映画-Movie Walker > 人物を探す > イワゴウサトシ

年代別 映画作品( 2011年 ~ 2018年 まで合計6映画作品)

2018年

カランコエの花

  • 2018年7月14日(土)公開
  • 出演(加藤健一 役)

第26回レインボー・リール東京~東京国際レズビアン&ゲイ映画祭~グランプリ受賞作。ある高校のクラスで、唐突にLGBTの授業が行われる。だが他の教室ではその授業は行われていないことを知った生徒たちは、クラスにLGBTの人がいるのではないかと疑念を抱く。出演は「デメキン」の今田美桜、「そうして私たちはプールに金魚を、」の石本径代、「名前のない女たち うそつき女」の笠松将、「セブンティーン、北杜 夏」の堀春菜、「赤色彗星倶楽部」の手島実優、「尊く厳かな死」のイワゴウサトシ。監督・脚本・編集は「尊く厳かな死」の中川駿。

監督
中川駿
出演キャスト
今田美桜 永瀬千裕 笠松将 須藤誠

カメラを止めるな!

  • 2018年6月23日(土)公開
  • 出演(黒岡大吾 役)

監督&俳優養成スクール、ENBUゼミナールのワークショップから生まれた異色ホラー。37分間にわたるワンカットのゾンビ・サバイバル映画の撮影に挑む俳優やスタッフの前に本物のゾンビが出現し、事態が混迷していくさまが描かれる。ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018で観客賞を受賞するなど、国内外の映画祭で話題となった。

監督
上田慎一郎
出演キャスト
濱津隆之 真魚 しゅはまはるみ 長屋和彰
2017年

尊く厳かな死

  • 2017年7月15日(土)公開
  • 出演(松本直樹 役)

自身の実体験を基に、本作で長編デビューを飾る中川駿監督が撮り上げたヒューマンドラマ。突然の事故により植物状態になった母が遺していた「尊厳死の宣言書(リビングウィル)」を受け入れるか否かで葛藤する息子・娘・息子の嫁それぞれの視点から多角的に描出する。出演は「パンクしそうだ」のイワゴウサトシ、「男たちの楽園」の松崎映子、「TOKYO CITY GIRL 2016」の篠田光里、「OMOCHA オモチャ」の満利江。

監督
中川駿
出演キャスト
イワゴウサトシ 松﨑映子 篠田光里 中野健治

空(カラ)の味

  • 2017年5月1日(月)公開
  • 出演

第10回田辺・弁慶映画祭コンペティション部門で、史上初の四冠に輝いた作品。家族や友人に囲まれ、何不自由なく暮らしていた女子高生の聡子は、ある日、摂食障害に陥る。やがて、知り合った女性マキとの交流を通じて、聡子の心は解放されてゆくが……。主演の堀春菜は、インディーズ映画を中心に活躍する若手女優。本作では主人公・聡子を熱演し、田辺・弁慶映画祭女優賞を受賞した。監督は「還るばしょ」で第8回田辺・弁慶映画祭の文化通信社賞を受賞した塚田万理奈。

監督
塚田万理奈
出演キャスト
堀春菜 松井薫平 南久松真奈 井上智之

パンクしそうだ

  • 2017年3月11日(土)公開
  • 出演

映像産業振興機構=VIPOが企画するndcj:若手映画作家育成プロジェクトの2016年版として製作された1本。恋人の妊娠を機にバンドを解散して働き始めた隆平。だが、プロになった昔の仲間がメンバーを募集していると聞き、音楽への情熱を蘇らせる。出演は「ReLIFE リライフ」の亀田侑樹、「私の男」の松山愛里。

監督
目黒啓太
出演キャスト
亀田侑樹 松山愛里 夛留見啓助 イワゴウサトシ
2011年

恐怖新聞(2011)

  • 2011年5月21日(土)公開
  • 出演

つのだじろう原作の同名ホラーコミックを映画化。未来のことが書かれている“恐怖新聞”を読んだ大学生が、命がけで運命に立ち向かう姿を描く。監督は、「ライトノベルの楽しい書き方」の大森研一。出演は、「ラムネ」の真司郎、ドラマ『TOKYOコントロール』の近野成美、ドラマ『侍戦隊シンケンジャー』の相馬圭祐。

監督
大森研一
出演キャスト
真司郎 近野成美 相馬圭祐 宮川一朗太
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > イワゴウサトシ