映画-Movie Walker > 人物を探す > ロイヤル・グリグス

年代別 映画作品( 1953年 ~ 1970年 まで合計34映画作品)

1970年

…チック…チック…チック

  • 1970年5月2日公開
  • 撮影

新任の黒人保安官が、1人南部の町の反感と闘う姿を描いた、アクション・サスペンス。製作はラルフ・ネルソンとジェームズ・リー・バレット。監督は「まごころを君に」のラルフ・ネルソン、脚本は「大いなる男たち」のジェームズ・リー・バレット。撮影は「夕陽よ急げ」のロイヤル・グリグス、音楽はキャルビン・ジャクソン、編集はアレックス・ビートンがそれぞれ担当。出演は「暴動」のジム・ブラウン、「暴力脱獄」のジョージ・ケネディ、「アルトナ」のフレドリック・マーチ、新人リン・カーリン、「マンハッタン無宿」のドン・ストラウドド、ジャネット・マクラクラン、リチャード・エルキンズなど。

監督
ラルフ・ネルソン
出演キャスト
ジム・ブラウン ジョージ・ケネディ フレドリック・マーチ リン・カーリン
1968年

魚雷特急

  • 1968年9月7日公開
  • 撮影

サイ・バートレットのストーリーを、エドワード・アンハルトが脚色し、「蜃気楼」などで知られるプロデューサーのハリー・ケラーが製作・監督した戦争スペクタクル。撮影は「野良犬の罠」のロイヤル・グリグス、音楽はウィリアム・ラヴァが担当した。出演は「空から赤いバラ」のアンソニー・フランシオサ、「夜の誘惑」のアンジャネット・カマーとガイ・ストックウェル、「パーマーの危機脱出」のポール・ハブシュミットほか。

監督
ハリー・ケラー
出演キャスト
アンソニー・フランシオーサ アンジャネット・カマー ガイ・ストックウェル ポール・ハブシュミット

野良犬の罠

  • 1968年2月1日公開
  • 撮影

フィリップ・リースマン・ジュニアとエドワード・J・モンターニュのストーリーを、フィリップ・リースマン・ジュニアが脚色、「ブルー・マックス」のジョン・ギラーミンが監督したハードボイルド・タッチのアクション篇、撮影はロイヤル・グリグス、音楽はニール・ヘフティが担当した。なお、主題歌の作曲はパーシー・フェイスである。出演は「トブルク戦線」のジョージ・ペパード、TV「ペリー・メイスン」のレイモンド・バーのほかに2人の新人女優ゲイル・ハニカットとスーザン・セント・ジェームズなど。製作は、ストーリーを書いているエドワード・J・モンテイン。

監督
ジョン・ギラーミン
出演キャスト
ジョージ・ペパード レイモンド・バー ゲイル・ハニカット Brock Pites
1967年

夜の誘惑(1967)

  • 1967年公開
  • 撮影

ハミルトン・モールスのストーリーをジェームズ・リーが脚色、TV界のロン・ウィンストンが監督した作品で、プロ・ゴルファーの世界を描いたもの。撮影はロイヤル・グリグス、音楽は「冷血」のクインシー・ジョーンズが担当した。出演は「動く標的」のロバート・ワグナー、「ラブド・ワン」のアンジャネット・カマー、「トニー・ローム殺しの追跡」ジル・セント・ジョン、「ボー・ジェスト(1966)」のガイ・ストックウェルほか。製作はディック・バーグ。

監督
ロン・ウィンストン
出演キャスト
ロバート・ワグナー アンジャネット・カマー ジル・セント・ジョン ガイ・ストックウェル

夕陽よ急げ

  • 1967年11月18日公開
  • 撮影

K・B・ギルデンの小説を「アラバマ物語」でアカデミー脚本賞をとったホートン・フートと、作家出身のトーマス・C・ライアンが共同脚色し、「危険な道」のオットー・プレミンジャーが製作・監督した。撮影は「七年目の浮気」のミルトン・クラスナーと「危険な道」のロイヤル・グリグス、音楽はヒューゴー・モンテネグロが担当した。出演は「パーマーの危機脱出」のマイケル・ケイン、「獲物の分け前」のジェーン・フォンダ、「アメリカ上陸作戦」のジョン・フィリップ・ロー、「ポギーとベス」の黒人女優ダイアン・キャロル、「エルダー兄弟」のジョージ・ケネディほか。

監督
オットー・プレミンジャー
出演キャスト
マイケル・ケイン Loring Smith Peter Goff ジェーン・フォンダ
1966年

ビッグジム

  • 1966年12月17日公開
  • 撮影

クリント・ウォーカーの原案を、ウォーレン・ダグラスが脚本にし、ジョセフ・ペヴニーが監督したアクション・ドラマで、グリッズリー・ベアという灰色熊が活躍する。撮影はアカデミー賞カメラマン、ロイヤル・グリグスと「パームスプリングの週末」のハロルド・リップステイン、音楽はリース・スティーヴンスが担当。主演は「メリー・ポピンズ」のクリント・ウォーカー、「逃亡地帯」のマーサ・ハイヤー、ほかにキーナン・ウィン、ジャック・エラムなど。製作はテレビ出身のバート・ダン。

監督
ジョセフ・ペヴニー
出演キャスト
クリント・ウォーカー マーサ・ハイヤー キーナン・ウィン Nancy Kulp

いのちの紐

  • 1966年10月8日公開
  • 撮影

ライフ誌に掲載されたシャナ・アレクサンダーの「死の決意」という実話から、TV「ルート66」のスターリング・シリファントが脚色、同じくTV出身のシドニー・ポラックが処女作品として監督した。撮影は「シェーン」のアカデミー賞カメラマン、ロイヤル・グリグス、音楽はクインシー・ジョーンズが担当した。出演は「奇跡の人(1962)」のアン・バンクロフトと、「野のユリ」のシドニー・ポワチエのアカデミー賞コンビに「偉大な生涯の物語」のテリー・サヴァラス、TV出身のスティーヴン・ヒルなど。製作は原作者の夫で新聞記者から芸能界に入り、これが第1回作品のスティーブン・アレクサンダー。

監督
シドニー・ポラック
出演キャスト
シドニー・ポワチエ アン・バンクロフト テリー・サヴァラス スティーヴン・ヒル
1965年

いかすぜ!この恋

  • 1965年公開
  • 撮影

エルウッド・ウルマンとエドワード・バーンズの共同脚本を、「ガール!ガール!ガール!」のノーマン・タウログが監督した西部を舞台にした音楽映画。撮影はロイヤル・グリグス、音楽はウォルター・シャーフが担当した。出演は「フロリダ万才」のエルヴィス・プレスリー、新人ジョスリン・レーンのほかに、ジュリー・アダムス、ジャック・ムラニー、ビル・ウィリアムスなど。製作はベン・シュワルブ。

監督
ノーマン・タウログ
出演キャスト
エルヴィス・プレスリー ジョスリン・レーン ジュリー・アダムス ジャック・ムラニー

偉大な生涯の物語

  • 1965年9月4日公開
  • 撮影

世界の代表的宗教のそれぞれのリーダーの協力を得て、ジェームズ・リー・バレットとジョージ・スティーヴンスが脚本を書き「ジャイアンツ」のジョージ・スティーヴンスが製作・監督したキリスト伝。撮影はウィリアム・C・メラー、ロイヤル・グリグス、音楽はアルフレッド・ニューマンが担当した。出演は「鏡の中にある如く」のマックス・フォン・シドー、「スーザンの恋」のドロシー・マクガイア、「ダンディー少佐」のチャールトン・ヘストン、「アラビアのロレンス」のホセ・フェラーのほか、サル・ミネオ、パット・ブーン、ジョン・ウェインなど多数。

監督
ジョージ・スティーヴンス
出演キャスト
マックス・フォン・シドー ドロシー・マクガイア ロバート・ロギア チャールトン・ヘストン

危険な道

  • 1965年7月24日公開
  • 撮影

ジェームズ・バセットの原作をウェンデル・メイスが脚色、「枢機卿」のオットー・プレミンジャーが製作・監督した戦争ドラマ。撮影は「シェーン」のロイヤル・グリグス、音楽はジェリー・ゴールドスミスが担当した。出演は「サーカスの世界」のジョン・ウェイン、「5月の7日間」のカーク・ダグラス、「西部開拓史」のヘンリー・フォンダ、「ハッド」のパトリシア・ニール、「枢機卿」のトム・トライオン、「マリアンの友だち」のポーラ・プレンティス、ほかにブランドン・デ・ウィルデ、ジル・ハワース、ダナ・アンドリュース、バージェス・メレディスなど。

監督
オットー・プレミンジャー
出演キャスト
ジョン・ウェイン カーク・ダグラス パトリシア・ニール トム・トライオン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ロイヤル・グリグス