映画-Movie Walker > 人物を探す > ジェフ・チャンドラー

年代別 映画作品( 1951年 ~ 1962年 まで合計16映画作品)

1962年

陽動作戦

  • 1962年2月13日(火)公開
  • 出演(Frank_Merrill 役)

第二次世界大戦末期のビルマ戦線における“陽動作戦”と呼ばれるおとり作戦を描いた作品である。チャールトン・オグバーン・ジュニアの小説をミルトン・スパークリングとサミュエル・フラーが脚色し、同じサミュエル・フラー(「地獄と高潮」)が監督した。撮影はヒジノ・J・ファロリナ。音楽担当はハワード・ジャクソン。出演するのはジェフ・チャンドラー、タイ・ハーディン、ピーター・ブラウンなど。製作に当たったのはミルトン・スパーリング。

監督
サミュエル・フラー
出演キャスト
ジェフ・チャンドラー タイ・ハーディン ピーター・ブラウン ウィル・ハッチンス
1961年

青春の旅情

  • 1961年11月21日(火)公開
  • 出演(Lewis_Jackson 役)

かつて映画化されたグレイス・メタリアス原作のベストセラー小説「青春物語」の続編。同じ原作者の小説をロナルド・アレクサンダーが脚色し、「生き残った2人」のホセ・ファラーが監督した。撮影担当はチャールズ・G・クラーク。音楽はフランツ・ワックスマン。出演するのは「ゆきすぎた遊び」のキャロル・リンレイ、故ジェフ・チャンドラー、エレノア・パーカー、メアリー・アスター、ロバート・スターリングなど。前篇とは異なるキャストが組まれている。

監督
ホセ・フェラー
出演キャスト
キャロル・リンレイ ジェフ・チャンドラー エレノア・パーカー メアリー・アスター
1960年

掠奪者(1960)

  • 1960年12月13日(火)公開
  • 出演(Sam_Christy 役)

ポップ・バーバッシュの脚本を「翼の男」のジョセフ・ペヴニーが監督した西部劇。撮影はジーン・ポリト、音楽をレオナード・ローゼンマンが担当。出演は「許されざる者(1960)」のジョン・サクソン、「野性の息吹き」のジェフ・チャンドラー、ほかにドロレス・ハート、シェイ・フリッピン、レイ・ストリックリンら。

監督
ジョセフ・ペヴニー
出演キャスト
ジェフ・チャンドラー ジョン・サクソン ドロレス・ハート マーシャ・ハント

赤い砂塵

  • 1960年1月15日(金)公開
  • 出演(Lake_Darcy 役)

南北戦争前のカンサス地方を舞台に、西部男の友情と対決を描いたアクション・ドラマ。フランク・フェントンとジョセフ・ペトラッカのオリジナル・ストーリーをメルヴィン・フランクとA・I・ベゼリデスが共同で脚色し、「拳銃の罠」のメルヴィン・フランクが監督した。撮影は「十戒(1957)」のロイヤル・グリグス、音楽を「大いなる西部」のジェローム・モロスが担当。出演は「バスク決死隊」のジェフ・チャンドラー、「決断」のフェス・パーカー、ニコール・モーレイなど。

監督
メルヴィン・フランク
出演キャスト
ジェフ・チャンドラー フェス・パーカー ニコール・モーレイ ヘンリー・シルヴァ
1959年

バスク決死隊

  • 1959年7月14日(火)公開
  • 出演(Lou_Bennett 役)

「私は死にたくない」のスーザン・ヘイワードと「世界を駆ける恋」のジェフ・チャンドラーを主演に、「0番号の家」「必殺の銃弾」のラッセル・ラウス監督が作った西部劇。バスク地方の風俗・習慣がドラマの背景としてとり入れられている。ガイ・トロスパーとジェームズ・ヒルの原作をラウス自身が脚色、撮影はスタンリー・コルテス。音楽をシリル・モックリッジが担当している。他の出演者は「恋の手ほどき(1958)」のジャック・ベルジュラック、ブランシュ・ヤーカ、カール・エスモンド、フォーチュニオ・ボナノヴァ、フレックス・ロッチャー、バートランド・カステリら。製作クラレンス・グリーン。

監督
ラッセル・ラウス
出演キャスト
スーザン・ヘイワード ジェフ・チャンドラー ジャック・ベルジュラック ブランシュ・ヤーカ
1958年

世界を駆ける恋(1958)

  • 1958年6月7日(土)公開
  • 出演(Mike_Dandridge 役)

空軍払下げの飛行機を買主までとどける空輸業者の生態を背景に、荒っぽいパイロットの世界を描いた恋愛ドラマ。エドモンド・H・ノースの原作をダニー・アーノルドが脚色、「縮みゆく人間」のジャック・アーノルドが監督した。撮影監督は「翼に賭ける恋」のアーヴィング・グラスバーグ。空中場面等特殊撮影を同じく「翼に賭ける恋」のクリフォード・スタインが担当した。テーマ音楽作曲はハーマン・スティン、音楽監督はジョセフ・ガーシェンソン、「女ひとり」のジェフ・チャンドラーと「青春物語」のラナ・ターナーが主演。新進女優アンドラ・マーティン「めぐり逢い(1957)」のリチャード・デニング、チャック・コナーズ、アラン・ヘール・ジュニア等が助演する。製作ウィリアム・アランド。

監督
ジャック・アーノルド
出演キャスト
ラナ・ターナー ジェフ・チャンドラー リチャード・デニング アンドラ・マーティン
1957年

女ひとり(1957)

  • 1957年当年公開
  • 出演(Sal_Sarori 役)

1920年代、ブロードウェイの名女優と謳われたジーン・イーグルスの半生記。「情欲の悪魔」のダニエル・フックスの書下しストーリーをともにフックスと「ボワニー分岐点」のソニア・レヴィーン、それにジョン・ファンテが共同脚色、「愛情物語」のジョージ・シドニーが監督した。撮影は「哀愁物語」のロバート・プランク、作曲は「ピクニック」のジョージ・ダニング。主演は、「黄金の腕」のキム・ノヴァク、「白人部隊撃滅」のジェフ・チャンドラー、「底抜け西部へ行く」のアグネス・ムーアヘッド。

監督
ジョージ・シドニー
出演キャスト
キム・ノヴァク ジェフ・チャンドラー アグネス・ムーアヘッド チャールズ・ドレイク

白人部隊撃滅

  • 1957年8月6日(火)公開
  • 出演(Sgt.Emmertt_Bell 役)

ウィル・ヘンリーのベストセラー小説を原作にサム・ロルフが脚色、「ジャングルの決闘」のジョージ・マーシャルが監督した西部劇。撮影監督は「法律なき町」のハロルド・リップステイン音楽監督は「東京特ダネ部隊」のジョセフ・ガーシェンソン。主演は「悪魔に支払え!」のジェフ・チャンドラー、「地獄への待伏せ」のドロシー・マローン、「捜索者」のワード・ボンド、「桃色大王」のシドニー・チャップリン、「攻撃」のリー・マーヴィンなど。

監督
ジョージ・マーシャル
出演キャスト
ジェフ・チャンドラー ドロシー・マローン ワード・ボンド キース・アンデス

悪魔に支払え!

  • 1957年6月28日(金)公開
  • 出演(Ben_Sadler 役)

殺人事件をめぐって一保安官と、町の独裁者と云われる大牧場主の対立を描く現代活劇。ジーン・L・クーンの脚本を「縮みゆく人間」のジャック・アーノルドが監督、「誘拐」のアーサー・E・アーリングが撮影監督をつとめた。音楽監督は「決闘者」のジョセフ・ガーシェンソン。主演は「白鯨」のオーソン・ウェルズ、「全艦発進せよ」のジェフ・チャンドラー、「顔役時代」のコリーン・ミラー。「オクラホマ!」のバーバラ・ローレンス、「西部戦線異状なし」以来のベン・アレクサンダーなどが助演。

監督
ジャック・アーノルド
出演キャスト
ジェフ・チャンドラー オーソン・ウェルズ コリーン・ミラー ベン・アレクサンダー
1956年

全艦発進せよ

  • 1956年8月17日(金)公開
  • 出演(Captain_Jebediah_S.Hawks 役)

第二次大戦の太平洋に於ける上陸作戦を扱ったケネス・ドッドスンのベストセラーを「放射能X」のテッド・シャーデマンが脚色、「六つの橋を渡る男」のジョセフ・ペヴニーが監督した。撮影は「ベニイ・グッドマン物語」のウィリアム・ダニエルス、音楽はフランク・スキナーの作曲。主な出演者は「暴力には暴力」のジェフ・チャンドラー、「六つの橋を渡る男」のジョージ・ネイダー、同じくジュリー・アダムス、「真紅の騎兵隊」のレックス・バーカーなど。

監督
ジョセフ・ペヴニー
出演キャスト
ジェフ・チャンドラー ジョージ・ネイダー ジュリー・アダムス レックス・バーカー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジェフ・チャンドラー