映画-Movie Walker > 人物を探す > シャルロッテ・ブルース・クリステンセ ン

年代別 映画作品( 2011年 ~ 2018年 まで合計6映画作品)

2018年

クワイエット・プレイス

  • 2018年9月28日(金)
  • 撮影監督

姿の見えない“何か”から身を潜め、物音を立てないように必死に生きる家族に迫る恐怖を描く、サスペンス・ホラー。『ヴィクトリア女王 世紀の愛』での主人公役で、数々の賞に輝いたエミリー・ブラントがヒロインのエヴリンを演じる。実生活でも彼女の夫であるジョン・クラシンスキーが夫のリーに扮し、監督も務める。

監督
ジョン・クラシンスキー
出演キャスト
エミリー・ブラント ジョン・クラシンスキー ミリセント・シモンズ ノア・ジュープ

モリーズ・ゲーム

  • 2018年5月11日(金)
  • 撮影

オリンピックを目指していたアスリートがセレブが集う高額ポーカールームの経営者に転身し、FBIに逮捕された。実在の女性モリー・ブルームが自らの波乱の日々をつづった回顧録を、脚本家のアーロン・ソーキンがメガホンを握り、映画化したスキャンダラスなドラマ。モリーを演じるのは、『ゼロ・ダーク・サーティ』のジェシカ・チャステイン。

監督
アーロン・ソーキン
出演キャスト
ジェシカ・チャステイン イドリス・エルバ ケヴィン・コスナー マイケル・セラ
2016年

ガール・オン・ザ・トレイン

  • 2016年11月18日(金)
  • 撮影

世界45か国でベストセラーとなった小説を映画化したミステリー。とある夫婦の姿を車窓から眺めていた“目撃者”だったヒロインが、人妻の死によって疑いの目を向けられるようになる様がつづられる。エミリー・ブラントが事件に巻き込まれていく主人公を、キーマンとなる人妻を若手注目株のヘイリー・ベネットが演じる。

監督
テイト・テイラー
出演キャスト
エミリー・ブラント レベッカ・ファーガソン ヘイリー・ベネット ジャスティン・セロー
2015年

ディーン、君がいた瞬間(とき)

  • 2015年12月19日(土)
  • 撮影

50年代のアメリカを舞台に、後に天才写真家と呼ばれるデニス・ストックとスター俳優ジェームズ・ディーンが、まだ若手写真家と無名の新人俳優だった頃のエピソードをつづるヒューマンドラマ。『アメイジング・スパイダーマン2』のデイン・デハーンがディーンを、『トワイライト』シリーズのロバート・パティンソンがストックを演じる。

監督
アントン・コービン
出演キャスト
デイン・デハーン ロバート・パティンソン ジョエル・エドガートン ベン・キングズレー
2013年

偽りなき者

  • 2013年3月16日(土)
  • 撮影

無実の罪を着せられた男の孤独な戦いを描くヒューマンドラマ。監督は、「光のほうへ」のトマス・ヴィンターベア。出演は、「007/カジノ・ロワイヤル」のマッツ・ミケルセン、「セレブレーション」のトマス・ボー・ラーセン。2012年カンヌ国際映画祭で主演男優賞、エキュメニカル審査員賞、ヴァルカン賞を受賞。

監督
トマス・ヴィンターベア
出演キャスト
マッツ・ミケルセン トマス・ボー・ラーセン アニカ・ビタコプ ラセ・フォーゲルストラム
2011年

光のほうへ

  • 2011年6月4日(土)
  • 撮影

デンマークの名匠トマス・ヴィンターベアによる人間ドラマ。少年時代の辛い過去を抱えたまま別々に暮らしていた兄弟が、母親の死をきっかけに再会し、過去や家族、現在と向き合おうとする。本国アカデミー賞では14部門にノミネートされたほか、各国の映画祭で絶賛を浴びた。静謐な映像と、希望を感じさせるクライマックスが鮮烈。

監督
トマス・ヴィンターベア
出演キャスト
ヤコブ・セーダーグレン ペーター・プラウボー パトリシア・シューマン モーテン・ローセ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > シャルロッテ・ブルース・クリステンセ ン