TOP > 人物を探す > クラウス・クラウゼン

年代別 映画作品( 年 ~ 2013年 まで合計9映画作品)

2013年

メッセンジャー

  • 2013年3月9日(土)
  • 製作総指揮

戦死した兵士の遺族に訃報を伝える米軍のメッセンジャーを主人公に、戦争の悲惨さを描くドラマ。主演は「3時10分、決断のとき」のベン・フォスター。ウディ・ハレルソン(「ハンガー・ゲーム」)の助演男優賞と脚本賞の2部門でアカデミー賞ノミネート。「アイム・ノット・ゼア」の脚本家、オーレン・ムーヴァーマンの初監督作。

監督
オーレン・ムヴァーマン
出演キャスト
ベン・フォスター ウディ・ハレルソン サマンサ・モートン ジェナ・マローン
2012年

ザ・トーナメント

  • 2012年2月18日(土)
  • 製作総指揮

“トーナメント”とは世界中の腕利き殺し屋たちが、世界一を目指して制限時間24時間で死闘を繰り広げる大会。ロンドンを舞台に開催されたその競技会に、1人の気弱な神父が紛れ込むが……。出演は「フル・モンティ」のロバート・カーライル、「スコーピオン・キング」のケリー・フー、「M:i-III」のヴィング・レイムス。

監督
スコット・マン
出演キャスト
ロバート・カーライル ケリー・フー ヴィング・レイムス イアン・サマーホルダー
2006年

ミュージック・クバーナ

  • 2006年7月1日(土)
  • 製作

「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」のピオ・レイバらが出演する、キューバ発の音楽ドラマ。バンド結成に乗り出した男たちの物語を本物のライブ映像を交えて描きだす。

監督
ヘルマン・クラル
出演キャスト
ピオ・レイバ バルバロ・マリン マリオ・”マジート″・リベーラ ペドロ・”エル・ネネ″・ルーゴ・マルティーネス
1953年

赤い唇(1952)

  • 1953年8月21日(金)
  • 出演(Heisemann 役)

「スケルトンの運ちゃん武勇伝」のリチャード・ゴールドストーンが製作し、「北の狼」のアンドリュー・マートンが監督にあたった1952年作品で、ドイツとオーストリアに現地ロケしたもの。ローレンス・バックマンのストーリーをジェリー・デイヴィスが脚色した。撮影は「罪ある女」のファクラフ・フィッヒ、音楽は「アパッチ族の最後」のルドルフ・G・コップの担当。主演は「雨に唄えば」のジーン・ケリーと「三つの恋の物語」のピア・アンジェリで、リチャード・ロバー、リチャード・イーガン、クラウス・クラウセン、ウィルフリード・セイファースらが助演する。なお、米国における発売はMGM社である。

監督
アンドリュー・マルトン
出演キャスト
ジーン・ケリー ピア・アンジェリ リチャード・ロバー リチャード・イーガン
1935年

プロシヤの旗風

  • 1935年
  • 出演(Lieutenant Katte 役)

「黒鯨亭」「激情の嵐」のエミール・ヤニングスが主演する映画で「ヒットラー青年」のハンス・シュタインホフが「ハンネレの昇天」「怪人マブゼ博士(1932)」のテア・フォン・ハルボウとロルフ・ラウクナー合作の台本によって監督したもの。撮影はカール・プート、音楽はウォルフガング・ツェラーがそれぞれ担任した。助演者は「カイロの結婚」のレオポルディーネ・コンスタンチン、新顔のヴェルナー・ヒンツ、マリールイゼ・クラウディウス、「ヒットラー青年」のクラウス・クラウゼン、「モード巴里」のゲオルク・アレクサンダー、「たそがれの維納」のワルター・ヤンセン、「ウィリアム・テル(1933)」のテオドル・ロース、「怪人マブゼ博士(1932)」のルドルフ・クライン・ロッゲ、「偽国旗の下に」のハリー・ハルト、フリードリッヒ・カイスラー、その他である。

監督
ハンス・シュタインホフ
出演キャスト
エミール・ヤニングス レオポルディーネ・コンスタンチン ヴェルナー・ヒンツ カローラ・ヘーン
1934年

大空の驚異

  • 1934年
  • 出演(Willi Frahms 役)

「黒衣の処女」のフランク・ヴィスバールが監督したグライダー映画で、フィリップ・ロタール・マイリングとL・M・マイリンク両氏の原案に基づきワルター・フォルスターが脚本を執筆した。主役は「西部戦線一九一八年」「プロシヤの旗風」のクラウス・クラウゼン、「F・P一号応答なし」「セロ弾く乙女」のシビル・シュミッツ、「セロ弾く乙女」のヴォルフガング・リーベンアイナー、ヒルダ・ゲビューアの四人で、ワルター・グロス、「白銀の乱舞」「銀界縦走」のギュッチ・ランチナー、等が助演。カメラは「聖山」「モンブランの嵐」のハンス・シュネーベルガー、音楽は「朝やけ」「浮き雲」のヘルバート・ヴィントの担任。グライダーの指揮にはドイツグライダー卿盟総裁ブルーノ・レーアッア、及びウォルフ・ヒルトその他の人々が当たっている。

監督
フランク・ヴィスバール
出演キャスト
クラウス・クラウゼン ヴォルフガング・リーベンアイナー ヒルダ・ゲビューア シビル・シュミッツ
1933年

ヒットラー青年

  • 1933年
  • 出演(Leader of the Group 役)

ナチス宣伝映画としてウーファが作ったもので、シェンチンガー作の小説より氏自ら「銀嶺征服」のB・E・リュトゲと共同脚色し、ハンス・シュタインホフが監督に当り、「月世界の女」「予審」のコンスタンチン・チェットが撮影した。出演者は少年俳優として知られているロルフ・ヴェンクハウス、「西部戦線一九一八年」「火の山」のクラウス・クラウゼン、「旅愁」のハインリヒ・ゲオルゲ「人間廃業」「予審」のヘルマン・シュピールマンス等が主なもので、ヒットラー青年団長フォン・シラッハ氏指揮の下にヒットラー青年団、少女団が援助出演している。なお歌詞もフォン・シラッハ氏が書いたものである。

監督
ハンス・シュタインホフ
出演キャスト
ハインリヒ・ゲオルゲ Bartha Drevs ロルフ・ヴェンクハウス クラウス・クラウゼン
1930年

西部戦線一九一八年

  • 1930年
  • 出演(The Lieutenant 役)

「パンドラの箱」「淪落の女の日記」のG・W・パブスト氏の監督作品で、エルンスト・ヨハンゼン氏原作の小説『四人の歩兵』から「六十八番の花嫁」「死の銀嶺」「パンドラの箱」のラディスラウス・ヴァホダ氏が脚色し、「スピオーネ」「世の果」のフリッツ・アルノ・ワグナー氏及びシャルル・メタ氏が共同で撮影したものである。主なる出演者は「死の銀嶺」「生ける屍」のグスタフ・ディースル氏、「潜航艇C一号」のフリッツ・カンパース氏、「金」「潜航艇C一号」のジャッキー・モニエ嬢、ハンス・ヨアヒム・メービス氏、クラウス・クラウゼン氏、グスタフ・プッティヤー氏、ハンナ・ヘースリッヒ嬢、エルゼ・ヘラー夫人等である。

監督
ゲオルク・ヴィルヘルム・パプスト
出演キャスト
フリッツ・カンパース グスタフ・ディースル ハンス・ヨアヒム・メービス クラウス・クラウゼン

戦争の溜息

  • 出演(An agitator 役)

「ライン悲愴曲」「かつら」のオットー・ゲビュール氏、「ライン悲愴曲」「ウィリアム・テル(1922)」のエルナ・モレナ嬢、ハインツ・クロコー氏、アリベルト・モーグ氏、「西部戦線一九一八年」のクラウス・クラウゼン氏、アルトゥール・デュアルテ氏等が出演する映画でレオ・ラスコ氏がレオ・デ・ラフォルグ氏と共同で執筆した脚本を基にして監督に当ったものでE・S・ツィーセマー氏が撮影している。(無声)

監督
レオ・ラスコ
出演キャスト
オットー・ゲビュール エルナ・モレナ ハインツ・クロコー アリベルト・モーグ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/6更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > クラウス・クラウゼン

ムービーウォーカー 上へ戻る