映画-Movie Walker > 人物を探す > ウィリアム・ダニエルズ

年代別 映画作品( 1967年 ~ 2007年 まで合計7映画作品)

2007年

俺たちフィギュアスケーター

  • 2007年12月22日(土)公開
  • 出演(Commissioner Ebbers 役)

「主人公は僕だった」のウィル・フェレル主演の全米大ヒット・コメディ。日本でも人気のフィギュアスケートを題材に、男同士のペアがド派手な衣装と大胆演技で爆笑を誘う。

監督
ウィル・スペック ジョシュ・ゴードン
出演キャスト
ウィル・フェレル ジョン・ヘダー ウィル・アーネット エイミー・ポーラー
1987年

ブラインド・デート(1987)

  • 1987年10月10日(土)公開
  • 出演(Judge_Harold_Bedford 役)

酒乱の女とデートしたばかりに天国から地獄へ突き落とされたサラリーマンを描いたコメディ。エグゼクティヴ・プロデューサーはゲイリー・へンドラーとジョナサン・D・クレイン、製作はトニー・アダムス、脚本はデール・ローナー、監督は「ビクター/ビクトリア」のブレイク・エドワーズ、撮影はハリー・ストラドリング、音楽はヘンリー・マンシーニが担当。出演はキム・ベイシンガー、ブルース・ウィリス、ジョン・ラロケット、ウィリアム・ダニエルスほか。

監督
ブレイク・エドワーズ
出演キャスト
キム・ベイシンガー ブルース・ウィリス ジョン・ラロケット ウィリアム・ダニエルズ
1980年

青い珊瑚礁(1980)

  • 1980年8月14日(木)公開
  • 出演(Arthur_Lestrange 役)

南太平洋の大自然を舞台に、ある孤島に流された男の子と女の子がやがて成長し大人になっていく過程を描く。製作・監督は「グリース」のランダル・クレイザー、共同製作はリチャード・フランクリン。ヘンリー・ドゥビア・スタグプールの原作を基にダグラス・デイ・スチュアートが脚色。撮影はネストール・アルメンドロス、音楽はバジル・ポールドゥリス、編集はロバート・ゴードンが各々担当。出演はブルック・シールズ、クリストファー・アトキンズ、レオ・マッカーン、ウィリアム・ダニエルス、エルバ・ジョゼフスン、グレン・コーハンなど。

監督
ランダル・クレイザー
出演キャスト
ブルック・シールズ クリストファー・アトキンズ レオ・マッカーン ウィリアム・ダニエルズ
1978年

オー!ゴッド

  • 1978年6月3日(土)公開
  • 出演(George_Summers 役)

20世紀のロサンゼルスに神様が現われるという奇想天外なコメディ。製作は「ナッシュビル」のジェリー・ワイントローブ、監督はTV界出身のカール・ライナー。アベリー・コーマンの原作をラリー・ゲルバートが脚色、撮影は「狼たちの午後」のヴィクター・J・ケンパー、編集はバッド・モーリン、美術はジャック・センター、音楽はジャック・エリオットが各々担当。出演は「サンシャイン・ボーイズ」のジョージ・バーンズ、ジョン・デンバー、テリー・ガー、ドナルド・プレザンス、ポール・ソルビノなど。

監督
カール・ライナー
出演キャスト
ジョージ・バーンズ ジョン・デンバー テリー・ガー ドナルド・プレゼンス
1975年

パララックス・ビュー

  • 1975年6月14日(土)公開
  • 出演(Austin 役)

進歩派のアメリカ大統領候補の奇怪な暗殺の謎を追う新聞記者の行動を通して現代アメリカの病根をえぐる。製作総指揮はガブリエル・カッカ、製作・監督は「コールガール」のアラン・J・パクラ、脚本はデイヴィッド・ガイラーとロレンゾ・センプル・ジュニア、原作はローレン・シンガー、撮影はゴードン・ウィリス、音楽はマイケル・スモールが各々担当、出演はウォーレン・ベイティ、ポーラ・プレンティス、ウィリアム・ダニエルス、ウォルター・マギン、ヒューム・クローニンなど。

監督
アラン・J・パクラ
出演キャスト
ウォーレン・ベイティ ポーラ・プレンティス ウィリアム・ダニエルズ ウォルター・マギン
1968年

卒業

チャールズ・ウェッブの原作を、カルダー・ウィリンガムとバック・ヘンリーが脚色、「バージニア・ウルフなんかこわくない」のマイク・ニコルズが監督した悲喜劇。この作品で、マイク・ニコルズは、67年アカデミー監督賞を獲得している。撮影はロバート・サーティース、主題曲をポール・サイモン、そのほかの音楽を、デーヴ・グルーシンが、担当している。出演は、「奇跡の人(1962)」のアン・バンクロフト、ブロードウェイ出身のダスティン・ホフマン、TV出身で「シェナンドー河」など、2、3の作品に出演しているキャサリン・ロス、他にウィリアム・ダニエルス、マーレイ・ハミルトンなど。2019年6月7日より4Kデジタル修復版が公開(配給:KADOKAWA)。

監督
マイク・ニコルズ
出演キャスト
アン・バンクロフト ダスティン・ホフマン キャサリン・ロス ウィリアム・ダニエルズ
1967年

いつも2人で

  • 1967年7月15日(土)公開
  • 出演(Howard_Maxwell_Manchester 役)

フレデリック・ラファエルの小説「愛情の限界」を彼自身が脚色、「シャレード」のスタンリー・ドーネンが製作・監督した。撮影は「シャレード」のクリストファー・チャリス、音楽は「アラベスク」のヘンリー・マンシーニが担当。出演は「おしゃれ泥棒」のオードリー・ヘップバーン、「トム・ジョーンズの華麗な冒険」のアルバート・フィニー、「九月になれば」のウィリアム・ダニエルス、「皆殺しのシンフォニー」のクロード・ドーファンほか。

監督
スタンリー・ドーネン
出演キャスト
オードリー・ヘップバーン アルバート・フィニー ウィリアム・ダニエルズ エリナー・ブロン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ウィリアム・ダニエルズ