映画-Movie Walker > 人物を探す > ゴードン・ジャクソン

年代別 映画作品( 1948年 ~ 1978年 まで合計18映画作品)

1978年

黄金のランデブー

  • 1978年1月28日(土)公開
  • 出演(Dr. Marston 役)

嵐の吹きすさぶカリブ海の真っ只中で、超豪華客船に起った事件で描く海洋冒険映画。製作はアンドレ・ピーターセ、監督はアシュレイ・ラザラス、脚本はスタンリー・プライス、原作はアリステア・マクリーンの「黄金のランデヴー」(早川書房刊)、撮影はケネス・ヒギンズ、音楽はジョフ・ウェインが各々担当。出演はリチャード・ハリス、アン・ターケル、デイヴィッド・ジャンセン、バージス・メレディス、ジョン・ヴァーノン、ドロシー・マローン、ゴードン・ジャクソン、リー・ロンソン、ロバート・ビーティなど。

監督
アシュレイ・ラザラス
出演キャスト
リチャード・ハリス アン・ターケル デイヴィッド・ジャンセン バージェス・メレディス
1969年

ミス・ブロディの青春

  • 1969年11月26日(水)公開
  • 出演(Gordon Lowther 役)

イギリスの女流作家ミリュエル・スパークの同名小説を、ジェイ・プレッソン・アレンが、まず舞台劇にし、それをさらに映画用に脚色した。監督は「泥棒貴族」のロナルド・ニーム。撮影はテッド・ムーア、音楽は「ジョアンナ」のロッド・マッキンが担当した。出演は「三人の女性への招待状」のマギー・スミス、彼女の夫君で舞台世身のロバート・スティーブンス、「華麗なる悪」のパメラ・フランクリンほか。製作はロバート・フライヤー。

監督
ロナルド・ニーム
出演キャスト
マギー・スミス ロバート・スティーブンス パメラ・フランクリン ゴードン・ジャクソン

野にかける白い馬のように

  • 1969年7月公開
  • 出演(James 役)

デイヴィッド・ルックの脚本をテレビ出身のリチャード・C・サラフィアンが監督した。撮影はウィルキー・クーパー、音楽はデイヴィッド・ウィティカーが担当。出演は「ふたりだけの窓」のジョン・ミルズ、「オリバー!」のマーク・レスター、ほかにシルビア・シムズ、フィオナ・フラートンなど。製作はジョン・ダニチュースキー、総製作はアンドリュー・ドナリー。

監督
リチャード・C・サラフィアン
出演キャスト
ジョン・ミルズ シルヴィア・シムズ マーク・レスター ゴードン・ジャクソン
1968年

謀略ルート

  • 1968年4月13日(土)公開
  • 出演(Brain Stern 役)

アンドリュー・ヨークの原作小説をミード・ロバーツが脚色、「妖婆の家」のセス・ホルトが監督したスパイ・アクション。撮影はハリー・ワックスマン、作曲をジョン・メイヤー、音楽監督をフィリップ・マーテルが担当している。出演は「キッスは殺しのサイン」のリチャード・ジョンソン、「太陽の爪あと」のキャロル・リンレイ、「消されたスパイ」のバーバラ・ブーシェ、「クロスボー作戦」のシルヴィア・シムズ、ディアナ・ドース、ハリー・アンドリュース、サム・ワナメーカーなど。

監督
セス・ホルト
出演キャスト
リチャード・ジョンソン キャロル・リンレイ バーバラ・ブーシェ シルヴィア・シムズ
1967年

反逆の戦士

  • 1967年12月1日(金)公開
  • 出演(Henri_O'Neil 役)

ロバート・T・レイリーの冒険小説『ドネゴール王子、レッド・ヒュー』から、「まぼろし密輸団」のロバート・ウェスタービーが脚色、マイケル・オハーリーが監督した。撮影は「伯爵夫人」のアーサー・イベットソン、音楽を「猛犬ご注意」のジョージ・ブランスが担当した。出演者は、「獲物の分け前」のピーター・マッケナリー、「トマシーナの三つの生命」のスーザン・ハンプシャー、「殺しの免許証」のトム・アダムス、「戦艦バウンティ」のゴードン・ジャクソン、「ロード・ジム」のアンドリュー・キアーなど。製作はビル・アンダーソン。

監督
マイケル・オハーリー
出演キャスト
ピーター・マッケナリー スーザン・ハンプシャー ゴードン・ジャクソン トム・アダムス

将軍たちの夜

  • 1967年5月27日(土)公開
  • 出演(Engel 役)

ハンス・ヘルムート・カーストの原作をジョセフ・ケッセルとポール・デーンが共同で脚色、「真夜中へ五哩」のアナトール・リトヴァクが監督した戦時下のミステリー。撮影は「ビバ!マリア」のアンリ・ドカエ、音楽はモーリス・ジャールが担当。出演は「おしゃれ泥棒」のピーター・オトゥール、「ドクトル・ジバゴ」のオマー・シャリフとトム・コートネイ、「ミクロの決死圏」のドナルド・プレザンス、「グループ」のジョアンナ・ペティット、イギリスのTV俳優チャールズ・グレイほか。製作は「逃亡地帯」のサム・スピーゲル。

監督
アナトール・リトヴァク
出演キャスト
ピーター・オトゥール オマー・シャリフ トム・コートネイ ドナルド・プレゼンス
1965年

国際諜報局

  • 1965年10月23日(土)公開
  • 出演(Carswell 役)

レイ・デイトンの原作をビル・キャナウェイとジェームズ・ドーレンが共同で脚色、「若さでぶつかれ!」のシドニー・J・フューリーが監督したスパイ・サスペンス。撮影はオットー・ヘラー、音楽はジョン・バリーが担当した。出演は「ズール戦争」のマイケル・ケイン、同じくナイジェル・グリーン、ガイ・ドールマン、スー・ロイド、ゴードン・ジャクソンほか。製作は「007」シリーズのハリー・サルツマン。テクニカラー・テクニスコープ。

監督
シドニー・J・フューリー
出演キャスト
マイケル・ケイン ナイジェル・グリーン ガイ・ドールマン スー・ロイド
1963年

大脱走

  • 1963年8月3日(土)公開
  • 出演(Macdonald._Inteligence 役)

第二次大戦中、ドイツの第3捕虜収容所に収容された連合軍将校たちが大脱走を敢行した史実を基にした脱走劇。スティーブ・マックィーンやジェームズ・ガーナーなど、数々の名優たちによる演技合戦が見もの。2004年にニュープリントでリバイバル公開。

監督
ジョン・スタージェス
出演キャスト
スティーヴ・マックイーン ジェームズ・ガーナー リチャード・アッテンボロー ジェームズ・ドナルド
1962年

戦艦バウンティ

  • 1962年12月22日(土)公開
  • 出演(Edward Birkett 役)

世界の海洋史上に最も有名な反乱事件を描くスペクタクルもの。海洋冒険作家チームのチャールズ・ノードッフとジェームズ・ノーマン・ホールの3部作に基いて「死の接吻(1947)」のチャールズ・レデラーが脚本を書き、「オーシャンと十一人の仲間」のルイス・マイルストーンが監督した。撮影は「ベン・ハー(1959)」のロバート・サーティースで、タヒチ島及び周辺の島々で約1年間のロケを行った。音楽は「リリー」のブロニスロー・ケイパー、製作は「ウィンチェスター銃'73」のアーロン・ローゼンバーグである。出演者は「片眼のジャック」のマーロン・ブランド、「息子と恋人」のトレヴァー・ハワード、舞台俳優のリチャード・ハリス、ポリネシア人の踊子タリタ、「ベン・ハー(1959)」のヒュー・グリフィスなど。

監督
ルイス・マイルストーン
出演キャスト
マーロン・ブランド トレヴァー・ハワード リチャード・ハリス ヒュー・グリフィス
1960年

狙われた男(1960)

  • 1960年6月21日(火)公開
  • 出演(Sergeant 役)

英国の推理小説家リー・ハワードの『死の逢引』の映画化。脚色はベン・バーズマンとミラード・ランペル。ハリウッドで「対決の町」などを作って英国へ去ったジョゼフ・ロージーが監督した。撮影はクリストファー・チャリス、音楽はリチャード・ベネット。出演は「ひと夏の情事」のミシュリーヌ・プレール、「ジャングルの裸女」のハーディ・クリューガーのほか、スタンリー・ベイカー、ジョン・ヴァン・アイセンら。製作デイヴィッド・ドイッチェ。

監督
ジョセフ・ロージー
出演キャスト
ハーディ・クリューガー スタンリー・ベイカー ミシュリーヌ・プレール ジョン・ヴァン・アイセン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ゴードン・ジャクソン