TOP > 人物を探す > レイモンド・キャノン

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1935年 まで合計13映画作品)

1935年

天空快走王

  • 1935年
  • 脚色

「空中怪盗団」「空中幽霊」と同じくレイ・テイラーが監督に当たった連続映画でクラーク・ウィリアムスが「大自然の呼声」のノア・ビアリー・ジュニア及びジーン・ロジャースを相手に主演する。ハル・フォーレスト作の漫画を素材として、「流星二挺拳銃」のジョージ・プリンプトン、エラ・オニール及びベイジル・ディッキーがレイモンド・キャノン及びロバート・ハーション協力脚色した。助演者は「百雷猛獣島」のブライアント・ウォッシュバーン、デルフィン・ドルウ、ハーバート・ヘイウッド、マシュー・ベッツ等である。

監督
レイ・テイラー
出演キャスト
クラーク・ウィリアムス ノア・ビアリー・ジュニア ジーン・ロジャース デルフィン・ドルウ
1929年

歓楽の巷

  • 1929年
  • 監督、原作

「踊るカレッジ」「モダン出世鏡」のロイス・モーラン嬢が主演する映画で、「浮気発散」「赤い酒」のレイモンド・キャノン氏が原作監督したもの。脚色はチャールズ・R・コンドン氏とフランク・フェイ氏とが共同担任し、キャメラは「炭坑」「明日の結婚」のアーネスト・ミラー氏が担任した。助演者は「浮気発散」「ヨーロッパ突進」のニック・スチュアート氏、「ニュース前進曲」「青春謳歌」のサリー・フィップス嬢、「巴里見るべし」のレックス・ベル氏、「砂漠の生霊」のマリア・アルバ嬢、ホセ・クレスポ氏、アダ・ウィリアムス嬢等である。

監督
レイモンド・キャノン
出演キャスト
ロイス・モラン ニック・スチュアート レックス・ベル ホセ・クレスポ

浮気発散

  • 1929年
  • 監督

ラッセル・メドクラフト氏、ノーマ・ミッチェル女史原作の喜歌劇を映画化したもので、数年前「新旧恋の三段返し」という邦文題名で公開された映画と同じストーリーだがこれは発声映画として再び新しく撮影されたもの、ロバート・S・カー氏の脚色により「近代恋愛ごっこ」「赤い酒」のレイモンド・キャノン氏が監督し、ウォルター・カトレット氏が会話をつけた。キャメラは「赤い酒」「空中サーカス」のダニエル・B・クラーク氏の担任で「フォックス・ムーヴィントン・フォリイス」のコン・コンラッド氏、シドニー・D・ミッチェル氏、アーチー・ゴッドラーの3人が歌詞と歌曲をうけもっている。主演者は「ヨーロッパ突進」と同じく、ほかに「ムービートーン・フォーリス」のディキシー・リー嬢、ジーン・ベーリー嬢、リチャード・キーン氏、デイヴィッド・ローリンス氏、ウォルター・カルカット氏、ジェッド・プラウティー氏、イルカ・チェイス嬢、ドット・ファーレイ嬢等が助演している。

監督
レイモンド・キャノン
出演キャスト
スー・キャロル ディキシー・リー ジーン・ベーリー ニック・スチュアート
1928年

魔の家(1928)

  • 1928年
  • 脚色

「脚光の影」「姿は偽らず」「恋してぞ知る」と同じくエスター・ラルストン嬢主演映画で、フランク・タトル氏が執筆した物語をフローレンス・ライアソン女史が改作し女史自らレイモンド・キャノン氏と共同して脚色し、「脚光の影」「恋してぞ知る」をものにしたフランク・タトル氏が監督した。「モダン十戒」「脚光の影」でラスルトン嬢の相手役を務めた。ニール・ハミルトン氏を始め、上山草人氏、ローレンス・グラント氏、ヴェラ・ルイス嬢、ノーブル・ジョンソン氏、ロスコー・カーンス氏等が助演している。

監督
フランク・タトル
出演キャスト
エスター・ロールストン ニール・ハミルトン ローレンス・グラント ヴェラ・ルイス

紅い酒

  • 1928年
  • 原作、監督

かつては俳優たりシナリオ・ライターたりしたレイモンド・キャノン氏の自作自監督の作品である。脚色はアンドリュー・ベニソン氏とチャールズ・コンドン氏との手になった。「四人の息子(1928)」「無頼漢(1928)」のジューン・コリアー嬢と「ブリキ帽」「ミシガン小僧」のコンラッド・ネーゲル氏との共演する映画で、この2人を助けて「親爺若返る」のアーサー・ストーン氏を始めとし、シャロン・リン嬢、エー・アリン・ウォーレン氏、等の人々が出演している。

監督
レイモンド・キャノン
出演キャスト
ジューン・コリアー コンラッド・ネーゲル アーサー・ストーン シャロン・リン
1927年

驀進デニー

  • 1927年
  • 脚本

「与太者三幅対」「愉快な嘘つき」に続くレジナルド・デニー氏主演喜劇で、デニー氏自ら原作を書き、レイモンド・キャノン氏が脚色し「混線脱線スターは誰だ」「マラソン結婚」等と同じくメルヴィル・ブラウン氏が監督したものである。デニー氏対手役は「高原王」に出演したユニヴァーサル社のベビー・スターの1人バーバラ・ウォース嬢が勤め、「予太者三幅対」「相縁奇縁」等出演のリー・モーラン氏を始め、クロード・ギリングウォーター氏、チャールズ・K・フレンチ氏、アーマンド・カリス氏及びキングスレー・ベネディクト氏が助演している。

監督
メルヴィル・ブラウン
出演キャスト
レジナルド・デニー バーバラ・ウォース クロード・ギリングウォーター アーマンド・カリス

おい待てタクシー!

  • 1927年
  • 脚本

ジョージ・ウェストン氏の原作をレイモンド・キャノン氏が脚色し「混線脱線スターは誰だ」と同じくメルヴィル・ブラウン氏が監督したもので、主役は「天下の大評判」「鵜の目鷹の目」等主演のエドワード・エヴァレット・ホートン氏が勤め、対手役は「泰山鳴動鼠一匹」「南北珍勇腕比べ」等出演のマリアン・ニクソンが演じ、ウィリアム・V・モング氏ルシアン・リトルフィールド氏、バー・マッキントッシュ氏等も出演している。

監督
メルヴィル・ブラウン
出演キャスト
エドワード・エヴァレット・ホートン マリアン・ニクソン バー・マッキントッシュ ウィリアム・V・モング
1924年

花聟試験

  • 1924年
  • 脚色

ダグラス・マックリーン氏の独立第二回作品で、原作は今から20年程前に流行したヘンリー・ブロッサム氏とアルフレッド・ロービン氏合作の喜歌劇に基づき、レイモンド・キャノン氏が脚色し、それを「冒険タルマッジ」「名馬の鉄蹄」等と同じくジェームズ・W・ホーン氏が監督したもの。マックリーン氏の対手は、「夜の馬鹿」「我が恋せし乙女」等出演のバッシー・ルス・ミラー嬢である。

監督
ジェームズ・W・ホーン
出演キャスト
ダグラス・マックリーン パッシー・ルス・ミラー アーサー・スチュアート・フル スタンホープ・ホイートクロフト
1923年

女優メリー

  • 1923年
  • 出演(Oswald_Tate 役)

各社で俳優生活の映画を作るのが流行した際コラムビア社が製作したもので、スクリーン・スナップショットの製作者ルイズ・ルインとジャック・コーンとが協力して原作を書き製作を指揮し、「悪魔と処女」等と同じくジョン・マクダーモットが監督した。主役は無名の女優マリオン・マックで、クレイトン・ヘール、フランシス・マクドナルド、ジャック・ペリン、監督マクダーモット、等が共演する。その他例によって数十名のスターや監督が顔を見せる。ファンにとってことに面白い作品である。

監督
ジョン・マクダーモット
出演キャスト
マリオン・マック Harry Cornelli John Geough レイモンド・キャノン
1922年

無我夢中

  • 1922年
  • 出演(Lon_Kimball 役)

カレン・ランディシ氏と新進パッシー・ルス・ミラー嬢との共演ゴールドウィン映画でチャールス・レイ氏映画等の原作を多数書いたジュリエン・ジョセフソン氏の原作脚色である。監督はウィリアム・ボーディン氏。

監督
ウィリアム・ボーディン
出演キャスト
カレン・ランディス パッシー・ルス・ミラー バート・ウッドラフ ジョージ・ピアース
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/8更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > レイモンド・キャノン