映画-Movie Walker > 人物を探す > ジェフリー・ハンター

年代別 映画作品( 1955年 ~ 1968年 まで合計23映画作品)

1968年

カスター将軍

  • 1968年2月24日公開
  • 出演(Lieut._Benteen 役)

バーナード・ゴードンとジュリアン・ヘルヴィの脚本をドイツ生れのベテラン、ロバート・シオドマクが監督した西部劇。撮影はセシリオ・パニアガ、音楽はスペインの新人ベルナルド・セガールが担当した。出演は「わが命つきるとも」のロバート・ショウ、「息子と恋人」のメアリー・ユーア、「特攻大作戦」のロバート・ライアン、のほかタイ・ハーディン、ジェフリー・ハンター、キーロン・ムーアなど。製作は「バルジ大作戦」のフィリップ・ヨーダン。

監督
ロバート・シオドマク
出演キャスト
ロバート・ショウ メアリー・ユーア ジェフリー・ハンター ロバート・ライアン
1966年

荒野の群盗

  • 1966年3月8日公開
  • 出演(Joaquin_Murieta 役)

伝説的な反逆児ムリエタの史実からジェームズ・オハンロンがシナリオを書き、「ズール戦争」のジョージ・シャーマンが監督した西部劇。撮影はミグエル・F・ミラ、音楽はパコ・ミッチェルが担当した。出演は「キング・オブ・キングス(1961)」のジェフリー・ハンター、「エルマー・ガントリー 魅せられた男」のアーサー・ケネディのほか、ダイアナ・ロリース、ロベルト・カマーディエル、サラ・レザナなど。製作はホセ・サインツ・デ・ヴィクナ。

監督
ジョージ・シャーマン
出演キャスト
ジェフリー・ハンター アーサー・ケネディ ダイアナ・ロリース サラ・レサナ
1965年

テキサス保安官

  • 1965年6月4日公開
  • 出演(Higgins 役)

ディーン・ライズナー、マイケル・ザゴの脚本を、ウィリアム・コンラッドが監督した西部劇。撮影はバート・グレノン、音楽はデイヴィッド・バトルフが担当した。出演は「キング・オブ・キングス(1961)」のジェフリー・ハンター、「シャレード」のジェームズ・コバーン、プレストン・フォスターなど。製作はマイケル・マシェコフ。

監督
ウィリアム・コンラッド
出演キャスト
ジェフリー・ハンター プレストン・フォスター ジェームズ・コバーン ジョアンナ・ムーア
1964年

シーザーの黄金

  • 1964年4月19日公開
  • 出演(Lacer 役)

フローレンス・A・シューアードの同名小説を、アーノルド・パールが脚色、「蒙古の嵐」のアンドレ・ド・トスが演出したアクション・ドラマ。撮影は「アリゾナの女海賊」のラファエル・マシオッチ、音楽は「海賊魂」のフランコ・マンニーノが担当した。出演は「キング・オブ・キングス」のジェフリー・ハンター、「女は夜の匂い」のミレーヌ・ドモンジョ、「渚のデイト」のロン・ランデル、「潜水艦浮上せず」のマッシモ・ジロッティ、他にジュリオ・ボセッティ、エットレ・マンニ、フリオ・メニコーニなど。イーストマンカラー・メトロスコープ。

監督
アンドレ・ド・トス
出演キャスト
ジェフリー・ハンター ミレーヌ・ドモンジョ ロン・ランデル マッシモ・ジロッティ

七匹の無法者

  • 1964年1月25日公開
  • 出演(Owen 役)

「カンサス大平原」のダニエル・B・ウルマンの実録をもとにしたシナリオを、TV「ローハイド」のチャールズ・マーキス・ウォーレンが演出した西部劇。撮影は「荒野の無頼漢」のエルスワース・フレデリックス、音楽はカール・ブラントが担当した。製作は「荒野の無頼漢」のヴィンセント・M・フェネリー。出演は「バファロー大隊」のジェフリー・ハンター、「十戒(1957)」のデブラ・パジェット、TV「ドクター・キルデア」のレイモンド・マッシー、「ララミー牧場」のジョン・スミスなど。

監督
チャールズ・マーキス・ウォーレン
出演キャスト
レイモンド・マッセイ デブラ・パジェット ジェフリー・ハンター ラリー・ペネル
1962年

史上最大の作戦

  • 1962年12月15日公開
  • 出演(Sergeant_Fuller 役)

第二次大戦において連合軍側に徹底的勝利のチャンスを与えたノルマンディの攻防戦を描いたコーネリアス・ライアンのベスト・セラーを映画化した戦争スペクタクル。脚色はアメリカから「地上より永遠に」の原作者ジェームズ・ジョーンズとフランス「自由の大地」のロマン・ギャリー、デイヴィッド・パーセル、ジャック・セッドンがあたっている。監督は4人でうけもち、「橋」のベルンハルト・ビッキイが守備側のドラマ・シーンを「ベン・ハー(1959)」の戦車競走シーンを撮ったアンドリュー・マートンが攻撃側のスペクタクル・シーンを、「謎の要人悠々逃亡!」のケン・アナキンが攻撃側のドラマ・シーンを、「真昼の決闘」の編集者エルモ・ウィリアムスがそれぞれ演出している。撮影はジャン・ブールゴアン、ヘンリー・パージン、ウォルター・ウォティッツの3人が担当し、ノルマンジーの現場で6カ月間ロケを行った。「自由の大地」のダリル・F・ザナックの製作になるものである。音楽は「ワルソー・ゲットー」のモーリス・ジャール、主題歌をポール・アンカが作曲している。出演者はアメリカからジョン・ウェイン、ヘンリー・フォンダ、ロバート・ミッチャム、メル・ファーラー、スチュアート・ホイットマン、ロバート・ライアン、ジェフリー・ハンター、リチャード・ベイマー、エドモンド・オブライエン、ロバート・ワグナー、トミー・サンズ、ポール・アンカ、フェビアン、トム・トライオン、サル・ミネオ、レッド・バトンズ、エディ・アルバート、スティーヴ・フォレスト、レイ・ダントン。イギリスからケネス・モア、リチャード・バートン、リチャード・トッド、ピーター・ローフォード、レオ・ゲン、ロン・ランゲル、ショーン・コネリー、フランス側からはジャン・ルイ・バロー、マドレーヌ・ルノー、クリスチャン・マルカン、フランソワーズ・ロゼエ、アルレッティ、ブールヴィル、それにザナックに発見されてこの映画でデビューするイリナ・デミック。ドイツからはクルト・ユルゲンス、ウェルナー・ハインツ、ピーター・ヴァン・アイクなどが参加している。

監督
ケン・アナキン アンドリュー・マルトン ベルンハルト・ヴィッキ
出演キャスト
ジョン・ウェイン ロバート・ミッチャム ヘンリー・フォンダ ロバート・ライアン

最後の一人

  • 1962年12月11日公開
  • 出演(George_R._Tweed 役)

太平洋戦争で日本軍の占領下にあったグァム島に3年間1人で潜行し、脱出に成功した実話を映画化したロビンソン・クルーソーの現代版ともいえる戦記もの。脚本・監督・製作はジョン・モンクス・ジュニアとリチャード・ゴールドストーンが共同であたり、カール・カイザーが撮影を担当している。出演者は「フロッグメン」のジェフリー・ハンター、「地獄の戦線」のマーシャル・トンプソン、ロナルド・レミー、それにこの映画でアメリカ映画にデビューするバーバーラ・ペレスなど。

監督
ジョン・モンクス・ジュニア リチャード・ゴールドストーン
出演キャスト
ジェフリー・ハンター マーシャル・トンプソン バーバラ・ペレス ロナルド・レミー

フロッグメン

  • 1962年7月7日公開
  • 出演(Creighton 役)

オスカー・ミラードの原作をジョン・タッカー・バトルが脚色し、「太平洋の翼」「前科者」のロイド・ベーコンが監督した戦争映画。撮影は「センチメンタル・ジャーニー」のノーバート・ブロダイン、音楽は「恋をしましょう(1960)」のライオネル・ニューマンが担当。出演者は、「アラモ」のリチャード・ウィドマーク、「巨象の道」のダナ・アンドリュースの他、ゲイリー・メリル、ジェフリー・ハンター、ロバート・ワグナーなど。

監督
ロイド・ベーコン
出演キャスト
リチャード・ウィドマーク ダナ・アンドリュース ゲイリー・メリル ジェフリー・ハンター

男の罠

  • 1962年4月3日公開
  • 出演(Matt_Jameson 役)

ジョン・D・マクドナルドの「暴漢の汚点」をエド・ウォータースが脚色。俳優エドモンド・オブライエンの監督第1作で、撮影は「G・I・ブルース」のロイヤル・グリグスが担当。出演は、新人ステラ・スティーヴンス、「キング・オブ・キングス(1961)」のジェフリー・ハンター、「でっかい札束」のデイヴィッド・ジャンセンなど。

監督
エドモンド・オブライエン
出演キャスト
ジェフリー・ハンター デイヴィッド・ジャンセン ステラ・スティーヴンス エレーン・デヴリー
1961年

キング・オブ・キングス(1961)

  • 1961年12月15日公開
  • 出演(Christ 役)

「真昼の欲情」のフィリップ・ヨーダンのオリジナルシナリオを「バレン」のニコラス・レイが監督したキリストの生涯を描く歴史劇。撮影はフランツ・プラナーとミルトン・クラスナーの協同で、音楽はミクロス・ローザの担当。出演者はジェフリー・ハンター、ロバート・ライアン、ブリジッド・バズレンなど。製作はサミュエル・ブロンストン。

監督
ニコラス・レイ
出演キャスト
ジェフリー・ハンター シオバーン・マッケンナ ロバート・ライアン ハリー・ガーディノ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジェフリー・ハンター