TOP > 映画監督・俳優を探す > ジョージ・バッカス

年代別 映画作品( 1920年 ~ 1924年 まで合計5映画作品)

1924年

自由の旗風(1924)

  • 1924年
  • 出演(General_Warren 役)

ウィリアム・C・デミル氏作のベラスコ当り狂言を映画化したもので、「船に打ち乗り海原さして」等と同じくエルマー・クルフトン氏が監督したものである。主役はパート・ライテル氏の弟ウィルフレッド・ライテル氏と故マーサ・マンスフィールド嬢で、J・バーニー・シェリー氏ウィルバー・フォックス氏、ジョージ・バッカス氏ローズメリー・ヒル嬢等が助演する。

監督
エルマー・クリフトン
出演キャスト
ジョージ・バッカス Dorothy Kingdon ローズメリー・ヒル マーサ・マンスフィールド

女性解放

  • 1924年
  • 出演(Colonel_Everard 役)

エセル・M・デル女史の原作によりジェラルド・C・ダフィー氏が脚色し「青春を顧みて」等と同じくポール・スカードン氏が監督したもので主役は「単騎突進」「女房改造」等出演のヘレン・チャドウィック嬢で「ネロ」「牧人王ダビデ」等出演のヴァイオレット・マーセロ嬢「十字架の女」等出演のホームズ・ハーバト氏等助演。

監督
ポール・スカードン
出演キャスト
ヘレン・チャドウィック ホームズ・ハーバート アラン・シンプソン ジョージ・バッカス
1923年

刺激を追う女

  • 1923年
  • 出演(Minister 役)

マーティン・ブラウン原作の舞喜劇からジョン・コルトンとソニア・レヴィーンが脚色し、モーリス・キャンベルが監督したもので、主役は「世界の喝采」「嵐に散る花」等主演のビービー・ダニエルスと、「渓谷の乙女」等主演のアントニオ・モレノである。

監督
モーリス・キヤンベル
出演キャスト
ビービー・ダニエルス アントニオ・モレノ バー・マッキントッシュ ダイアン・アレン
1921年

夢と現実

  • 1921年
  • 出演(Samuel_Poore 役)

「女の武器」「恐怖の家」等同様エセル・クレイトン嬢主演のパ社映画で、「幽霊の叫声」等と同じくヒュー・フォード氏が監督した。ウィニフレッド・ボッグス女史の原作をイヴ・アンセル女史が脚色したもの。相手役はロックリフ・フェローズ氏、其他最近ユ社映画「拳闘王」に出演して名声を得たレジナルド・デニー氏も一寸出演している。

監督
ヒュー・フォード
出演キャスト
エセル・クレイトン ロックリフ・フェローズ モード・ターナー・ゴードン レジナルド・デニー
1920年

内証の接吻

  • 1920年
  • 出演(Major_Frenton 役)

ルシル・ヴァン・スライク女史作のLittle Miss By-the-Dayをキャスリン・スチュアート女史が脚色し、ケネス・ウェッブ氏が監督した人情劇で、「愛の試練」出演のコンスタンス・ビニー嬢がリアルアート社に入ってから第2回目の作品である。ビニー嬢は母と娘の2役を演じている。そして嬢お得意のダンスが見られるという。「筋にも演技にもこれといっての山場はないが、甘い可愛い映画である」とニュース誌は評している。

監督
ケネス・ウェッブ
出演キャスト
コンスタンス・ビニー Robert La Roque ジョージ・バッカス Bradley Barker
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/27更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ジョージ・バッカス

ムービーウォーカー 上へ戻る