TOP > 人物を探す > アレクサンダー・グラナッハ

年代別 映画作品( 1921年 ~ 1987年 まで合計7映画作品)

1952年

誰が為に鐘は鳴る(1943)

  • 1952年10月1日(水)
  • 出演(Paco 役)

アーネスト・ヘミングウェイ(「破局」)の同名の長篇小説を色彩映画化した1943年作品。B・G・デシルヴァが製作指揮し、「アパッチ族の最後」のサム・ウッドが製作、監督に当たった。脚色は「駅馬車(1939)」のダドリー・ニコルズ、撮影は「ネブラスカ魂」のレイ・レナハン、音楽は「旅愁」のヴィクター・ヤングの担当である。主演派「ダラス」のゲイリー・クーパーと「白い恐怖」のイングリッド・バーグマンで、以下エイキム・タミロフ、「情炎の海」のアルチュロ・デ・コルドヴァ、「ヴァレンチノ」のジョセフ・カレイア、「渡洋爆撃隊」のウラジミル・ソコロフ、本作品でアカデミー助演賞を得たカティナ・パクシヌーらが助演する。

監督
サム・ウッド
出演キャスト
ゲイリー・クーパー イングリッド・バーグマン エイキム・タミロフ アルトゥーロ・デ・コルドヴァ
1987年

死刑執行人もまた死す

第2次大戦中のプラハを舞台に、ナチスに追われるレジスタンスの恐怖を描く。監督は「メトロポリス」のフリッツ・ラング、エグゼクティヴ・プロデューサーはアーノルド・プレスバーガー、原案・脚本はベルトルト・ブレヒトとラングの共同で、脚本のみでジョン・ウェクスリーが参加している。撮影はジェームズ・ウォン・ホウ、音楽はハンス・アイスラーが担当。出演はブライアン・ドンレヴィ、ウォルター・ブレナンほか。オリジナル版は120分。

監督
フリッツ・ラング
出演キャスト
ブライアン・ドンレヴィ ウォルター・ブレナン アンナ・リー ジーン・ロックハート
1949年

ニノチカ

  • 1949年11月
  • 出演(Kopalski 役)

「奥様は顔が二つ」に先じて作られた、同じくグレタ・ガルボとメリヴィン・ダクラスが主演する映画で、「天使」「桃色の店」の故エルンスト・ルビッチが監督した1939年作品。ストーリーはメルシオール・レンギールが書き、「失われた週末」「青髭8人目の妻」の脚色チーム、チャールズ・ブラケット、ビリー・ワイルダーが更に「未完成交響楽」のウォルター・ライシュと協力して脚本を執筆した。撮影は「裸の町」のウィリアム・ダニエルスである。助演者は舞台女優アイナ・クレアを始め、「フランケンシュタインの幽霊」のベラ・ルゴシ、「マルクス捕物帳 カサブランカの一夜」のシグ・ルーマン、「恋のブラジル」のフェリックス・ブレッサートその他。なお音楽は「桃色の店」「青髭8人目の妻」のウェルナー・リヒアルト・ハイマンが作曲した。

監督
エルンスト・ルビッチ
出演キャスト
グレタ・ガルボ メルヴィン・ダグラス アイナ・クレア ベラ・ルゴシ
1931年

モナ・リザの失踪

  • 1931年
  • 出演(The Orator 役)

オペレット映画「ワルツ・タイムの二つの心」を作って名声を斯界に走らせたゲザ・フォン・ボルヴァリーが監督した映画で、「旅愁」のトルーデ・フォン・モローが主演するもの。助演者はオペレット映画にはお馴染みのヴィリ・フォルストを始めとし、有名な舞台監督であり且つ俳優でもあるグスタフ・グリュントゲンス、舞台出のアレクサンダー・グラナッハ、アントン・ポイントナー、フリッツ・オデマー、マックス・ギュルストルフ等である。シナリオを執筆したのはワルター・ライシュで、古参のキャメラマンたるウィリー・ゴールドベルガーが撮影を担任し、そして作曲には「ワルツ・タイムの二つの心」の作曲者ロベルト・シュトルツが再び力を致している。又、舞台装置は「罪と罰(1923)」「三文オペラ」と同じくアンドレ・アンドレイエフの手になったものである。

監督
ゲザ・フォン・ボルヴァリー
出演キャスト
ヴィリ・フォルスト トルーデ・フォン・モロー グスタフ・グリュントゲンス フリッツ・オデマー

炭坑(1931)

  • 1931年
  • 出演

「三文オペラ(1931)」「西部戦線一九一八年」のG・W・パブストがメガフォンを執った映画。カール・オッテンの原案に従いカール・オッテン自身がラディスラウス・ヴァホダ、ランペル二人の協力を得てシナリオに組み立てたのもで、出演者はアレクサンダー・グラナッハ、フリッツ・カンパース、エルンスト・ブッシュ、エリザベート・ウェント、ダニエル・マンダイユ、ジョルジュ・シャルリア、アンドレ・デュクレ、アレックス・ベルナール等である。

監督
ゲオルク・ヴィルヘルム・パプスト
出演キャスト
アレクサンダー・グラナッハ フリッツ・カンパース エルンスト・ブッシュ エリザベート・ウェント
1923年

戦く影

  • 1923年
  • 出演(Der Gaukler 役)

欧州で最初に製作された無字幕映画で、1923年10月に発売された。原作者のアルビン・グラウ氏は美術家であるがためか、全巻絵画的な美に優れている。監督はアルトゥール・ロビソン氏。主役は「カラマーゾフ兄弟」「コーカサスの春」等出演のフリッツ・コルトナー氏、新進のルート・ワイヤー嬢、アレクサンダー・グラナッハ氏等である。表現派映画の代表作の一つ。無声。

監督
アルトゥール・ロビソン
出演キャスト
フリッツ・コルトナー ルート・ワイヤー グスタフ・フォン・ヴァンゲンハイム アレクサンダー・グラナッハ
1921年

続大探偵

  • 1921年
  • 出演(The Great Chief 役)

続大探偵とはいうものの前作と関係ある事件ではない。ライヘル氏が二役を勤めている。無声。

監督
マックス・オバル
出演キャスト
Martha M. Newes Walter Dysing アレクサンダー・グラナッハ Karl Sick
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/8更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > アレクサンダー・グラナッハ

ムービーウォーカー 上へ戻る