映画-Movie Walker > 人物を探す > ヴァージニア・リース

年代別 映画作品( 1955年 ~ 2013年 まで合計7映画作品)

2013年

死なない頭脳

  • 2013年10月26日(土)公開
  • 出演

事故により生首だけになってしまったフィアンセの胴体を探し出そうと奮闘する男を描くSFホラー。監督はジョセフ・グリーン。出演はハーブ・エヴァース、ヴァージニア・リース、レスリー・ダニエルズほか。2013年10月12日より、東京・シネマヴェーラ渋谷にて開催された「エドガー・G・ウルマーとゆかいな仲間たち」にてデジタル上映。

監督
ジョセフ・グリーン
出演キャスト
ハーブ・エヴァース ヴァージニア・リース レスリー・ダニエルズ アデール・ラモント

恐怖と欲望

  • 2013年5月3日(金)公開
  • 出演(女 役)

巨匠スタンリー・キューブリックが、一般的にデビュー作と言われる『非情の罠』以前に製作するも、その出来に不満を抱き、プリントを買い占め、自らの手によって封印してしまった幻のデビュー作である戦争ドラマ。戦場に取り残された4人の兵隊たちが極限状態に陥り、精神を崩壊させていく姿が描かれる。

監督
スタンリー・キューブリック
出演キャスト
ケニス・ハープ フランク・シルヴェラ ポール・マザースキー スティーヴ・コルト
1978年

ファースト・ラブ(1978)

  • 1978年7月1日(土)公開
  • 出演(Ann 役)

ニューイングランドの大学のキャンパスを舞台に、男女の青春をつづった初恋物語。製作は「卒業」のローレンス・ターマンとデビッド・フォスター、監督はジョーン・ダーリング。ハロルド・ブロッドキーの原作をジェーン・スタントン・ヒッチコックとデビッド・フリーマンが脚色。撮影はボビー・バーン、音楽監修はジョエル・シル、挿入歌はキャット・スチーブンスとポール・ウィリアムスが各々担当。出演は「キャリー」のウィリアム・カット、スーザン・デイ、ジョン・ハート、ビヴァリー・ダンジェロ、ロバート・ロッジア、ジューン・バレット、ヴァージニア・リースなど。

監督
ジョーン・ダーリング
出演キャスト
ウィリアム・カット スーザン・デイ ジョン・ハード ビヴァリー・ダンジェロ
1960年

赤い崖

  • 1960年2月21日公開
  • 出演(Ellen_Kingship 役)

推理小説家アイラ・レヴィンの原作をローレンス・ロマンが脚色し、ゲルト・オズワルドが監督したスリラー・ドラマ。撮影はルシエン・バラード、音楽をライオネル・ニューマンがそれぞれ担当。出演は「ひとこと云って」のロバート・ワグナー、「悶え」のジョアン・ウッドワード、「大戦争」のジェフリー・ハンター、他にヴァージニア・リース、ロバート・クオリー、ハワード・ペトリック等。製作ロバート・L・ジャックス。

監督
ゲルト・オスワルド
出演キャスト
ロバート・ワグナー ジョアン・ウッドワード ヴァージニア・リース ジェフリー・ハンター
1957年

ロケットパイロット

  • 1957年4月19日公開
  • 出演(Connie_Mitchell 役)

ロケット・パイロットを主人公にした航空映画。「戦略空軍命令」など航空映画専門のバーン・レイ・ジュニアの書下ろし脚本を「悪い種子」のマーヴィン・ルロイが製作・監督、同じくハロルド・ロッソンが撮影を担当した。音楽はポール・バロン。主演は「ピクニック」のウィリアム・ホールデン、「恐怖の土曜日」のヴァージニア・リース、「サンチャゴ」のロイド・ノーラン、ほかに「トコリの橋」のチャールズ・マッグロー、ナンシイ・ケリイ(「悪い種子」)の実妹キャロル・ケリイなど。

監督
マーヴィン・ルロイ
出演キャスト
ウィリアム・ホールデン ロイド・ノーラン ヴァージニア・リース チャールズ・マッグロー
1955年

白い羽根

  • 1955年7月30日公開
  • 出演(Ann_Magruder 役)

レオナード・ゴールドスティン(「王者の剣」)のパノラミック・プ ロ製作の西部劇。ジョン・プレブルの原作から「太鼓の響き」のデルマー・デイヴスと「秘密警察」のレオ・タウンゼンドが脚色、「十二哩の暗礁の下に」のロバート・D・ウェッブが監督した。「炎と剣」のロバート・L・ジャックス製作になる1955年作品である。撮影は「炎と剣」のルシエン・バラード、音楽は「ヴェラクルス」のヒューゴー・フリードホーファー。「折れた槍」のロバート・ワグナー、「私刑される女」のジョン・ランド、「ディミトリアスと闘士」のデブラ・パジェット、ジェフリー・ハンター、エドアード・フランツ、ノア・ビアリーなどが出演する。

監督
ロバート・D・ウェッブ
出演キャスト
ロバート・ワグナー ジョン・ランド デブラ・パジェット ジェフリー・ハンター

恐怖の土曜日

  • 1955年7月15日公開
  • 出演(Linda 役)

「地上より永遠に」のバディ・アドラーが1955年に製作したギャング映画。ウィリアム・L・ヒースの小説から「六つの橋を渡る男」のシドニー・ボームが脚色し、リチャード・フライシャーが監督に当たった。撮影は「三人の狙撃者」のチャールズ・G・クラーク、音楽は「ヴェラクルス」のヒューゴー・フリードホーファーである。「エジプト人」のヴィクター・マチュア以下、「野性の女(1955)」のリチャード・イーガン、「地獄の狼」のスティーブン・マクナリー、「白い羽根」のヴァージニア・リース、「スタア誕生(1954)」のトミー・ヌーナン、リー・マーヴィン、マギー・ヘイス、J・キャロル・ナイシュ、アーネスト・ボーグナイン、それに往年のスター、シルヴィア・シドニーなどが出演する。

監督
リチャード・フライシャー
出演キャスト
ヴィクター・マチュア リチャード・イーガン スティーブン・マクナリー ヴァージニア・リース
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ヴァージニア・リース