映画-Movie Walker > 人物を探す > 長谷川博己

年代別 映画作品( 2011年 ~ 2019年 まで合計17映画作品)

2019年

サムライマラソン

1855年に安中藩主の提案で行われた“日本初のマラソン大会”安政遠足をモチーフにした歴史ドラマ。優勝者の願いを叶えるという遠足に参加した藩士たちが、幕府の刺客の襲撃に遭い、仲間や家族を守るため、急いで藩へ戻ろうとする。佐藤健が幕府の隠密でありながら、藩を守ろうとする男を、藩主の娘を小松菜奈が演じるなど、若手実力派が多数出演する。

監督
バーナード・ローズ
出演キャスト
佐藤健 小松菜奈 森山未來 染谷将太

半世界

中年男3人の友情を描き、第31回東京国際映画祭コンペティション部門観客賞に輝いた、阪本順治監督による人間ドラマ。地方都市で備長炭を製炭し生活している男が、旧友と酒を酌み交わしていくうちに、それぞれが抱える問題が明らかになっていく。稲垣吾郎が炭焼き職人の主人公を等身大で演じ、新境地を見せる。

監督
阪本順治
出演キャスト
稲垣吾郎 長谷川博己 池脇千鶴 渋川清彦
2018年

アジア三面鏡2018:Journey

  • 2018年11月9日(金)公開
  • 出演

日本を含むアジアの気鋭監督3人が、ひとつのテーマでオムニバス映画を共同製作するプロジェクト「アジア三面鏡」の第2弾。今回のテーマは“旅”。ヤンゴン市内の鉄道整備事業に携わる日本人商社マンがミャンマーの街で目にしたものとは……(「碧朱」)。「碧朱(へきしゅ)」「海」「第三の変数」から成るオムニバス映画。日本の松永大司、インドネシアのエドウィン、中国のデグナーが、それぞれ瑞々しい感性を発揮している。「碧朱」の主演を「シン・ゴジラ」の長谷川博己が務めている。

監督
デグナー 松永大司 エドウィン
出演キャスト
チェン・ジン ゴン・チェ 長谷川博己 ナンダーミャットアン
2017年

散歩する侵略者

  • 2017年9月9日(土)公開
  • 出演(ジャーナリスト・桜井 役)

黒沢清監督が、劇団イキウメの人気舞台を映画化したミステリアスなドラマ。とある町を襲った異変によって、“侵略者”に乗っ取られ、まったくの別人になってしまった夫に困惑する女性や、事件の真相を追うジャーナリストらの姿が描かれる。ヒロインの鳴海を長澤まさみ、その夫を松田龍平、ジャーナリストの桜井を長谷川博己が演じる。

監督
黒沢清
出演キャスト
長澤まさみ 松田龍平 高杉真宙 恒松祐里
2016年

シン・ゴジラ

日本の怪獣映画史に名を残す“ゴジラ”が、「新世紀エヴァンゲリオン」の庵野秀明が総監督、『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』の樋口真嗣が監督を務め、シリーズ初のフルCGで復活。巨大怪獣の出現で未曽有の危機にさらされた人々の物語が描かれる。長谷川博己、竹野内豊、石原さとみをはじめ、総勢328名のキャストが出演。

監督
樋口真嗣
出演キャスト
長谷川博己 竹野内豊 石原さとみ 市川実日子

二重生活

  • 2016年6月25日(土)公開
  • 出演(石坂史郎 役)

小池真理子の小説を、文化庁・芸術祭大賞に輝いたドラマ「ラジオ」などを手がけた映像作家の岸善幸が大胆に脚色し映画化したサスペンス。大学院の修士論文のため、見知らぬ男の尾行を始めた女子学生が、男の知られざる姿を知り、尾行にはまっていく姿を描く。門脇麦がヒロイン役を、その対象となる男を長谷川博己が演じる。

監督
岸善幸
出演キャスト
門脇麦 長谷川博己 菅田将暉 リリー・フランキー

セーラー服と機関銃 -卒業-

  • 2016年3月5日(土)公開
  • 出演(月永 役)

81年に薬師丸ひろ子主演で映画化され、社会現象となった赤川次郎原作「セーラー服と機関銃」の続編を、アイドルグループ、Rev. from DVLの橋本環奈をヒロインに迎えて映画化。普通の高校生としての生活を願いながらも、ヤクザの組長である自身の立場に悩み、成長していくヒロインの姿を描く。『夫婦フーフー日記』の前田弘二が監督を務める。

監督
前田弘二
出演キャスト
橋本環奈 長谷川博己 安藤政信 大野拓朗
2015年

劇場版MOZU

  • 2015年11月7日(土)公開
  • 出演(東和夫 役)

逢坂剛による人気警察小説「百舌シリーズ」を西島秀俊ら実力派俳優陣を迎えて映像化したテレビドラマ「MOZU」。その完結編となる初の劇場版。戦後日本の犯罪史に関わってきたと言われるシリーズ最大の謎の敵“ダルマ”と、公安警察官の倉木との最後の戦いが描かれる。ビートたけしがダルマ役を怪演する。

監督
羽住英一郎
出演キャスト
西島秀俊 香川照之 真木よう子 池松壮亮

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド

  • 2015年9月19日(土)公開
  • 出演(シキシマ 役)

巨人が人間を食べるという衝撃的なテーマが話題を呼び、第35回講談社漫画賞少年部門に輝き、アニメ化もされた諫山創の人気コミック「進撃の巨人」。その実写映画版2部作の後編。居住区の周りに巨大な壁を築き、つかの間の平和を手に入れた人々の前に、突如、壁を超える大きさの巨人が出現したことから、人々に訪れる変化を描く。

監督
樋口真嗣
出演キャスト
三浦春馬 長谷川博己 水原希子 本郷奏多

この国の空

  • 2015年8月8日(土)公開
  • 出演(市毛 役)

谷崎潤一郎賞に輝いた高井有一の同名小説を長谷川博己&二階堂ふみ主演で映画化したヒューマンドラマ。第二次世界大戦終戦間近の東京を舞台に、19歳の少女と妻子を疎開させた中年男性との禁断の関係を描き出す。脚本家として数々の名作を送り出してきた荒木晴彦の『身も心も』以来18年ぶりの監督第2作となる。

監督
荒井晴彦
出演キャスト
二階堂ふみ 長谷川博己 工藤夕貴 富田靖子

関連ニュース

長谷川博己&石原さとみ、『シン・ゴジラ』の新しさは“リアリティ”と“再定義”
長谷川博己&石原さとみ、『シン・ゴジラ』の新しさは“リアリティ”と“再定義”(2016年8月2日)

全貌が明かされなかったため、様々な憶測を呼んでいた『シン・ゴジラ』がついに公開された。「エヴァンゲリオン」の庵野秀明が総監督、シリーズ初のフルCGで描かれるゴジ…

橋本環奈、長谷川博己とのロマンスシーンを振り返る
橋本環奈、長谷川博己とのロマンスシーンを振り返る(2016年3月5日)

橋本環奈が、映画『セーラー服と機関銃 -卒業-』(3月5日公開)で主演としてスクリーンに舞い降りる。 橋本が本格的演技に挑戦するのは、今回が初めてのこと。ヒロイ…

二階堂ふみ、長谷川博己と演じたのは、生死ギリギリの関係
二階堂ふみ、長谷川博己と演じたのは、生死ギリギリの関係(2015年8月7日)

『私の男』(07)で浅野忠信と堂々渡り合い、いまや押しも押されもせぬ映画女優となった二階堂ふみにインタビュー。毎回、彼女の出演作からは、女優としての覚悟や潔さ、…

長谷川博己のもがきや葛藤に麻生久美子も共感
長谷川博己のもがきや葛藤に麻生久美子も共感(2015年6月26日)

大ヒット中の『新宿スワン』(公開中)、待機中の『リアル鬼ごっこ』(7月11日公開)の間に、園子温監督が放つ『ラブ&ピース』(6月27日公開)は、自身が「俺の魂の…

長谷川博己&麻生久美子が園子温の天才ぶりに驚嘆
長谷川博己&麻生久美子が園子温の天才ぶりに驚嘆(2015年6月25日)

『新宿スワン』が大ヒット中の園子温監督が次に放つのは、25年前に自身が手掛けたオリジナル脚本を映画化した『ラブ&ピース』(6月27日公開)だ。園監督の私小説的な…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 長谷川博己