TOP > 人物を探す > ディート・モンティエル

年代別 映画作品( 2011年 ~ 2017年 まで合計2映画作品)

2017年

マン・ダウン 戦士の約束

  • 2017年2月25日(土)
  • 監督、脚本

「陰謀の代償 N.Y コンフィデンシャル」のディート・モンティエル監督が、戦争がもたらす傷を描写した戦争ドラマ。海兵隊員ガブリエルがアフガニスタンの戦場から帰還したところ、故郷はまるで異世界のように荒廃し、妻子も街の人々も姿を消していた。主人公の帰還兵を「フューリー」のシャイア・ラブーフが、彼と行動を共にする友人を「スーサイド・スクワッド」のジェイ・コートニーが、アフガニスタンに駐留する大尉を「裏切りのサーカス」のゲイリー・オールドマンが演じる。

監督
ディート・モンティエル
出演キャスト
シャイア・ラブーフ ケイト・マーラ ジェイ・コートニー ゲイリー・オールドマン
2011年

陰謀の代償 N.Y.コンフィデンシャル

  • 2011年7月9日(土)
  • 監督、脚本

『G.I.ジョー』などで人気上昇中の若手俳優チャニング・テイタムと、名優アル・パチーノが共演したクライム・サスペンス。ミュージシャンで画家でもあるディート・モンティエル監督が自身の体験を基に脚本を執筆。警察の腐敗を暴く骨太のテーマと先の読めないストーリー展開から、最後まで目が離せない。

監督
ディート・モンティエル
出演キャスト
チャニング・テイタム トレイシー・モーガン ケイティ・ホームズ レイ・リオッタ

関連ニュース

「サスペンスながら人物を善人、悪人と決めつけず、微妙な陰影をつけた」というディート・モンティエル監督
9・11事件翌年のNY市警を舞台にした『陰謀の代償』予告編が到着! 6月6日 12:51

アル・パチーノ、チャニング・テイタムが主演を務める『陰謀の代償』(7月9日公開)の予告編動画が公開された。 本作は、NY市警を舞台に、全ての登場人物たちが善と悪の間のグレーゾーンをなぞり続け、あぶり出されていく腐敗した…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/5更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ディート・モンティエル