  • 出演(Eve_Grant 役)

「金髪騒動」「陸戦隊のモーラン」と同じくフランク・ストレイヤー氏の監督作品でグラディス・レーマン女史が原作並びに脚色の筆をとった。主演者は「私のあなた」「乙女純情」のパッシー・ルス・ミラー嬢と「紳士は金髪がお好き(1928)」「万事円満」のフォード・スターリング氏、で他に「ブロードウェイ・メロディー」のジェット・プラウディー氏、「ウォール街の狼」のアーサー・ランキン氏、ガートルード・アスター嬢その他が助演している。カメラは「青春の夢(1929)」「ドノヴァン」のテッド・テズラフ氏が担任。

監督
フランク・ストレイヤー
出演キャスト
パッシー・ルス・ミラー フォード・スターリング ジェッド・プラウティー ガートルード・アスター

私のあなた

  • 1929年公開
  • 出演(Elsie_Dolan 役)

「歓楽地帯」「恋と休暇」「楽天奇術師」等出演のジャック・マルホール氏のスター昇進第一回主演映画で、マーガレット・メイヨ女史とソールズベリー・フィールド氏とが合作した舞台喜劇に基いて「恋と休暇」「美人売約済」のユフ・マッグルー・ウィリス氏が脚色し「高速度娘」「熱血ボクシング手」のアルフレッド・サンテル氏が監督し、「愛欲の人魚」「真紅の海」のソル・ポリート氏が撮影した。助演者は「ニューヨーク狂想曲」「明日の結婚」のパッシー・ルス・ミラー嬢を始め、「私のパパさん」「断想悲曲」のアーマンド・カリス氏、「恋と休暇」「狂言成金」のガートルード・アスター嬢及び「ダミー」「結婚行進曲」ののザス・ピッツ嬢。

監督
アルフレッド・サンテル
出演キャスト
ジャック・マルホール パッシー・ルス・ミラー アーマンド・カリス ガートルード・アスター
1928年

新人の天地輝く

  • 1928年公開
  • 出演(Beth_Levine 役)

ミルトン・ハーバート・グロッパー氏とマックス・シーゲル氏との合作した舞台劇を「我れ世に誇る」「降伏」と同じくエドワード・スローマン氏が監督した映画。エドワード・ジェー・モンターニュ氏監修の下にアルフレッド・A・コーン氏が脚色しあわせて撮影台本をつくった。「法螺吹き靴屋大当り」出演のジョージ・ルイス氏、「南京豆小僧大空の巻」のパッシー・ルス・ミラー嬢、「與太成功記」のジョージ・シドニー氏、「五つの魂を持つ女」のジョン・ボールズ氏、その他エディ・フィリップス氏、ジョセフィン・ダン嬢、キャスリン・ウィリアムス嬢、エドワード・マーティンデル氏などが出演している。ちなみにこの映画は米国では「我等アメリカ人」We Americansで発表された。

監督
エドワード・スローマン
出演キャスト
ジョージ・シドニー ベリル・マーサー ジョージ・ルイス パッシー・ルス・ミラー

明日の結婚

  • 1928年公開
  • 出演(Margaret 役)

「恋人」「囁きの小径」のジョン・M・スタールの製作で、エドワード・クラークの原作を、フランセス・ハイランド女史が脚色、「放埒新療法」「娘は帰る」のジェームズ・フラッドが監督したものである。主役を演じるのは「恋文御用心」「ニューヨーク狂想曲」のパッシー・ルス・ミラーと「愛に飢えて」「寝巻」のローレンス・グレイ。共演にロバート・エディソン、シャーリー・パルマー、レイモンド・キーン、ジョン・セント・ポリス。この映画の発声版の方は、伴奏によるもの。

監督
ジェームズ・フラッド
出演キャスト
パッシー・ルス・ミラー ローレンス・グレイ ロバート・エディソン Ralph Emerson

南京豆小僧競馬の巻

  • 1928年公開
  • 出演(Patsy 役)

「南京豆小僧天空の巻」と同じく、ホイト、クラフト、トライオンの組合せによる映画、すなわちウィリアム・ジェームズ・クラフト氏が原作を書き、ハリー・O・ホイト氏がそれを脚色し、クラフト氏の監督の下に、グレン・トライオン氏が主演する映画。トライオン氏の相手役は今度も前回と同じくパッシー・ルス・ミラー嬢でそのほかロイド・ウィトロック氏、ジェームズ・ブラッドベリー氏、グレテル・ヨルツ嬢等が助演する。

監督
ウィリアム・ジェームズ・クラフト
出演キャスト
グレン・トライオン パッシー・ルス・ミラー グレテル・ヨルツ ジェームズ・ブラッドベリー
1927年

乙女純情

  • 1927年公開
  • 出演(Mary_Sullivan 役)

「ベター・オール」「馬車で風切る男」と同じくチャールズ・F・ライズナー氏の監督作品でジョン・ワーグナー氏の原作をロイズ・ジャクソン女史が脚色したもの。主演者は「ニューヨーク狂想曲」「疾風武者」のパッシー・ルス・ミラー嬢と「彼女の恋物語」「美人国2人行脚」のアイアン・キース氏でキャロル・ナイ氏、ミッキー・マックバン君、リリアン・ランドン嬢等が助演している。撮影は「浮かれ花嫁」「特製鋼鉄人形」のデイヴィッド・エーベル氏が担当。

監督
チャールズ・F・ライズナー
出演キャスト
パッシー・ルス・ミラー キャロル・ナイ ミッキー・マックバン アイアン・キース

南京豆小僧

  • 1927年公開
  • 出演(Patsy_Deveau 役)

ハリー・O・ホイト氏が特に書き下ろした物語をホイト氏がヴイン・ムーア氏と共同で脚色し、「誉れの警官鬼神退治」と同じくウィリアム・ジエームズ・クラフト氏が監督したもので、主役は「陽気なパリっ子」「奔流天に騰る」等出演のバッシー・ルス・ミラー嬢と「頓珍漢武者振るう」「怪物団若返る」等出演のグレン・トライオン氏で、「愉快な嘘つき」出演のチャールズ・ジエラード氏を始めジョージ・フォーセット氏、シドニー、ブレー氏、モンテ・コリンズ氏等が助演している。

監督
ウィリアム・ジェームズ・クラフト
出演キャスト
パッシー・ルス・ミラー グレン・トライオン チャールズ・ジェラード ジョージ・フォーセット

南京豆小僧天空の巻

  • 1927年公開
  • 出演(Mary_Sloan 役)

「南京豆小僧」「南京豆小僧大成功」と同じくグレン・トライオン氏主演の喜劇で、ジョゼフ・エフ・ポーランド氏監修の下にハリー・O・ホイト氏が原作を書き、O・ホイト氏自ら撮影台本を作ったものから、「南京自小僧」を監督したウィリアム・ジェームズ・クラフト氏が監督した映画。相手役は「疾風武者」「南京豆小僧」等出演のパッシー・ルス・ミラー嬢で、バー・マッキントッシュ氏、ロイド・ウィトロック氏、ルース・ドワイヤー嬢などの人々が助演している。

監督
ウィリアム・ジェームズ・クラフト
出演キャスト
グレン・トライオン パッシー・ルス・ミラー バー・マッキントッシュ ロイド・ウィトロック
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > パッシー・ルス・ミラー