映画-Movie Walker > 人物を探す > ピーター・ボイル

年代別 映画作品( 1986年 ~ 2015年 まで合計17映画作品)

2015年

トレヴィの泉で二度目の恋を

  • 2015年1月31日(土)公開
  • 編集

「愛と追憶の日々」のシャーリー・マクレーン、「人生はビギナーズ」のクリストファー・プラマー、アカデミー賞受賞経験を持つベテラン俳優2人が共演したラブストーリー。人生の晩年を迎えて出会った正反対の性格の男女が、少しずつ愛情を育んでゆく様子を描く。監督は「イル・ポスティーノ」のマイケル・ラドフォード。

監督
マイケル・ラドフォード
出演キャスト
シャーリー・マクレーン クリストファー・プラマー マーシャ・ゲイ・ハーデン クリス・ノース
2008年

1408号室

  • 2008年11月22日(土)公開
  • 編集

スティーブン・キングの短編小説をジョン・キューザック主演で映画化した恐怖劇。とあるホテルの呪われた客室に泊まった作家の悪夢のような運命を、予測不可能な仕掛け満載で描く。

監督
ミカエル・ハフストローム
出演キャスト
ジョン・キューザック サミュエル・L・ジャクソン メアリー・マコーマック ジャスミン・ジェシカ・アンソニー
2006年

トリスタンとイゾルデ

  • 2006年10月21日(土)公開
  • 編集

1500年前から伝わるケルトの伝説で、「ロミオとジュリエット」の原点でもある悲しきラブ・ストーリー。主演のトリスタンを「スパイダーマン」のジェームズ・フランコが熱演。

監督
ケヴィン・レイノルズ
出演キャスト
ジェームズ・フランコ ソフィア・マイルズ ルーファス・シーウェル デイヴィッド・パトリック・オハラ
2004年

ツイステッド

  • 2004年10月9日(土)公開
  • 編集

美人女優アシュレイ・ジャッドがくせ者の男優たちと共演したサスペンス・ミステリー。奇怪な連続殺人事件に苦悩する女性刑事の姿を、夢幻的なムードを漂わせて描きだす。

監督
フィリップ・カウフマン
出演キャスト
アシュレイ・ジャッド サミュエル・L・ジャクソン アンディ・ガルシア デイヴィッド・ストラザーン
2003年

めぐりあう時間たち

  • 2003年5月17日(土)公開
  • 編集

アカデミー賞主演女優賞に輝いたニコール・キッドマンら3大スター女優競演の話題作。小説「ダロウェイ夫人」とともに3つの時代に生きる3人の女性の一日を描く群像ドラマ。

監督
スティーヴン・ダルドリー
出演キャスト
ニコール・キッドマン ジュリアン・ムーア メリル・ストリープ エド・ハリス
2001年

クイルズ

  • 2001年5月19日(土)公開
  • 編集

サディズムの語源となった作家マルキ・ド・サドを主人公にした舞台劇を映画化。自由を奪われながらも創作を続ける主人公の反骨のドラマが、観る者の心を揺さぶる。

監督
フィリップ・カウフマン
出演キャスト
ジェフリー・ラッシュ ケイト・ウィンスレット ホアキン・フェニックス マイケル・ケイン
2000年

スティル・クレイジー

  • 2000年4月22日(土)公開
  • 編集

中年に差しかかった伝説のB級ロック・バンドのメンバーが再起するまでを描く音楽ドラマ。監督は「陪審員」のブライアン・ギブソン。脚本・製作は「コミットメンツ」のディック・クレメントとイアン・ラ・フレネ。音楽はクライブ・ランガー。出演は「マイケル・コリンズ」のスティーヴン・レイ、「Queen Victria 至上の恋」のビリー・コノリーほか。

監督
ブライアン・ギブソン
出演キャスト
スティーヴン・レイ ビリー・コノリー ジミー・ネイル ティモシー・スポール
1998年

十二夜

  • 1998年5月2日(土)公開
  • 編集

文豪シェイクスピアによる恋愛喜劇の古典『十二夜』(邦訳・角川文庫など)の映画化。監督・脚本はRSCの演出家として知られる『レディ・ジェーン 愛と運命のふたり』(V、85)のトレヴァー・ナン。製作は「英国万歳!」のデイヴィッド・パーフィットとスティーヴン・エヴァンス。撮影は「デス・クルーズ 欲望の嵐」のクライヴ・ティクナー。音楽はRSC作品で知られるシャウン・デイヴィ。美術は「ライフ・イズ・スウィート」のソフィ・ベーシェル。衣裳は「日の名残り」のジョン・ブライト。出演は「恋人たちのポートレート」のヘレナ・ボナム=カーター、「いつか晴れた日に」のイモジェン・スタッブスとイメルダ・スタウントン、「プレタポルテ」のリチャード・E・グラント、「英国万歳!」のナイジェル・ホーソーン、「死と処女」のベン・キングスレーほか。

監督
トレヴァー・ナン
出演キャスト
ヘレナ・ボナム・カーター リチャード・E・グラント ナイジェル・ホーソーン ベン・キングズレー

ポストマン(1997)

  • 1998年3月21日(土)公開
  • 編集

荒廃した近未来のアメリカを舞台に、人々に希望をもたらす郵便配達人(ポストマン)の姿を描いたアクション・ロマン大作。監督・主演は「ウォーターワールド」「ティン・カップ」のケヴィン・コスナーで、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」に次ぐ7年ぶりの監督第2作。脚本はデイヴィッド・ブリンの同名小説(邦訳・ハヤカワ文庫)を基に、エリック・ロスと「ライアー」のブライアン・ヘルゲランドの共同。製作はコスナーと彼のパートナーのジム・ウィルソン、「ロング・キス・グッドナイト」のスティーヴ・ティッシュ。撮影は「モアイの謎」のスティーヴ・ウィンダン。音楽は「ファーザーズ・デイ」のジェームズ・ニュートン・ハワード。美術は「ワイアット・アープ」のアイダ・ランダム。編集は「ウォーターワールド」のピーター・ボイル。共演は「追いつめられて」でコスナーと共演した「コピーキャット」のウィル・パットン、英国の舞台女優で本作がデビューとなるオリヴィア・ウィリアムス、「ラブ・ジョーンズ」のラレンツ・テイト、「スネーク・アイズ」「パンサー」のジェームズ・ルッソのほか、ロック・ミュージシャンのトム・ペティが特別出演。

監督
ケヴィン・コスナー
出演キャスト
ケヴィン・コスナー ウィル・パットン ラレンツ・テイル オリヴィア・ウィリアムズ
1995年

ウォーターワールド

  • 1995年8月5日(土)公開
  • 編集

地球温暖化により全ての陸地が水没した未来の世界を舞台に、海賊たちと戦う一匹狼の戦士の活躍を描いたSFアクション。総製作費に史上最高の1億7千万ドルを費やした超大作。監督は「モアイの謎」のケヴィン・レイノルズ。製作は「フィールド・オブ・ドリームス」のチャールズ・ゴードン、「リッチー・リッチ」のジョン・デイヴィス、主演のケヴィン・コスナーの共同。脚本は「エイリアン3」のデヴィッド・トゥーヒーと、本作がデビューのピーター・レーダー。撮影は「ダンス・ウィズ・ウルブズ」(アカデミー賞受賞)のディーン・セムラー、音楽は「アウトブレイク」のジェームズ・ニュートン・ハワード、美術は「バグジー」(アカデミー賞受賞)のデニス・ガスナーがそれぞれ担当。400カット以上のデジタル合成など特殊視覚効果を指揮したのは「インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説」のマイケル・マカリスター。主演は「ワイアット・アープ」のケヴィン・コスナー。共演は「氷の微笑」のジーン・トリプルホーン、「スピード」のデニス・ホッパー、「アンドレ 海から来た天使」のティナ・マジョリーノほか。

監督
ケヴィン・レイノルズ
出演キャスト
ケヴィン・コスナー デニス・ホッパー ジーン・トリプルホーン ティナ・マジョリーノ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ピーター・ボイル