映画-Movie Walker > 人物を探す > リッカルド・スカマルチョ

年代別 映画作品( 2011年 ~ 2017年 まで合計6映画作品)

2017年

ジョン・ウィック:チャプター2

最強の殺し屋ジョン・ウィックの復讐劇を描く、キアヌ・リーヴス主演のサスペンス・アクションの続編。ヨーロッパを舞台に、殺し屋ジョンと世界中の殺し屋との戦いが繰り広げられる。前作では銃とカンフーを融合させた“ガンフー”が話題となったが、本作ではガンフーと車でのアクションが融合した“カーフー”を披露する。

監督
チャド・スタエルスキ
出演キャスト
キアヌ・リーブス リッカルド・スカマルチョ ルビー・ローズ ジョン・レグイザモ
2016年

二ツ星の料理人

  • 2016年6月11日(土)公開
  • 出演

ブラッドリー・クーパーが、腕は確かだがトラブルを抱える元二ツ星レストランのシェフを演じる人間ドラマ。ロンドンのフランチレストランを三ツ星店にしようと奮闘する主人公と仲間たちの奮闘を描く。シエナ・ミラーやダニエル・ブリュールらがレストランスタッフを演じる。監督は『8月の家族たち』のジョン・ウェルズ。

監督
ジョン・ウェルズ
出演キャスト
ブラッドリー・クーパー シエナ・ミラー オマール・シー ダニエル・ブリュール
2014年

ローマの教室で 我らの佳き日々

  • 2014年8月23日(土)公開
  • 出演(ジョヴァンニ 役)

「ぼくの瞳の光」のジュゼッペ・ピッチョーニ監督による学園ヒューマンドラマ。ローマの高校を舞台に、タイプの異なる3人に教師がそれぞれに価値観や人生を変える生徒と出会うさまを描く。出演は「はじまりは5つ星ホテルから」のマルゲリータ・ブイ、「昼下がり、ローマの恋」のリッカルド・スカマルチョ、「夜よ、こんにちは」のロベルト・エルリッカ。「イタリア映画祭2013」にて『赤鉛筆、青鉛筆』のタイトルで上映。

監督
ジュゼッペ・ピッチョーニ
出演キャスト
マルゲリータ・ブイ リッカルド・スカマルチョ ロベルト・エルリツカ ルチア・マシーノ
2013年

ローマでアモーレ

  • 2013年6月8日(土)公開
  • 出演(ホテル強盗 役)

ローマを舞台に年齢も性別も異なる男女の4つの物語が繰り広げられる、ウディ・アレン監督によるラブ・コメディ。オールローマロケを敢行し、コロッセオやトレヴィの泉といった数々の観光名所が登場するほか、人気テノール歌手ファビオ・アルミリアートによるオペラの名曲をふんだんに盛り込み、ハッピーな気分にさせてくれる。

監督
ウディ・アレン
出演キャスト
ウディ・アレン アレック・ボールドウィン ロベルト・ベニーニ ペネロペ・クルス
2012年

昼下がり、ローマの恋

  • 2012年2月18日(土)公開
  • 出演(ロベルト 役)

ヨーロッパで大ヒットした『イタリア的、恋愛マニュアル』のジョヴァンニ・ヴェロネージ監督が、ロバート・デ・ニーロとモニカ・ベルッチの豪華共演で贈る大人のためのラブストーリー。世代の違う男女が織りなす3つのエピソードを通して、人生の喜びを大らかに謳い上げる。ローマならではの古代遺跡や芸術作品も見どころ。

監督
ジョバンニ・ヴェロネージ
出演キャスト
ロバート・デ・ニーロ モニカ・ベルッチ リッカルド・スカマルチョ カルロ・ヴェルドーネ
2011年

あしたのパスタはアルデンテ

  • 2011年8月27日(土)公開
  • 出演(トンマーゾ 役)

秘密を抱えた青年の自分探しを軸に、家族の愛と絆を描いてイタリアで大ヒットした笑いと涙の群像コメディ。本国で数々の受賞歴を誇るトルコ出身の名匠フェルザン・オズペテク監督のもと、演技派スターが結集。南イタリアの幻想的な風景と、新鮮な食材が並ぶ色鮮やかな食卓シーンも大きな魅力になっている。

監督
フェルザン・オズペテク
出演キャスト
リッカルド・スカマルチョ ニコール・グリマウド アレッサンドロ・プレツィオージ エンニオ・ファンタスティキーニ
ツイッターキャンペーン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > リッカルド・スカマルチョ

ムービーウォーカー 上へ戻る