映画-Movie Walker > 人物を探す > ジェームズ・グリフィス

年代別 映画作品( 1951年 ~ 2014年 まで合計13映画作品)

2014年

カムバック!

  • 2014年10月25日(土)
  • 監督

かつて天才ダンサーと呼ばれながらサルサから遠ざかっていた冴えない中年男が、女性上司を振り向かせるために25年ぶりに再びサルサに挑むコメディ。「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」「宇宙人ポール」のニック・フロストが、巨体を揺らしサルサの練習を重ねる男を演じている。またニック・フロストは本作の製作総指揮・原案も務め、ニックと何度も組んでいるニラ・パークが製作に参加している。監督はテレビコメディ『マット・ルブランの元気か~い? ハリウッド!』のジェームス・グリフィス。本作が長編映画初監督作品となる。ほか「セレステ∞ジョーンズ」のラシダ・ジョーンズ、「ガリバー旅行記」のクリス・オダウドらが出演。

監督
ジェームズ・グリフィス
出演キャスト
ニック・フロスト ラシダ・ジョーンズ クリス・オダウド イアン・マクシェーン
1970年

夕陽の対決

  • 1970年4月11日(土)
  • 出演(Murdock 役)

カウボーイと牧羊者の争いの渦中に入り込んだ、不敵なガンファイターの活躍を描く西部劇。製作はフランク・キングとモーリス・キングの兄弟。監督は「荒野のアパッチ」のリー・H・カッツィン、脚本は「突撃隊」のリチャード・カー。撮影は「追いつめて殺せ」のフレッド・コーネカンプ、音楽は「殺しの分け前 ポイント・ブランク」のジョニー・マンデル、編集はダン・カーンがそれぞれ担当。出演は「パリは燃えているか」のグレン・フォード、「西部開拓史」のキャロリン・ジョーンズ、「去年の夏」のバーバラ・ハーシー、「5枚のカード」のジョン・アンダーソン。その他、デイヴィッド・キャラダイン、J・D・キャノン、ハリー・タウンズ、ジェームズ・グリフィス、クロード・ウールマン、エド・バーキーなど。パナビジョン、メトロカラー。1969年作品。

監督
リー・H・カッツィン
出演キャスト
グレン・フォード キャロリン・ジョーンズ バーバラ・ハーシー ジョン・アンダーソン
1966年

テキサスの五人の仲間

  • 1966年10月2日(日)
  • 出演(Mr._Stribling 役)

「ハスラー」のシドニー・キャロルの脚本を、TV出身で劇場用映画はこれが3本目というフィルダー・クックが製作・監督したポーカー・ゲームを中心とした西部劇。撮影は「不意打ち」のリー・ガームス、音楽は「ガンファイトへの招待」のデイヴィッド・ラクシンが担当した。出演は「バルジ大作戦」のヘンリー・フォンダ、「逆転殺人」のジョアン・ウッドワード、「旅」のジェイソン・ロバーズ、「お呼びの時間」のポール・フォード、「酒とバラの日々」のチャールズ・ビックフォード、「危険な道」のバージェス・メレディス、ケヴィン・マッカーシー、9歳の子役ジェラルド・ミチェノードなど。

監督
フィールダー・クック
出演キャスト
ヘンリー・フォンダ ジョアン・ウッドワード ジェイソン・ロバーズ チャールス・ビックフォード
2004年

モーター・サイコ

  • 2004年9月25日(土)
  • 原案

“エロスの帝王”ラス・メイヤー監督作の特集上映第2弾。日本初公開の「モーター・サイコ」は、暴走ライダーたちに妻をレイプされた男の復讐を描く。

監督
ラス・メイヤー
出演キャスト
ハジ スティーヴ・マスターズ アーシャルス・アヴァジアン リチャード・S・ブルマー
1964年

肉体の罠(1964)

  • 1964年10月21日(水)
  • 脚本

ジェームズ・グリフィスのシナリオをラス・メイヤーが製作・演出した風俗ドラマ。撮影はウォルター・シェンクが担当した。出演はローナ・マイトランド、ハル・ホッパー、ジェームズ・ラッカーなど。

監督
ラス・メイヤー
出演キャスト
ローナ・マイトランド ジェームズ・ルッカー ハル・ホッパー Doc Scott
1958年

西部を股にかける女

  • 1958年10月10日(金)
  • 作詞、出演(Karp 役)

「西部の血煙」のハーモン・ジョーンズ監督が、女流ライター、アデール・バフィントンの書下ろし脚本を得て作った、風変わりな物語の西部劇。撮影はジョン・J・マーティン、音楽はリース・スティーヴンスが担当。フランキー・レーンの歌っている主題歌“ブルホイップ”を、ジェームズ・グリフィスが作曲、ハル・フーパーが作詞している。撮影はカリフォルニアのエンジェルス・キャンプとソノラの付近で行われた。主演するのは「シャロンの屠殺者」のガイ・マディソンと「対決の一瞬」「OK牧場の決斗」のロンダ・フレミンダ。その他「最初のテキサス人」のジェームズ・グリフィス、「帰らざる河」のドン・ベドー、ピーター・アダムス、ダン・シェリダン等が出演する。製作者はウィリアム・F・ブロイディとヘレン・エインスワース。

監督
ハーモン・ジョーンズ
出演キャスト
ガイ・マディソン ロンダ・フレミング ジェームズ・グリフィス ドン・ベードー
1957年

勇者カイヤム

  • 1957年10月20日(日)
  • 出演(Buzorg 役)

「異教徒の旗印」のバリー・リンドンの脚本を「巨象の道」のウィリアム・ディーターレが監督したスペクタクル史劇。撮影監督は「叛逆者の群れ」のアーネスト・ラズロ、音楽は「八十日間世界一周」のヴィクター・ヤング。主演は「怒りの刃」のコーネル・ワイルド、「日のあたる島」のマイケル・レニー、「やさしく愛して」のデブラ・パジェット、「裸の天使」のジョン・デレク、「エデンの東」のレイモンド・マッシー、「インカ帝国の秘宝」のイマ・スマックなど。そのほか「脱獄囚」のマギー・ヘイス、「燃える幌馬車」のジョーン・テイラーなどが助演する。

監督
ウィリアム・ディターレ
出演キャスト
コーネル・ワイルド マイケル・レニー デブラ・パジェット ジョン・デレク

悪人への貢物

  • 1957年4月13日(土)
  • 出演(Barjak 役)

「シェーン」の作者ジャック・シェーファーの短篇を「ケイン号の叛乱」のマイケル・ブランクフォートが脚色、「傷だらけの栄光」のロバート・ワイズが監督した、西部開拓に生きる男の物語。撮影監督は「オクラホマ!」のロバート・サーティース、音楽は「ボワニー分岐点」のミクロス・ローザが担当した。主演は「情欲の悪魔」のジェームズ・キャグニー、ギリシャ出身でハリウッド初出演のイレーネ・パパス、「恐怖の土曜日」のスティーブン・マクナリー、「暴力教室」のヴィック・モロー、舞台からきた新人ドン・ダビンスなど。

監督
ロバート・ワイズ
出演キャスト
ジェームズ・キャグニー ドン・ダビンス スティーブン・マクナリー イレーネ・パパス
1960年

縄張を荒らすな

  • 1960年7月8日(金)
  • 出演(Orrie_Sommers 役)

開拓時代のワイオミング高原を舞台にした西部劇。ダニエル・D・ビューチャンプとジョセフ・ホフマンの共同脚本を「荒野の追跡」などのジェシー・ヒッブスが監督した。撮影はモーリー・ガーツマン、音楽は「夜を楽しく」のジョセフ・ガーシェンソン。出演は「敵中突破せよ」のジョン・ペイン、「野郎!拳銃で来い」の、マリ・ブランチャードら。製作テッド・リッチモンド。

監督
ジェシー・ヒッブス
出演キャスト
ジョン・ペイン マリ・ブランチャード ダン・デュリエ ジョイス・マッケンジー
1954年

暗黒街脱出

  • 1954年6月1日(火)
  • 出演(Carl_Hoyt 役)

「南海征服」のフランク・ロイドが久しぶりにカムバックして製作監督するスパイ活劇。1954年作品。レスター・ヤードの原作から「ミシシッピの賭博師」のシートン・I・ミラーと「私刑される女」のスティーヴ・フィッシャーが脚色した。撮影は「ジャバへの順風」のジャック・マータ、音楽は「西部の掠奪者」のR・デイル・バッツ。「ジュリアス・シーザー(1953)」のエドモンド・オブライエンと「吹き荒ぶ風」のルース・ローマンが主演し、「闘う沿岸警備隊」のリチャード・ジャッケル、「命賭けて」のマーヴィン・ミラー、ヴィクター・セン・ユン、ウィット・ビッセルなどが助演する。

監督
フランク・ロイド
出演キャスト
エドモンド・オブライエン ルース・ローマン リチャード・ジャッケル ウィット・ビッセル
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
僕と世界の方程式
僕と世界の方程式

国際数学オリンピックで金メダルを目指す少年の姿を描く実話ベースの青春ストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジェームズ・グリフィス