映画-Movie Walker > 人物を探す > フランセス・ウィリアムス

年代別 映画作品( 1929年 ~ 1952年 まで合計3映画作品)

1952年

ショウ・ボート(1951)

  • 1952年4月3日(木)
  • 出演(Queenie 役)

24年間にわたるヒット・ミュージカル・プレイ「ショウ・ボート」は、エドナ・ファーバーのベスト・セラー小説に基づいて、ジェローム・カーン=オスカー・ハマースタイン2世のコンビの作によるものだが、その映画化はこの作品が3度目。「アニーよ銃をとれ」と同じくアーサー・フリードが製作しジョージ・シドニーが監督したテクニカラー版1951年度作品。脚色は「ジキル博士とハイド氏(1941)」のジョン・リー・メイン、撮影のチャールズ・ロシャー、舞台振付けのロバート・アルトン、音楽監督のアドルフ・ドイッチェは夫々「アニーよ銃をとれ」と同じスタッフ。配役はマグノリアに「花の合唱(コーラス)」のキャスリン・グレイソン、ジュリーに「パンドラ」のエヴァ・ガードナー、ゲイロードに「アニーよ銃をとれ」のハワード・キール、アンディ船長にジョウ・E・ブラウン。その他アグネス・ムアヘッド「サマーホリディ」、ダンスチームのチャンピオン、ロバート・スターリング「渓谷の銃声」、アデール・ジャーゲンス「千一夜物語」らが出演する。

監督
ジョージ・シドニー
出演キャスト
キャスリン・グレイソン エヴァ・ガードナー ハワード・キール ジョー・E・ブラウン
1934年

ハリウッドパーティ

  • 1934年
  • 出演(Frances_Williams 役)

スタン・ローレル及びオリヴァー・ハーディ、ジミー・デューラント、チャールズ・バターウォース、ポリー・モーラン、ジャック・パール等の錚々たるメトロの喜劇俳優を網羅したミュージカル・フィルム・コメディーで、「頓馬パルーカ」のルーペ・ヴェレス、「キャバレエの鍵穴」のフランセス・ウィリアムス、「紐育・ハリウッド」のエディ・クィラン、「昨日」のジューン・クライド、「ダンシング・レディ」のテッド・ヒーリーが助演するほかミッキイ・マウスも特別出演している。台本はハワード・ディーツが「ママはパパが好き」のアーサー・コーバーと協同して書卸し、キャメラは「力と栄光」「第三の恋」のジェームズ・ウォン・ホウが担当した。監督は無記名で、舞踊監督はシーモア・フェリックス、ジョージ・ヘール、デヴィッド・ゴールドが分担している。

監督
出演キャスト
スタン・ローレル オリヴァー・ハーディー ジミー・デューラント チャールズ・バターウォース
1929年

ナイトクラブ

  • 1929年
  • 出演(Helen 役)

パラマウント・オールトーキング、オール・シンギング、オール・ダンシング映画の1つでかつて短編小説として発行せられたキャサリン・ブラッシュ女史の原作を「姫君と給仕」「3日伯爵」「桃色の曲者」「落花長恨」等の脚色潤色者であり、著書としては「壁の穴(1929)」を潤色したピエル・コリングス氏が潤色し、「リリアン・ロス・ジャズバンド」以下多数の短編映画を作ったロバート・フローリー氏が監督したもので出演者の中には米国最大のチャールズトン・ダンサーであるアン・ベニングストン嬢米国第一の喜劇女優として知られるファンニ・プライス嬢が加わっている。内容は最近日本にも追い追いに紹介されつつあるニューヨークの夜間倶楽部の華やかな歓楽境の裏と表とを推薦したものであって、あくまで客観的に題材を取り扱い、従来の劇映画とは全然趣を異にしている。すなわちこの映画に見るべきものは会話的な興味と不夜の歓楽境ナイトクラブの会話紹介と最近最部のジャズダンスの面白さにあって劇の筋は主要部分を占めるものではないといえる。

監督
ロバート・フローリー
出演キャスト
ミニー・デュプリー June Walker アン・ペニントン フランセス・ウィリアムス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
僕と世界の方程式
僕と世界の方程式

国際数学オリンピックで金メダルを目指す少年の姿を描く実話ベースの青春ストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > フランセス・ウィリアムス