TOP > 人物を探す > パン・ホーチョン

年代別 映画作品( 2011年 ~ 2013年 まで合計9映画作品)

2013年

低俗喜劇

  • 2013年8月24日(土)
  • 監督、脚本、プロデューサー

映画業界の舞台裏を下ネタ満載で描き、香港で大ヒットしたパン・ホーチョン監督(「恋の紫煙2」)のブラック・コメディ。主演は「インファナル・アフェア」シリーズのチャップマン・トー。香港電影金像奨で、ロナルド・チェン(「カンフーサイボーグ」)が最優秀助演男優賞、ヒロイン役のダダ・チャンが最優秀助演女優賞を受賞。

監督
パン・ホーチョン
出演キャスト
チャップマン・トウ ロナルド・チェン ダダ・チャン ラム・シュー

恋の紫煙2

  • 2013年8月24日(土)
  • 監督、脚本、プロデューサー

「ユー・シュート、アイ・シュート」、「大丈夫」など、香港映画界で活躍するパン・ホーチョン監督が、2010年に手掛けた「恋の紫煙」の続編。舞台を北京に移し、同棲を解消した主人公カップルの新たな恋と葛藤が描かれる。出演は「インファナル・アフェア」シリーズのショーン・ユー、「私の胸の思い出」のミリアム・ヨン。

監督
パン・ホーチョン
出演キャスト
ミリアム・ヨン ショーン・ユー

恋の紫煙

  • 2013年8月24日(土)
  • 監督、脚本、製作

屋外の喫煙コーナーで芽生えた恋を描くラブストーリー。監督は、「些細なこと」のパン・ホーチョン。出演は、「私の胸の思い出」のミリアム・ヨン、「モーターウェイ」のショーン・ユー。第23回東京国際映画祭アジアの風上映作品。第30回香港電影金像奨最優秀脚本賞受賞。第17回香港電影評論学会大奨推薦電影受賞。

監督
パン・ホーチョン
出演キャスト
ミリアム・ヨン ショーン・ユー
2011年

ドリーム・ホーム

  • 2011年5月28日(土)
  • 監督、原案、脚本、製作

香港期待の新星「イザベラ」のパン・ホーチョン監督が贈るホラー映画。ビクトリア・ハーバーの高級マンションで殺人を繰り返すOLの姿を通して、地価高騰に翻弄される香港社会を風刺する。全編の2/3を占める過激なバイオレンスシーンが世界中の映画祭で話題になった。出演は「エグザイル/絆」のジョシー・ホー。

監督
パン・ホーチョン
出演キャスト
ジョシー・ホー イーソン・チャン デレク・ツァン ローレンス・チョウ

些細なこと

  • 2011年6月18日(土)
  • 監督、脚本、原作、製作

倦怠期を迎えた中年夫婦、見習いの殺し屋、恋する女子 高生などに起こる、“些細な出来事”をテーマに、「不可抗力」「公徳心」「做節」「徳雅星」「大頭阿慧」「増値」「尊尼亞」といった、意味深なタイトルによる全7話のオムニバス映画。監督は「イザベラ」のパン・ホーチョン。ホーチョンが21歳のときに書いた短編小説を映画化した。出演は「ビヨンド・アワ・ケン」のジリアン・チョン、「ドリーム・ホーム」のイーソン・チャン、「イザベラ」のチャップマン・トー、アンジェラベイビーほか。「ドリーム・ホーム」の日本初劇場公開を記念し、2011年5月28日より、東京・シアターN渋谷にて開催された特集上映“パン・ホーチョン、お前は誰だ!?”にて上映。

監督
パン・ホーチョン
出演キャスト
クリスタル・ティン イーソン・チャン ステフィー・タン ステファニー・チェン

イザベラ

  • 2011年5月28日(土)
  • 監督、製作、脚本

1999年のポルトガル領マカオを舞台に窮地に追い込まれた汚職警官と、彼の娘だと名乗る少女の奇妙な共同生活を抒情的に描くドラマ。監督は「AV」のパン・ホーチョン。出演は「インファナル・アフェア」のチャップマン・トー、イザベラ・リョン。ベルリン国際映画祭銀熊最優秀音楽賞受賞。「ドリーム・ホーム」の日本初劇場公開を記念し、2011年5月28日より、東京・シアターN渋谷にて開催された特集上映“パン・ホーチョン、お前は誰だ!?”にて上映。

監督
パン・ホーチョン
出演キャスト
チャップマン・トウ イザベラ・リョン アンソニー・ウォン ショーン・ユー

AV

  • 2011年6月11日(土)
  • 脚本

ナンパ目的で映画製作を開始した大学生たちをめぐる青春群像劇。監督は「ビヨンド・アワ・ケン」のパン・ホーチョン。出演は「ハリウッド★ホンコン」のウォン・ユウナム、ローレンス・チョウ、デレク・ツァン、天宮まなみほか。「ドリーム・ホーム」の日本初劇場公開を記念し、2011年5月28日より、東京・シアターN渋谷にて開催された特集上映“パン・ホーチョン、お前は誰だ!?”にて上映。

監督
パク・チョンホ
出演キャスト
ウォン・ユウナム ローレンス・チョウ デレク・ツァン 天宮まなみ

ビヨンド・アワ・ケン

  • 2011年6月4日(土)
  • 監督、脚本

女優志望の女の子と、彼女の恋人の元カノとの奇妙な友情を描いたガーリー・ムービー。監督は”大丈夫”のパン・ホーチョンで監督3作目。出演は「ツインズ・エフェクト」のジリアン・チョン、「ションヤンの酒家」タオ・ホンと「香港国際警察/NEW POLICE STORY」のダニエル・ウー。「ドリーム・ホーム」の日本初劇場公開を記念し、2011年5月28日より、東京・シアターN渋谷にて開催された特集上映“パン・ホーチョン、お前は誰だ!?”にて上映。

監督
パン・ホーチョン
出演キャスト
ジリアン・チョン タオ・ホン ダニエル・ウー

夏休みの宿題

  • 2011年6月18日(土)
  • 監督、脚本

夏休みの最終日になっても、まだ宿題が終わっていない少年が生み出す、恐ろしい妄想を独特のタッチで描いた短篇。パン・ホーチョンの自主制作監督作品。出演はシエ・ディーフェン、ダン・カイクアン。台湾アカデミー賞最優秀短編賞受賞。「ドリーム・ホーム」の日本初劇場公開を記念し、2011年5月28日より、東京・シアターN渋谷にて開催された特集上映“パン・ホーチョン、お前は誰だ!?”にて上映。

監督
パン・ホーチョン
出演キャスト
シエ・ディーフェン ダン・カイクアン

関連ニュース

学生たちのほろ苦い青春模様が描かれる
香港のタランティーノが見せる日本製AVへの愛とは? 4月9日 19:00

“香港のタランティーノ”の異名を取り、全編の3分の2をバイオレンスシーンが占める過激な内容が話題を呼んだ『ドリーム・ホーム』(11)で鮮烈な日本デビューを飾ったパン・ホーチョン監督。彼が2006年に制作し、第18回東京国…

拘束バンドで身動きできない状態にしてから殺すのが手口だ
“香港のタランティーノ”が手がけた過激すぎる18禁バイオレンス映画が遂に日本に 5月31日 20:00

上映時間の3分の2をバイオレンスシーンが占め、そのあまりの残虐描写ゆえ、上映中に体調を悪くする観客が続出し、海外の上映では汚物袋まで配られたという香港発の問題作『ドリーム・ホーム』が5月28日より日本公開された。 惨劇…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/10更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > パン・ホーチョン