TOP > 映画監督・俳優を探す > ウィリアム・スコット

年代別 映画作品( 1918年 ~ 2006年 まで合計18映画作品)

2006年

ビースティ・ボーイズ 撮られっぱなし天国

  • 2006年7月29日(土)
  • カメラ・オペレーター

人気ヒップホップ・グループ、ビースティ・ボーイズ。彼らのライブのもようを、50人のファンがノンストップで撮影した映像をメインに映し出していく異色ドキュメンタリー。

監督
ナサニエル・ホーンブロウワー
出演キャスト
マイクD アドロック MCA ミックス・マスター・マイク
1927年

蠢く影

  • 1927年
  • 出演(Stone 役)

「サタンの嘆き」「イバニエズの激流」等出演のリカルド・コルテス氏が主演する映画で、マリオン・オース女史がシナリオを執筆し「我等のサリー」と同じくウォルターラング氏が監督したものである。コルテス氏の対手役は「激浪の響」のユーゼニア・ギルバート嬢が努めるほか、古顔のウィリアム・スコット氏、ジェー・ソーントン・ベイストン氏、等が2人を助演している。

監督
ウォルター・ラング
出演キャスト
リカルド・コルテス ユーゼニア・ギルバート ウィリアム・スコット J・ソーントン・バストン
1925年

西部の星影(1925)

  • 1925年
  • 出演(Al_Hammond 役)

ゼーン・グレイ氏原作の西部物語をジョージ・C・ハル氏が脚色し「迸る魂」「国境の狼」等と同じくウィリアム・K・ハワード氏が監督したもので、主役は「曠原に立ちて」「北緯三十六度」等出演のジャック・ホルト氏と共演したビリー・ダヴ嬢が相手役を演じ、ノア・ビアリー、アルマ・ベネット嬢、ジョージ・ニコルズ氏等が助演する痛快な西部劇である。

監督
ウィリアム・K・ハワード
出演キャスト
ジャック・ホルト ビリー・ダヴ ノア・ビアリー ウィリアム・スコット
1924年

ダンテ地獄篇(1924)

  • 1924年
  • 出演(Ernest_Judd 役)

イタリアの詩人ダンテの書いた地獄篇を主として、これにサイラス・ウッド氏の現代の物罪を挿入して作られた映画で、「海底の大宮殿」を監督したヘンリー・オットー氏が監督したもの。主役は現代篇では「メールマン」「危険信号」等出演のラルフ・ルイス氏、「驀進列車」「田園懐かし」等出演のポーリン・スタータ嬢、「金色の嵐」等出演のウィリアム・スコット氏等。地獄篇では「漂泊するオランダ人」に主演するローソン・バット氏がダンテに扮し、ハワード・ゲイ氏がヴァージルに扮している。現世の宿業のため地獄に堕ちて悪鬼に虐まれる罪人達のシーンは全裸体の男女が数百人現れ、殊にクレオパトラが淫蕩の罪によって苛責せられる場面等は彼女の全盛時代のシーンを挿入して裸体美を遺憾なく発揮しているが、恐らく検閲の際カットされる事であろう。しかしこの映画そのものはあくまで美術的の立場から撮影されて卑俗のシーンは少しもない。

監督
ヘンリー・オットー
出演キャスト
ローソン・バット ハワード・ゲイ ラルフ・ルイス ポーリン・スターク

曠原の哀歌

  • 1924年
  • 出演(Bud_Loupel 役)

ベン・エイムス・ウィリアムスの原作ドティー・ホバートの脚色、ウィリアム・A・ウェルマンの監督で、主役は「死線突破」「巡業の群れ」等出演のチャールズ・ジョーンズで、ベティー・ボウトン、フランク・カンポー、ウィリアム・スコット等が相手役を演じている。

監督
ウィリアム・A・ウェルマン
出演キャスト
チャールズ・ジョーンズ ベティー・ボウトン フランク・カンポー Rhody Hathaway
1922年

見捨てられた女

  • 1922年
  • 出演(The_ctiy 役)

リチャード・タルマッジ作品を発売していたフィル・ゴールドストーン社から発売された映画で、ベシー・ラヴ嬢が主役を演じている。相手役はタリー・マーシャル氏とウィリアム・スコット氏。原作はピアース・キングスリー氏作の舞台劇で、グレイス・ミラー・ホワイトー・ホワイト女史によって書物にも書かれた程有名なものである。

監督
ウィリアム・K・ハワード A・ケレーヤ
出演キャスト
ベッシー・ラブ バーバラ・テナント ユーラリー・ジェンセン ウィリアム・スコット

シーザーの如く

  • 1922年
  • 出演(Harry 役)

「謎の自動車」と同じくリチャード・アンドレス氏の原作、チャールズ・レイ氏の監督及び主演になる映画で、相手役は「アラビヤの酋長」等の出演のバーバラ・ベッドフォード嬢である。

監督
チャールズ・レイ
出演キャスト
チャールズ・レイ バーバラ・ベッドフォード ウィリアム・スコット ロバート・フェルナンデス

紅涙の女

  • 1922年
  • 出演(Danny_Mulvey 役)

チャールズ・E・ブラニー原作の舞台劇に基づき、エドワード・ルサンが脚色及び監督をした社会劇で、主役は「バヴー」「跫音」等出演のエステル・テイラー、「愚なる妻」出演のメイ・ブッシュ、「烈風豪雨の夜」「ロビン・フッド(1922)」等出演のウォーレス・ビアリー等で、新進のウィリアム・スコットや、「冬の胡蝶」等出演のジェームズ・モリソン等も重要な役を演じる。

監督
エドワード・ルサン
出演キャスト
エステル・テイラー メイ・ブッシュ ウォーレス・ビアリー ウィリアム・スコット
1921年

西部の乙女

  • 1921年
  • 出演(Bert_Cragnair 役)

「女市長」等と同じくアイリーン・パーシー主演のフォックス映画で、W・E・スペンサーの原作、ジョン・モンタギューの脚色で、俳優として名声のあるフィロ・マッカローが監督をしている。パーシーの対手には古いフォックス映画に数多く出演したウィリアム・スコットが出演する。

監督
フィロ・マッカロー
出演キャスト
アイリーン・パーシー ウィリアム・スコット Hattle Bukirk Charles W. Meakin

ジャッキー

  • 1921年
  • 出演(Mervyn_Carter 役)

バルシンスカ伯爵夫人の原作をドロシー・ヨーストが脚色し、ジャック・フォードが監督したもので、主役は「孤児の歌」等主演のシャーリー・メイスン。ウィリアム・スコットとハリー・カーターとが対手役を演じている。

監督
ジャック・フォード
出演キャスト
シャーリー・メイスン ウィリアム・スコット ハリー・カーター ジョージ・E・ストーン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/29更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ウィリアム・スコット

ムービーウォーカー 上へ戻る