映画-Movie Walker > 人物を探す > アート・マリク

年代別 映画作品( 1985年 ~ 2015年 まで合計7映画作品)

2015年

ミルカ

  • 2015年1月30日(金)公開
  • 出演(ミルカの父 役)

3度にわたってオリンピックに出場するなど、“空飛ぶシク教徒”の異名を持つ実在のインド人ランナー、ミルカ・シンの半生を描く人間ドラマ。アスリートとしての成功の裏に隠された、国の対立による悲劇や苦悩など、彼の壮絶な人生がつづられる。インド映画界のスーパースター、ファルハーン・アクタルがミルカに扮する。

監督
ラケーシュ・オームプラカーシュ・メーラ
出演キャスト
ファルハーン・アクタル ソナム・カプール ディヴィヤ・ダッタ プラカーシュ・ラージ
2007年

FAKERS フェイカーズ 4日間で借金を返す法

  • 2007年3月26日(月)公開
  • 出演(フォスタ・ライト 役)

英国発のクライム・コメディ。犯罪組織から多額の借金を抱えた男が、個性的な仲間とともに伝説の画家のスケッチをネタに詐欺を企てるさまを描く痛快作。

監督
リチャード・ジェーンズ
出演キャスト
マシュー・リス ケイト・アシュフィールド トム・チェンバース トニー・ヘイガース
1994年

トゥルーライズ

  • 1994年9月10日(土)公開
  • 出演(Aziz 役)

妻や子にも正体を隠し、家族思いの父親と凄腕の秘密諜報部員という二重生活を送るヒーローの珍無類の活躍を、アクションとユーモア豊かに描いたスパイアクション・コメディ。1億2000万ドルの巨費を投じ、「ターミネーター2」のジェームズ・キャメロン監督とアーノルド・シュワルツェネッガーが3度コンビを組んだ超大作。米海軍の協力でハリアー戦闘機の実機が使用されたのをはじめ、アクションシーンの見せ場はたっぷり。フランス映画『La Totale』に目を付けたシュワルツェネッガーがキャメロンに企画を持ち込み、彼の監督・製作・脚本で実現。共同製作は「T2」でも監督と組んだステファニー・オースティン。撮影は「ハード・ターゲット」のラッセル・カーペンター、音楽は「T1」「T2」に続き、監督とは3作目のブラッド・フィーデル、美術は14本の「007」シリーズに参加し、「エイリアン2」に続いて監督とは2作目のピーター・ラモント。「アビス」以降、キャメロン作品に参加しているジョン・ブルーノがSFXスーパーバイザーを務め、特殊視覚効果はキャメロンが設立したデジタル・ドメイン社が担当。名コメディエンヌぶりを発揮した「マイ・ガール2」のジェイミー・リー・カーティスほか、「ライジング・サン」のティア・カレル、「コーンヘッズ」のトム・アーノルド、「トゥームストーン」のビル・パクストンらが共演。

監督
ジェームズ・キャメロン
出演キャスト
アーノルド・シュワルツェネッガー ジェイミー・リー・カーティス トム・アーノルド ビル・パクストン
1992年

抱きしめたいから

  • 1992年9月19日(土)公開
  • 出演(Kanan 役)

オーストラリア人ジャーナリストと元ヴェトナム難民の大使夫人の交流を描く人間ドラマ。監督は「アンボンで何が裁かれたのか」のスティーブン・ウォレス、製作は「英雄モラント」のマット・キャロル、エグゼクティヴ・プロデューサーは「JFK」のアーノン・ミルチャン、グラハム・バーク、グレッグ・コート。ブランシュ・ダルピュジェの同名小説をもとにアン・ターナーが脚本を執筆、撮影は「クロコダイル・ダンディー」のラッセル・ボイド、音楽はクリス・ニールが担当。

監督
スティーブン・ウォレス
出演キャスト
グレタ・スカッキ ジョアン・チェン ジャック・トンプソン アート・マリク

シティ・オブ・ジョイ

  • 1992年5月30日(土)公開
  • 出演(Ashoka 役)

絶望してカルカッタにやって来たアメリカの青年医師がスラム街で暮らすうちに再び人生の意義を見いだしていく、ドミニク・ラピエールの小説「歓喜の街カルカッタ」の映画化。製作・監督は「ミッション」のローランド・ジョフェ、共同製作はジェイク・エバーツ。脚本は『小さき神の作りし子ら』(映画タイトル「愛は静けさの中に」)の劇作家マーク・メドフ、撮影は「ミシシッピー・バーニング」のピーター・ビジウ、音楽は「バグジー」のエンニオ・モリコーネが担当。

監督
ローランド・ジョフェ
出演キャスト
パトリック・スウェイジ ポーリン・コリンズ オーム・プリー シャバーナー・アーズミー
1987年

007/リビング・デイライツ

  • 1987年12月12日(土)公開
  • 出演(Kamram Shah 役)

英国情報員ジェームズ・ボンドの活躍を描くシリーズ第15弾。製作はアルバート・R・ブロッコリとマイケル・G・ウィルソン、監督は「007/美しき獲物たち」のジョン・グレン、原作はイアン・フレミング、脚本はリチャード・メイバウムとマイケル・G・ウィルソン、撮影はアレック・ミルズ、音楽はジョン・バリーが担当。主題歌はA・H・Aが唄っている。出演は四代目ボンドにティモシー・ダルトン、マリアム・ダボ、ジョー・ドン・ベイカーほか。

監督
ジョン・グレン
出演キャスト
ティモシー・ダルトン マリアム・ダボ ジョー・ドン・ベイカー アート・マリク
1985年

インドへの道

  • 1985年8月3日(土)公開
  • 出演(Mahmoud Ali 役)

インドに旅した英国娘を通し、異民族文化同士の出会いと摩擦を描く。製作はジョン・ブラボーンとリチャード・グッドウィン、監督・脚色・編集は「ライアンの娘」以来14年ぶりのデイヴィッド・リーン、原作はE・M・フォースター(筑摩書房刊/この小説に基づくサンサ・ラマ・ルウ脚色の舞台もベースとなっている)、撮影はアーネスト・デイ、音楽はモーリス・ジャールがそれぞれ担当。出演はジュディ・デイヴィス、ヴィクター・バナルジ、ペギー・アシュクロフト、ジェームズ・フォックス、アレック・ギネス、ナイジェル・ヘイヴァースなど。

監督
デイヴィッド・リーン
出演キャスト
ジュディ・デイヴィス ヴィクター・バナルジ ペギー・アシュクロフト ジェームズ・フォックス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アート・マリク