TOP > 人物を探す > ジョン・エイモス

年代別 映画作品( 1976年 ~ 2006年 まで合計9映画作品)

2006年

大統領のカウントダウン

  • 2006年3月25日(土)
  • 出演(NATO軍将軍 役)

チェチェン軍に捕らわれた実在の諜報員をモデルに、彼の孤独な戦いを描くロシア発のアクション。ロシア映画史上最高額の製作費を投入した豪快なアクション・シーンが見もの。

監督
エヴゲニー・ラヴレンティエフ
出演キャスト
アレクセイ・マカロフ ルイーズ・ロンバート ヴァチェスラフ・ラズベガーエフ ジョン・エイモス
1992年

リコシェ

  • 1992年1月5日(日)
  • 出演(Reverend_Styles 役)

7年前刑務所に送り込んだ凶悪犯の執拗な復讐に立ち向かう元警官を描いたアクション映画。監督は「ハイランダー」のラッセル・マルケイ、製作は「ダイ・ハード2」のジョエル・シルヴァーとマイケル・レヴィ、エグゼクティヴ・プロデューサーはバリー・ジョセフソン、脚本はスティーヴン・E・デ・スーザ、原案はフレッド・デッカーと「インディ・ジョーンズ 最後の聖戦」のメノ・メイエス、撮影は「プレデター2」のピーター・レヴィ、音楽は「プラスティック・ナイトメア 仮面の情事」のアラン・シルヴェストリが担当。

監督
ラッセル・マルケイ
出演キャスト
デンゼル・ワシントン ジョン・リスゴー アイス・T ケヴィン・ポラック
1990年

ダイ・ハード2

  • 1990年9月21日(金)
  • 出演(Grant 役)

空港乗っ取り犯から自分の妻と、そして乗客の命を超人的な活躍で救う刑事を主人公としたアクション・シリーズの第2弾。エグゼクティヴ・プロデューサーはロイド・レヴィンとマイケル・レヴィ、製作はローレンス・ゴードン、ジョエル・シルヴァー、チャールズ・ゴードンの共同、監督は「エルム街の悪夢4 ザ・ドリームマスター 最後の反撃」のレニー・ハーリン、脚本はウォルター・ウェイジャーの原作“58 Minuite”を基にダグ・リチャードソンと前作も脚本を担当したスティーヴン・E・デ・スーザの共同、撮影はオリバー・ウッド、音楽はマイケル・ケイメンが担当。出演はブルース・ウィルス、ウィリアム・サドラーほか。日本版字幕は岡枝慎二、カラー、シネスコサイズ。ドルビーステレオ。1990年作品。

監督
レニー・ハーリン
出演キャスト
ブルース・ウィリス ボニー・ベデリア ウィリアム・サドラー ダルトン・トンプソン
1989年

ロックアップ(1989)

  • 1989年12月2日(土)
  • 出演(Meissner 役)

冷酷な刑務所長に立ち向かうある囚人の戦いを描く。エグゼクティヴ・プロデューサーはマイケル・クニュー、製作はローレンス・ゴードンとチャールズ・ゴードン、監督は「摩天楼ブルース」のジョン・フリン、脚本はリチャード・スミスとジェブ・スチュワート、ヘンリー・ローゼンバウムの共同、撮影はドナルド・ソーリン、音楽はビル・コンティが担当。出演はシルヴェスター・スタローン、ドナルド・サザーランドほか。

監督
ジョン・フリン
出演キャスト
シルヴェスター・スタローン ドナルド・サザーランド ジョン・エイモス ソニー・ランダム
1988年

星の王子ニューヨークへ行く

  • 1988年12月17日(土)
  • 出演(Cleo_McDowell 役)

理想の花嫁を求めてニューヨークへやってきたアフリカのとある王国のプリンスの巻き起こす一大騒動を描くコメディ映画。エグゼクティヴ・プロデューサーはレスリー・ベルツバーグとマーク・リプスキー、製作はロバート・D・ワックスとジョージ・フォルシー・ジュニア、監督は「サボテン・ブラザース」のジョン・ランディス、原案・主演はエディ・マーフィ、脚本はデイヴィッド・シェフィールドとバリー・W・ブラウステイン、撮影はウディ・オーメンズ、音楽はナイル・ロジャースが担当。共演はアーセニオ・ホールほか。日本版字幕は戸田奈津子、監修は景山民夫。カラー、ビスタサイズ。1988年作品。

監督
ジョン・ランディス
出演キャスト
エディ・マーフィ アセニオ・ホール ジェームズ・アール・ジョーンズ マッジ・シンクレア
1983年

ミラクルマスター 七つの大冒険

  • 1983年10月15日(土)
  • 出演(Seth 役)

動物を意のままに操つることのできる主人公が、悪逆非道な司祭を倒すまでの剣と魔法の物語。ポール・ペパーマンとシルヴィオ・タベットが製作。エグゼクティヴ・プロデューサーはネイダー・アルッシとシルヴィオ・タベット。監督は「ファンタズム」(78)のドン・コスカレリ。脚本をドン・コスカレリとポール・ペパーマンが書いている。撮影はジョン・オルコット、音楽はリー・ホールドリッジが担当。出演はマーク・シンガー、リップ・トーン、タニヤ・ロバーツ、ジョン・エイモスなど。アメリカではThe Beastmasterの題で、MGM/UAが配給。ドルビー・ステレオ。日本版字幕は進藤光太。CFIカラー、ビスタサイズ。1982年作品。

監督
ドン・コスカレリ
出演キャスト
マーク・シンガー タニア・ロバーツ リップ・トーン ジョン・エイモス
1981年

ラスト・レター(1980)

  • 1981年8月8日(土)
  • 出演(Tony 役)

エルビス・プレスリーの熱烈なファンである1人の不治の病の少女と彼女に献身的に尽くす看護婦の心の触れ合いを描く。製作はマイケル・バイナー、監督は『新・悪魔の棲む家』のガス・トリコニス、リナ・カナダの体験を綴った原作「エルビスに愛をこめて」を基にリチャード・H・クラインが脚色、音楽はジョン・バリーが各々担当。出演はテボラ・ラフィン、ダイアン・レイン、マイケル・ラーンド、ジョン・エイモス、クリスティナ・レインズなど。

監督
ガス・トリコニス
出演キャスト
デボラ・ラフィン ダイアン・レイン マイケル・ラーンド ジョン・エイモス
1976年

シドニー・ポワチエ 一発大逆転

  • 1976年10月16日(土)
  • 出演(Kansas_City_Mack 役)

自分たちのロッジ新築の資金集めのために活躍する、2人の愉快なコンビを主人公にしたアクション喜劇。製作はメルビル・タッカー、監督・主演はシドニー・ポワチエ、脚本はリチャード・ウェスリー、原作はティモシー・マーチ、撮影はドナルド・M・モーガン、音楽はカーティス・メイフィールド、編集はペンブローク・J・ヘリングがそれぞれ担当。出演はポワチエの他に、ビル・コスビー、オシー・デービス、カルヴィン・ロックハート、ジョン・エイモス、デニス・ニコラス、リー・チェンバリン、メル・スチュアート、ジュリアス・ハリスなど。

監督
シドニー・ポワチエ
出演キャスト
シドニー・ポワチエ ビル・コスビー カルヴィン・ロックハート ジョン・エイモス

史上最大のスーパー・チャンピオン

  • 1976年3月27日(土)
  • 出演(Sam_Archer 役)

ジャングルからスカウトされて都会に出てきた、ターザンそっくりの若者の活躍を描く。製作はビル・ウォルシュ、監督はロバート・シアラー、脚本はディー・カルソーとジェラルド・ガードナーの共同、撮影はフランク・フィリップス、音楽はマービン・ハムリッシュが各々担当。出演はジャン・マイケル・ビンセント、ジョン・エイモス、ティム・コンウェイ、デイル・ハドンなど。

監督
ロバート・シアラー
出演キャスト
ジャン・マイケル・ヴィンセント ジョン・エイモス ティム・コンウェイ デイル・ハドン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/14更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ジョン・エイモス