映画-Movie Walker > 人物を探す > ピエール・モンディ

年代別 映画作品( 1957年 ~ 1967年 まで合計15映画作品)

1967年

脱走部隊0013匹

  • 1967年7月4日(火)公開
  • 出演(Massenet 役)

ガストン・ジャン・ゴーチェの小説を「虐殺の橋」のクロード・アキュルシンとルネ・アルディと「虐殺の橋」の監督クロード・ベルナール・オーベルが共同で脚色し、ベルナール・オーベルが監督した戦争アクション。撮影は「リオの嵐」のマルセル・グリニョン、音楽は「盗みのテクニック」のジョルジュ・ガルヴァランツが担当。出演は「地獄の決死隊」のシャルル・アズナヴール、「皆殺しのバラード」のダニエル・チェカルディ、ミシェル・ガラブリュ、ピエール・モンディ、マリア・ミンほか。製作はジョルジュ・シャロ。イーストマンカラー、テクニスコープ。

監督
クロード・ベルナール・オーベル
出演キャスト
シャルル・アズナヴール ミシェル・ガラブリュ フランコ・ファブリッツィ ピエール・モンディ

将軍たちの夜

  • 1967年5月27日(土)公開
  • 出演(Kopatzki 役)

ハンス・ヘルムート・カーストの原作をジョセフ・ケッセルとポール・デーンが共同で脚色、「真夜中へ五哩」のアナトール・リトヴァクが監督した戦時下のミステリー。撮影は「ビバ!マリア」のアンリ・ドカエ、音楽はモーリス・ジャールが担当。出演は「おしゃれ泥棒」のピーター・オトゥール、「ドクトル・ジバゴ」のオマー・シャリフとトム・コートネイ、「ミクロの決死圏」のドナルド・プレザンス、「グループ」のジョアンナ・ペティット、イギリスのTV俳優チャールズ・グレイほか。製作は「逃亡地帯」のサム・スピーゲル。

監督
アナトール・リトヴァク
出演キャスト
ピーター・オトゥール オマー・シャリフ トム・コートネイ ドナルド・プレゼンス
1966年

ダイヤモンドに手を出すな

  • 1966年10月18日(火)公開
  • 出演(Robert 役)

パスカル・ジャルダンの脚本を短篇映画から長篇に転じたシャルル・ジェラールが監督したアクション・ドラマ。撮影はクロード・ロバン、音楽は国際的人気歌手ペトゥラ・クラークが担当。出演は「ダンケルク」のピエール・モンディ、「フランス式十戒」のフランソワーズ・アルヌール、「シベールの日曜日」のダニエル・イヴェルネルほか。

監督
シャルル・ジェラール
出演キャスト
ピエール・モンディ フランソワーズ・アルヌール ダニエル・イヴェルネル マルセル・ダリオ
1965年

ダンケルク(1964)

  • 1965年1月15日(金)公開
  • 出演(Dhery 役)

ロベール・メルルの小説『ズイドコートの週末』を「わんぱく戦争」のフランソワ・ボワイエが脚色、「太陽の下の10万ドル」のアンリ・ヴェルヌイユが演出した戦争映画。撮影は「輪舞(1964)」のアンリ・ドカエ、音楽は「大列車作戦」のモーリス・ジャールが担当した。出演は「太陽の下の10万ドル」のジャン・ポール・ベルモンド、「フランス女性と恋愛」のフランソワ・ペリエ、舞台俳優ジャン・ピエール・マリエル、「わんぱく旋風」のピエール・モンディ、「輪舞(1964)」のカトリーヌ・スパークなど。製作はロベール・アキムとレイモン・アキム。

監督
アンリ・ヴェルヌイユ
出演キャスト
ジャン・ポール・ベルモンド カトリーヌ・スパーク フランソワ・ペリエ ジャン・ピエール・マリエル
1964年

明日に太陽を

  • 1964年11月公開
  • 出演(Pierre 役)

エリオ・ビトリーニの小説から「河は呼んでる」の監督フランソワ・ヴィリエと「家なき子」の脚色者レモ・フォルラーニが翻案し、ファビオ・カルピとネロ・リージが協同脚色、ヴィリエが監督した肉親愛ドラマ。撮影は「河は呼んでる」のポール・スリニャック。音楽は「大盗賊」のジョルジュ・ドルリューが担当した。出演者は「フランス女性と恋愛」のピエール・モンディ、「生きる歓び」のディディ・ペレゴ、子役のマリエット、「妖姫クレオパトラ」のジョルジョ・アルディソン、ジャン・ピエール・ムーラン、マリー・デュボアなど。一九六二年のフランス・シネマ大賞をとっている。

監督
フランソワ・ヴィリエ
出演キャスト
ピエール・モンディ マリエット ディディ・ペレゴ ジョルジョ・アルディソン

わんぱく旋風

  • 1964年3月7日(土)公開
  • 出演(Parmelin 役)

「わんぱく戦争」のイヴ・ロベールが製作・監督・脚色した児童ドラマ。原作・脚色のフランソワ・ボワイエ、撮影のアンドレ・バックらは共に「わんぱく戦争」のメンバー。音楽はフィリップ・ジェラール。出演者は「わんぱく戦争」のプチ・ジュビス、ジャン・リシャール、「ギャンブルの王様」のブランシェット・ブリュノワ、「艶ほくろ」のピエール・モンディ、他にジャック・イジュラン、ミシェル・セロー、ジャン・ルフェーブルなど。監督のロベールも顔を出す。

監督
イヴ・ロベール
出演キャスト
プチ・ジュビス ブランシェット・ブリュノワ ピエール・モンディ ジャン・リシャール
1962年

巌窟王(1962)

  • 1962年9月1日(土)公開
  • 出演(Caderousse 役)

おなじみアレクサンドル・デュマ原作の映画化。「快傑キャピタン」のジャン・アランが脚色、「青い牝馬」のコンビ、クロード・オータン・ララが監督、ジャック・ナトーが撮影。音楽は「肉体の悪魔(1947)」のルネ・クロエレック。出演は「カンカン」のルイ・ジュールダンに「甘い生活」のイヴォンヌ・フルノー、ほかにピエール・モンディ、ジャン・クロード・ミシェルなど。製作はジャン・ジャック・ヴィタル、ルネ・モディアノ。イーストマンカラー・ディアリスコープ。

監督
クロード・オータン・ララ
出演キャスト
ルイ・ジュールダン イヴォンヌ・フルノー ピエール・モンディ フランコ・シルヴァ
1961年

艶ほくろ

  • 1961年3月18日(土)公開
  • 出演(Antoine Fiesco 役)

アラン・ムーリィの原作をアンリ・ジャンソンと「青い女馬」のジャン・オーランシュが共同で脚色し、「フランス女性と恋愛」(姦通)のアンリ・ヴェルヌイユが監督したロマンチック・コメディ。撮影は「フランス女性と恋愛」のロベール・ルフェーヴル、音楽をマルシャル・ソラルが担当。出演は「ひと夏の情事」のパスカル・プティ、「全部が獣だ」のロジェ・アナン、「フランス女性と恋愛」のピエール・モンディら。製作クリスチーヌ・グーズ・レナル。

監督
アンリ・ヴェルヌイユ
出演キャスト
パスカル・プティ ロジェ・アナン ピエール・モンディ

並木道

  • 1961年3月11日(土)公開
  • 出演(Dicky 役)

「自殺への契約書」のジュリアン・デュヴィヴィエが監督した、思春期の少年の目を通してパリの庶民を描いたドラマ。ロベール・サバチエの原作をデュヴィヴィエとルネ・バルジャヴェルが共同で脚色した。撮影は「ナポレオーン」のロジェ・ドルモワ、音楽をジャン・ヤトヴが担当。出演は「大人は判ってくれない」のジャン・ピエール・レオー、「甘い生活」のマガリ・ノエル、「艶ほくろ」のピエール・モンディ、ジャック・デュビーら。製作リュシアン・ビアール。

監督
ジュリアン・デュヴィヴィエ
出演キャスト
ジャン・ピエール・レオ モニーク・ブリエンヌ マガリ・ノエル ピエール・モンディ
1960年

フランス女性と恋愛

  • 1960年11月17日(木)公開
  • 出演(La Pere 役)

フランス女性と愛についてのオムニバス映画。第一話から第七話までの監督は、アンリ・ドコアン、ジャン・ドラノワ、ミシェル・ボワロン、ルネ・クレール、アンリ・ヴェルヌイユ、クリスチャン・ジャック、ジャン・ポール・ル・シャノワである。撮影はロベール・ルフェーヴルが一貫して担当。出演はダニー・ロバン、マルティーヌ・キャロル、フランソワ・ペリエら。製作監督ユーゴー・ベネデク。

監督
アンリ・ドコアン ジャン・ドラノワ ミシェル・ボワロン ルネ・クレール
出演キャスト
ダリー・カウル Pierre Jean Vaillard ノエル・ロックヴェール ジャクリーヌ・ポレル
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ピエール・モンディ