TOP > 映画監督・俳優を探す > ウィラード・ルイス

年代別 映画作品( 1917年 ~ 1931年 まで合計23映画作品)

1924年

3人の女性

  • 1924年
  • 出演(Harvey_Craig 役)

「結婚哲学」に続くエルンスト・ルビッチ氏在独時代の片腕たりしハンス・クレーリー氏が台本を書いた三角恋愛劇である。3人の女性は「水塔の西」のメイ・マカヴォイ嬢と「燻ゆる情炎」のポーリン・フレデリック嬢、「結婚哲学」のマリー・プレヴォー嬢で、男は「離婚歓迎」のルー・コディ氏である。その他ウィラード・ルイス氏、メアリー・カー夫人等も助演している。尚助監督として「十番目の女」のジェームス・フラッド氏「包囲の中に」のスヴェン・ガーダ氏及びヘンリー・ブランク氏がウビッチュ氏を助けた。

監督
エルンスト・ルビッチ
出演キャスト
メイ・マカヴォイ ポーリン・フレデリック マリー・プレヴォー ルー・コディ

恋の舞台姿

  • 1924年
  • 出演(Robillard 役)

パリ劇壇で作者としても俳優としても名声あるサッシャ・ギトリー氏作の舞台劇に基づきドロシー・ファーナム女史が脚色し、「ボー・ブラムメル」「恋の逢瀬」等と同じくハリー・ボーモン氏が監督したものである。主役は「父を呼ぶ声」「結婚哲学」等と同じくモント・ブルー氏とマリー・プレヴォー嬢でウィラード・ルイス氏、カールトン・ミラー氏、ウィニフレド・ブライスン嬢、ブランドン・ハースト氏等が助演している。

監督
ハリー・ボーモン
出演キャスト
モント・ブルー マリー・プレヴォー ウィラード・ルイス ピエール・ジャンドロン

子を忘れし母

  • 1924年
  • 出演(Arthur_Arthurton 役)

ワーナー兄弟社の新監督ミラード・ウェッブ氏の第1回監督作品でオーウェン・デイヴィス氏作の舞台劇から自ら脚色した。主役は「父を呼ぶ声」「奔流恋をのせて」等出演のモント・ブルー氏と「十番目の女」出演のビヴァリー・ベイン嬢で、マーガレット・リヴィングストン嬢、ジョン・ローシュ氏、ウィラード・ルイス氏、アーサー・ホイト氏等の良い顔振れの助演になる家庭劇である。

監督
ミラード・ウェッブ
出演キャスト
モント・ブルー ビヴァリー・ベイン マーガレット・リヴィングストン アーサー・ホイト
1923年

フランス人形

  • 1923年
  • 出演(Joseph_Dumas 役)

「孔雀の路」「舞姫悲し」「舞踏王国」等と同じくロバート・Z・レナード氏の監督、メル・マレイ嬢主演の映画で、ポール・アルモン氏及びマーセル・ジェルビドン氏合作の舞台劇をエイ・メイ・タマス氏が英語に書き直したものに基づき、フランセス・マリオン女史が脚色したもの。マレイ氏の相手はオーヴィル・コールドウエル氏とロッド・ラ・ロック氏で、例の如くマレイ嬢得意の華やかなダンスを織り込んだ美しい映画である。

監督
ロバート・Z・レオナード
出演キャスト
メイ・マレイ オーヴィル・コルドウェル ロッド・ラロック ローズ・ディオン

結婚マーケット

  • 1923年
  • 出演(Seibert_Peckham 役)

エドワード・ルサンの監督した結婚問題劇で、主役は「アダムス・リブ」出演のポーリン・ギャロンで、「社交界の怪賊」等出演のジャック・マルホールや、「霊界の使者」等出演のアリス・レイク等が対手役を演じている。

監督
エドワード・ルサン
出演キャスト
ポーリン・ギャロン Kate Lester マーク・ロビンス アリス・レイク

虚栄の市(1923)

  • 1923年
  • 出演(Joseph_Sedley 役)

1848年出版されたイギリス文豪サッケリ原著の『虚栄の市』を、ユーゴー・ボーリンが脚色及び監督したもので、主役は「真夏の空の下」等主演のボーリン夫人メーベル・ボーリン、「ロジタ(1923)」出演のジョージ・ウォルシュ、「富の群る者」出演のホバート・ボスウォース、「春来りなば(1923)」出演のハリソン・フォード、その他エリナー・ボードマン、アール・フォックス等の顔振れである。

監督
ユーゴー・ボーリン
出演キャスト
メーベル・ボーリン ホバート・ボスウォース ジョージ・ウォルシュ ハリソン・フォード
1922年

ロビン・フッド(1922)

  • 1922年
  • 出演(Friar_Tuck 役)

「亜米利加大王」「奇傑ゾロー」「暗雲晴れて」「三銃士(1921)」等と同じくダグラス・フェアバンクス氏主演のユナイテッド・ダグラス社映画で、エルトン・トーマス氏の小説をロッタ・ウッズ女史が脚色したもの。監督はかつてダグラス氏の「結びの神も思案投首」等を監督した事のあるアラン・ドワン氏。ウォーレス・ビアリー氏、サム・ド・グラッス氏、エニッド・ベネット上等の名優が助演している。

監督
アラン・ドワン
出演キャスト
ウォーレス・ビアリー サム・ド・グラッス エニッド・ベネット William Lowery

紅涙の女

  • 1922年
  • 出演(James_Watkins 役)

チャールズ・E・ブラニー原作の舞台劇に基づき、エドワード・ルサンが脚色及び監督をした社会劇で、主役は「バヴー」「跫音」等出演のエステル・テイラー、「愚なる妻」出演のメイ・ブッシュ、「烈風豪雨の夜」「ロビン・フッド(1922)」等出演のウォーレス・ビアリー等で、新進のウィリアム・スコットや、「冬の胡蝶」等出演のジェームズ・モリソン等も重要な役を演じる。

監督
エドワード・ルサン
出演キャスト
エステル・テイラー メイ・ブッシュ ウォーレス・ビアリー ウィリアム・スコット
1921年

月光の縁

  • 1921年
  • 出演(Senator_Baldwin 役)

ジョージ・スカーボロウの原作による同名の舞台劇を、バーバラ・ケントが脚色し、ジョセフ・ヘナベリーが監督したもので、主役はメアリー・マイルス・ミンターで、相手は「陰陽の人」「エヴリー・ウーマン」など出演のモント・ブルーである。

監督
ジョセフ・ヘナベリー
出演キャスト
メアリー・マイルス・ミンター モント・ブルー Grace Goodall ガイ・オリヴァー

運命の街

  • 1921年
  • 出演(McPherson 役)

オー・ヘンリー氏原作の短篇によってチャニング・ボロック氏の作った舞台劇を脚色したもので、ポーリン・フレデリック嬢が主役である。「13号室」と同じくフランク・ロイド氏の監督である。対手役はジョン・ボワーズ氏で、ジェーン・ノヴァック嬢、モード・ジョージ嬢、ハーディー・カークランド氏等も出演する。「若き人の眼」と同じような筋の組立で、ボワーズ氏の扮する主人公デイヴィッド・マーシュが見る3つの夢を描き出してある。フレデリック嬢はアラスカの酒場の女主人、ニューヨーク社交界の淫婦、欺かれた田舎娘、及び愚かにも男を愛しすぎた娘の4役を演じている。「望みなき筋が、ただスターの立派な演技によって幾分興味を高められているに過ぎない。」とニュース誌は評している。

監督
フランク・ロイド
出演キャスト
ポーリン・フレデリック ジョン・ボワーズ リチャード・タッカー ジェーン・ノヴァック
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ウィラード・ルイス

ムービーウォーカー 上へ戻る