TOP > 人物を探す > デヴィッド・クロス

年代別 映画作品( 2020年 ~ 2020年 まで合計4映画作品)

2020年

バルーン 奇蹟の脱出飛行

東西ドイツ冷戦下、ある家族の奇想天外な“逃飛行”を映し出す実話サスペンス。1979年、東ドイツの電気技師ペーターとその家族は、手作りの熱気球で西ドイツを目指すが失敗。だが、ペーターは親友ギュンターの家族も巻き込み、再び気球による脱出作戦を決意する。出演は「マーラー 君に捧げるアダージョ」のフリードリヒ・ミュッケ、「ガーディアン」のカロリーヌ・シュッヘ、「愛を読むひと」のデヴィッド・クロス、「タクシー運転手 約束は海を越えて」のトーマス・クレッチマン。監督は『小さなバイキングビッケ』のミヒャエル・ブリー・ヘルビヒ。

監督
ミヒャエル・ブリー・ヘルビヒ
出演キャスト
フリードリヒ・ミュッケ カロリーヌ・シュッヘ デヴィッド・クロス アリシア・フォン・リットベルク
2012年

戦火の馬

  • 2012年3月2日(金)
  • 出演(ギュンター 役)

第一次世界大戦を舞台に、少年と馬の絆を描いた、スティーヴン・スピルバーグ監督による感動ドラマ。原作は、1982年にイギリスで出版された小説を基に、トニー賞5部門に輝いた傑作舞台劇。スピルバーグが主人公の少年アルバートに抜擢したのは、イギリス出身の無名の新人、ジェレミー・アーヴァイン。

監督
スティーヴン・スピルバーグ
出演キャスト
ジェレミー・アーヴァイン エミリー・ワトソン デイヴィッド・シューリス ピーター・ミュラン
2009年

愛を読むひと

  • 2009年6月19日(金)
  • 出演(青年時代のマイケル・バーグ 役)

ベルンハルト・シュリンクのベストセラー小説をケイト・ウィンスレット主演で映画化した感動作。第2次大戦後のドイツを舞台に、少年と謎めいた年上の女性との物語が展開する。

監督
スティーヴン・ダルドリー
出演キャスト
ケイト・ウィンスレット レイフ・ファインズ デヴィッド・クロス レナ・オリン

関連ニュース

『愛を読むひと』でケイト・ウィンスレットと愛のシーンを丁寧につむぎ上げたデビッド・クロス
ケイト主演作『愛を読む人ひと』新進俳優が語る「セックスは物語の要」 6月18日 13:45

ケイト・ウィンスレットのアカデミー賞主演女優賞受賞作『愛を読む人』(6月19日公開)で、ケイトと堂々渡り合ったのが、新進俳優デビッド・クロスだ。演じたのは、ケイト扮する21歳年上のハンナと恋におちる青年マイケル役。繊細で…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/11更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > デヴィッド・クロス