映画-Movie Walker > 人物を探す > マックス・アイアンズ

年代別 映画作品( 2011年 ~ 2019年 まで合計7映画作品)

2019年

アガサ・クリスティー ねじれた家

数々のミステリー小説で知られるアガサ・クリスティーが“最高傑作”と語った小説を、グレン・クローズほか豪華俳優陣を迎えて映画化したミステリー。巨額の遺産を巡って起きた大富豪毒殺事件の真相に私立探偵が迫っていく。『サラの鍵』で第23回東京国際映画祭最優秀監督賞を受賞したジル・パケ=ブレネールが監督を務める。

監督
ジル・パケ=ブレネール
出演キャスト
グレン・クローズ マックス・アイアンズ ステファニー・マティーニ テレンス・スタンプ

天才作家の妻 -40年目の真実-

  • 2019年1月26日(土)公開
  • 出演(David Castleman 役)

本作でアカデミー賞7度目のノミネートとなった名優グレン・クローズが、ノーベル賞に輝いた作家の妻を演じるサスペンスフルな人間ドラマ。作家で夫のジョセフを長年支えてきた妻のジョーン。だが、夫がノーベル賞を受賞したのを機に、心の奥底にため込んでいた複雑な感情が湧き起こってくる。夫役のジョナサン・プライスのほか、名優が多数出演する。

監督
ビョルン・ルンゲ
出演キャスト
グレン・クローズ ジョナサン・プライス クリスチャン・スレーター マックス・アイアンズ
2018年

アニー・イン・ザ・ターミナル

  • 2018年9月1日(土)公開
  • 出演

「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のマーゴット・ロビーが裏の顔を持つ悪女を演じたスリラー。ロンドンのあるダイナーで働く一人の女。彼女には街の厄介事を始末する別の顔があった。彼女を取り巻く曰くありげな人々。今、壮大な復讐劇が始まる。監督は「美女と野獣」(2017)ほか数々の作品の助監督を務めてきたヴォーン・ステイン。出演陣にはほか「ミッション:インポッシブル」シリーズのサイモン・ペッグ、「オースティン・パワーズ」シリーズのマイク・マイヤーズら個性派俳優が集結。特集『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2018』にて上映後、2018年9月1日よりレイトショー公開。

監督
ヴォーン・ステイン
出演キャスト
マーゴット・ロビー サイモン・ペッグ マイク・マイヤーズ マックス・アイアンズ
2016年

ライオット・クラブ

  • 2016年7月23日(土)公開
  • 出演(マイルズ 役)

「17歳の肖像」のロネ・シェルフィグが、オックスフォード大学に実在する上流階級の子弟限定の社交クラブ『ブリンドン・クラブ』をモデルにした舞台『POSH』を映画化。出演は「あと1センチの恋」のサム・クラフリンほか。新宿シネマカリテの特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016』にて上映。

監督
ロネ・シェルフィグ
出演キャスト
サム・クラフリン マックス・アイアンズ ダグラス・ブース サム・リード
2015年

黄金のアデーレ 名画の帰還

  • 2015年11月27日(金)公開
  • 出演(フリッツ 役)

グスタフ・クリムトによる“オーストリアのモナリザ”と呼ばれる名画「黄金のアデーレ」の返還を求めてオーストリア政府に訴訟を起こした女性マリア・アルトマンの実話を描く、ヘレン・ミレン主演のヒューマンドラマ。名画に隠されたマリアと彼女を取り巻く人々の思いを映しだしたのは、『マリリン 7日間の恋』のサイモン・カーティス。

監督
サイモン・カーティス
出演キャスト
ヘレン・ミレン ライアン・レイノルズ ダニエル・ブリュール ケイティ・ホームズ
2014年

ザ・ホスト 美しき侵略者

  • 2014年6月14日(土)公開
  • 出演(ジャレド・ハウ 役)

吸血鬼と少女との恋を描いた『トワイライト』シリーズを生み出したステファニー・メイヤーのSF小説を、「ガタカ」「TIME/タイム」のアンドリュー・ニコル監督が映画化。人間に寄生し身も心も乗っ取る知的生命体の侵略に遭い、人類が絶滅の危機に瀕する近未来を舞台にしている。知的生命体に寄生されながら人間としての意思や記憶を持つ美しい女性を、「つぐない」で第80回アカデミー賞助演女優賞にノミネートされ、「ラブリーボーン」でも高い評価を受けたシアーシャ・ローナンが演じる。ほか、「赤ずきん」のマックス・アイアンズ、「蜘蛛女のキス」のウィリアム・ハート、「ナショナル・トレジャー」のダイアン・クルーガーらが出演。

監督
アンドリュー・ニコル
出演キャスト
シアーシャ・ローナン ジェイク・アベル マックス・アイアンズ フランシス・フィッシャー
2011年

赤ずきん

  • 2011年6月10日(金)公開
  • 出演(ヘンリー・ラザール 役)

世界的に有名なグリム童話「赤ずきん」の“その後”を描いたファンタジックなラブ・サスペンス。大人になった赤ずきんが危険な三角関係と、殺人を繰り返す人狼の魔の手に翻弄されていく。美しくセクシーな赤ずきんをアマンダ・サイフリッドが好演。『トワイライト 初恋』のキャサリン・ハードウィック監督の手腕にも期待がかかる。

監督
キャサリン・ハードウィック
出演キャスト
アマンダ・セイフライド ゲイリー・オールドマン ビリー・バーク シャイロー・フェルナンデス

関連ニュース

『トワイライト 初恋』の監督が語る『赤ずきん』の魅力とは?
『トワイライト 初恋』の監督が語る『赤ずきん』の魅力とは?(2011年6月9日)

6月10日(金)より公開される『赤ずきん』は、大人になった赤ずきんが危険な三角関係と、人間を襲って殺人を繰り返す人狼の魔の手に翻弄されながらも、自らの手で運命を…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > マックス・アイアンズ