映画-Movie Walker > 人物を探す > レオン・ジャニー

年代別 映画作品( 1930年 ~ 1969年 まで合計5映画作品)

1969年

まごころを君に

  • 1969年2月22日公開
  • 出演(Dr._Richard_Nemur 役)

ダニエル・キースのSF小説『アルジャーノンに花束を』を「夜の大捜査線」でアカデミー賞脚本賞を獲得したスターリング・シリファントが脚色、「野のユリ」「誇り高き戦場」のラルフ・ネルソンが製作・監督した。撮影は「マリアンの友だち」のアーサー・J・オーニッツ、音楽は「大地のうた」のラヴィ・シャンカールが担当している。出演は「コマンド戦略」のクリフ・ロバートソン、「寒い国から帰ったスパイ」のクレア・ブルーム、ブロードウェイ出身のレオン・ジャニー、「愚か者の船」のリリア・スカラ、ルース・ホワイト、エド・マックナリーなど。ビデオタイトル「アルジャーノンに花束を」。

監督
ラルフ・ネルソン
出演キャスト
クリフ・ロバートソン クレア・ブルーム レオン・ジャニー リリア・スカラ
1959年

第三独房 地獄の待合室

  • 1959年6月27日公開
  • 出演(Callahan 役)

「殺し屋ネルソン」のミッキー・ルーニーを主演にした、監房の暴動を描く作品。監督は新人ハワード・W・コッチ、脚本をミルトン・サボトスキーが担当している。撮影はジョセフ・ブラン。音楽はヴァン・アレクサンダー。出演するのは他にクリフォード・デイヴィッド、ハリー・ミラード、ジョン・マッカリー、フォード・レイニー、ジョン・セヴン、マイケル・コンスタンチン、ジョン・ヴァリ、ドナルド・バリー、フランク・オバートン、レオン・ジャニー、クリフトン・ジェームズ等。製作はマックス・J・ローゼンバーグとミルトン・ザボトスキー。

監督
ハワード・W・コッチ
出演キャスト
ミッキー・ルーニー クリフォード・デイヴィッド ハリー・ミラード ジョン・マッカリー
1931年

少年世界

  • 1931年公開
  • 出演(Bill_Emory 役)

アース・ターキントンの「老いたる父親と幼き息子」を映画化したもので、「これぞ天国」「巴里(1929)」のホープ・ロアリングが脚色して台詞をつけ、「殺人街」「高速度尖端娘」のウィリアム・ボーディンが監督、「禁酒天国」「恋の素顔」のアーサー・ミラーが撮影した。主役は「地獄の一丁目」に出演している子役レオン・ジャニーで、「ビッグ・ハウス」「不死鳥」のルイス・ストーンと「砂陣」「巴里見るべし」のアイリーン・リッチとが父母の役を勤め、その他ジョン・ハリデイ、ミッキー・ベネット、ロバート・ダンドリッジ、ガートルード・ハワード、バーサ・マンなどが助演している。

監督
ウィリアム・ボーディン
出演キャスト
レオン・ジャニー ルイス・ストーン アイリーン・リッチ ジョン・ハリデイ

少年時代(1931)

  • 1931年公開
  • 出演(Penrod 役)

「少年世界」と同じくレオン・ジャニー主演、ウィリアム・ボーディン監督になる映画である。原作はブース・ターキントンの小説で、それを「戦争」「摩天楼の巨人」のウォルデマー・ヤングが脚色した。助演者は「盗んだ結婚」「氷原の彼方」のジュニアー・コーラン、「導火線」のマット・ムーア、「王様ごっこ」のザス・ピッツ、マーガレット・マーキスその他でカメラは「法の外(1930)」「近代恋愛帖」のローイ・オヴァーボーが担任。

監督
ウィリアム・ボーディン
出演キャスト
レオン・ジャニー マット・ムーア ドロシー・ピーターソン Junior Goghlan
1930年

地獄の一丁目

  • 1930年公開
  • 出演(Jackie_Lamarr 役)

ローランド・ブラウンの小説をジョージ・ローズナーが脚色し台詞をつけ、「坊や」「流行の 児」のアーチー・L・メイヨが監督に当たり、チック・マッギルが撮影したものである。主演者は「西部戦線異状なし」「接吻」のルイス・エイヤースでチャールズ・ジューデルス「棘の園」のドロシー・マシューズ、レオン・ジャニー、「サンダーボルト(1929)」のロバート・エリオット、ジェームズ・キャグニーその他が助演している。

監督
アーチー・L・メイヨ
出演キャスト
ルイス・エイヤース チャールズ・ジューデルス ドロシー・マシューズ レオン・ジャニー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > レオン・ジャニー