映画-Movie Walker > 人物を探す > アンドリュー・マルトン

年代別 映画作品( 1927年 ~ 1967年 まで合計16映画作品)

1967年

野獣狩り カウボーイ・スタイル

  • 1967年9月19日公開
  • 監督、製作

「世界の七不思議」のアンドリュー・マートンが製作・監督にあたり、シナリオをアンディ・ホワイト、撮影はハリー・ギラム、音楽をマルコム・アーノルドが担当している。出演者には、「アカプルコの出来事」のヒュー・オブライエン、「クロスボー作戦」のジョン・ミルズ、他にナイジェル・グリーン、エイドリアン・コリーなど。

監督
アンドリュー・マルトン
出演キャスト
ヒュー・オブライエン ジョン・ミルズ ナイジェル・グリーン トム・ナルディーニ
1966年

空中スパイ野郎

  • 1966年11月5日公開
  • 監督

レオナード・カウフマンのストーリーを、アーニー・コーガンと「海底世界一周」のアート・アーサーが脚色、同じく「海底世界一周」のアンドリュー・マートンが監督したコメディ。撮影はハワード・ウィナー、音楽はサミュエル・マトロフスキー、特殊効果はハワード・アンダーソンが担当した。出演はTVのコメディアンで映画出演のスーピー・セールズ、「私はそんな女」のタブ・ハンター、「サイレンサー 沈黙部隊」のアーサー・オコンネルとビヴァリー・アダムスなど。製作総指揮がアイヴァン・トース、製作担当がスタンリー・コルバート。

監督
アンドリュー・マルトン
出演キャスト
スーピー・セールズ タブ・ハンター アーサー・オコンネル エドワード・アンドリュース

海底世界一周

  • 1966年5月7日公開
  • 監督、製作

脚本は「ライノ!」のアーサー・ワイスと「頑張れフリッパー」のアート・アーサーが共同で執筆。「史上最大の作戦」のアンドリュー・マートンが製作と監督を担当したSFもの。撮影はクリフォード・ポーランドで、特に海中シーンの撮影は「フリッパー」のラマー・ボーレンが当った。音楽は「マードックの拳銃」のハリー・サックマン。なお、特殊効果は、プロジェクト・アンリミテッド会社が受持った。出演者には「真昼の決闘」のロイド・ブリッジス、「007/ゴールドフィンガー」のシャーリー・イートン、「頑張れフリッパー」のブライアン・ケリー、「0011ナポレオン・ソロ」シリーズの人気者デイヴィッド・マッカラム、「グレート・レース」のキーナン・ウィン、「キリマンジャロの東」のマーシャル・トンプソン、「頭上の敵機」のゲイリー・メリル、「裏切り部隊」のジョージ柴田などである。

監督
アンドリュー・マルトン
出演キャスト
ロイド・ブリッジス シャーリー・イートン ブライアン・ケリー デイヴィッド・マッカラム
1965年

地球は壊滅する

  • 1965年4月21日公開
  • 監督

ジョン・マンチップ・ホワイトの原作を、彼とジュリアン・ヘルヴィが共同脚色、「大突撃」のアンドリュー・マートンが監督した空想科学映画。撮影はマニュエル・ベレングアー、音楽はジョニー・ダグラスが担当した。出演は「サタンバグ」のダナ・アンドリュース、「悪魔の弟子」のジャネット・スコット、「大突撃」のキーロン・ムーアなど。製作はバーナード・グラッサーとレスター・A・サンソム。

監督
アンドリュー・マルトン
出演キャスト
ダナ・アンドリュース ジャネット・スコット キーロン・ムーア アレクサンダー・ノックス
1964年

大突撃

  • 1964年10月31日公開
  • 監督

「地上より永遠に」のジェームズ・ジョーンズが自分の体験を書いた「赤い細い線」を「北京の55日」のバーナード・ゴードンが脚色、「史上最大の作戦」の戦争場面を担当したアンドリュー・マートンが演出した戦争ドラマ。撮影はマニュエル・ベレングアー、音楽は「戦場にかける橋」のマルコム・アーノルドが担当した。製作はシドニー・ハーモン。出演はキア・デュリア、「ドノバン珊瑚礁」のジャック・ウォーデン、TVのジェームズ・フィルブルック、レイ・ダレイほか。

監督
アンドリュー・マルトン
出演キャスト
ケア・ダレー ジャック・ウォーデン ジェームズ・フィルブルック レイ・ダレイ
1962年

史上最大の作戦

  • 1962年12月15日公開
  • 監督

第二次大戦において連合軍側に徹底的勝利のチャンスを与えたノルマンディの攻防戦を描いたコーネリアス・ライアンのベスト・セラーを映画化した戦争スペクタクル。脚色はアメリカから「地上より永遠に」の原作者ジェームズ・ジョーンズとフランス「自由の大地」のロマン・ギャリー、デイヴィッド・パーセル、ジャック・セッドンがあたっている。監督は4人でうけもち、「橋」のベルンハルト・ビッキイが守備側のドラマ・シーンを「ベン・ハー(1959)」の戦車競走シーンを撮ったアンドリュー・マートンが攻撃側のスペクタクル・シーンを、「謎の要人悠々逃亡!」のケン・アナキンが攻撃側のドラマ・シーンを、「真昼の決闘」の編集者エルモ・ウィリアムスがそれぞれ演出している。撮影はジャン・ブールゴアン、ヘンリー・パージン、ウォルター・ウォティッツの3人が担当し、ノルマンジーの現場で6カ月間ロケを行った。「自由の大地」のダリル・F・ザナックの製作になるものである。音楽は「ワルソー・ゲットー」のモーリス・ジャール、主題歌をポール・アンカが作曲している。出演者はアメリカからジョン・ウェイン、ヘンリー・フォンダ、ロバート・ミッチャム、メル・ファーラー、スチュアート・ホイットマン、ロバート・ライアン、ジェフリー・ハンター、リチャード・ベイマー、エドモンド・オブライエン、ロバート・ワグナー、トミー・サンズ、ポール・アンカ、フェビアン、トム・トライオン、サル・ミネオ、レッド・バトンズ、エディ・アルバート、スティーヴ・フォレスト、レイ・ダントン。イギリスからケネス・モア、リチャード・バートン、リチャード・トッド、ピーター・ローフォード、レオ・ゲン、ロン・ランゲル、ショーン・コネリー、フランス側からはジャン・ルイ・バロー、マドレーヌ・ルノー、クリスチャン・マルカン、フランソワーズ・ロゼエ、アルレッティ、ブールヴィル、それにザナックに発見されてこの映画でデビューするイリナ・デミック。ドイツからはクルト・ユルゲンス、ウェルナー・ハインツ、ピーター・ヴァン・アイクなどが参加している。

監督
ケン・アナキン アンドリュー・マルトン ベルンハルト・ヴィッキ
出演キャスト
ジョン・ウェイン ロバート・ミッチャム ヘンリー・フォンダ ロバート・ライアン
1960年

ベン・ハー(1959)

  • 1960年4月1日公開
  • 第二班監督

ルー・ウォレス将軍のベスト・セラー小説をカール・タンバークが脚色したスペクタクル・ドラマ。監督は「大いなる西部」のウィリアム・ワイラー、撮影はロバート・サーティース、音楽をミクロス・ローザが担当。出演は「メリーディア号の難破」のチャールトン・ヘストン、「大都会の女たち」のスティーブン・ボイド、ほかに、ジャック・ホーキンス、ハイヤ・ハラリート、サム・ジャッフェ、マーサ・スコットら。

監督
ウィリアム・ワイラー
出演キャスト
チャールトン・ヘストン ジャック・ホーキンス スティーブン・ボイド ハヤ・ハラリート
1955年

緑の火 エメラルド

  • 1955年5月25日公開
  • 監督

「アパッチ族の最後」のアーマンド・ドゥイッチが1955年に製作した南米を舞台とする冒険映画。「壮烈カイバー銃隊」のコンビ、アイヴァン・ゴッフとベン・ロバーツが書いた脚本から「第八ジェット戦闘機隊」のアンドリュー・マートンが監督した。イーストマンカラー色彩の撮影は「皇太子の初恋」のポール・C・ヴォーゲル、音楽は「王家の谷」のミクロス・ローザ。出演者は「兄弟はみな勇敢だった」のスチュワート・グレンジャー、「喝采」のグレイス・ケリー、「女性よ永遠に」のポール・ダグラス、「日本人の勲章」のジョン・エリクソン、「帰らざる河」のマーヴィン・ヴァイ、ロバート・タファなど。

監督
アンドリュー・マルトン
出演キャスト
スチュワート・グレンジャー グレイス・ケリー ポール・ダグラス ジョン・エリクソン

第八ジェット戦闘機隊

  • 1955年1月3日公開
  • 監督

サタデイ・イヴニング・ポスト誌に掲載された2つのストーリー 、「楽園に帰る(1953)」のジェームズ・A・ミッチェナーの「朝鮮の忘れられた英雄たち」とハリー・A・バーンズ中佐の「盲目パイロット事件」から「赤い唇」のアンドリュー・マートンが監督した戦記映画である。脚色は「罠(1949)」のアート・コーン、ヘンリー・バーマン製作の1954年作品。撮影は「兄弟はみな勇敢だった」のジョージ・フォルシー、音楽は「アスファルト・ジャングル」のミクロス・ローザである。出演者は「二世部隊」のヴァン・ジョンソン、「フォーサイト家の女」のウォルター・ピジョン、「アスファルト・ジャングル」のルイス・カルハーン、「果てしなき蒼空」のデューウィ・マーティン、キーナン・ウィン、フランク・ラヴジョイなど。

監督
アンドリュー・マルトン
出演キャスト
ヴァン・ジョンソン ウォルター・ピジョン ルイス・カルハーン デューイ・マーティン
1953年

赤い唇(1952)

  • 1953年8月21日公開
  • 監督

「スケルトンの運ちゃん武勇伝」のリチャード・ゴールドストーンが製作し、「北の狼」のアンドリュー・マートンが監督にあたった1952年作品で、ドイツとオーストリアに現地ロケしたもの。ローレンス・バックマンのストーリーをジェリー・デイヴィスが脚色した。撮影は「罪ある女」のファクラフ・フィッヒ、音楽は「アパッチ族の最後」のルドルフ・G・コップの担当。主演は「雨に唄えば」のジーン・ケリーと「三つの恋の物語」のピア・アンジェリで、リチャード・ロバー、リチャード・イーガン、クラウス・クラウセン、ウィルフリード・セイファースらが助演する。なお、米国における発売はMGM社である。

監督
アンドリュー・マルトン
出演キャスト
ジーン・ケリー ピア・アンジェリ リチャード・ロバー リチャード・イーガン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アンドリュー・マルトン