映画-Movie Walker > 人物を探す > ウィラード・ルイス

年代別 映画作品( 1917年 ~ 1931年 まで合計23映画作品)

1931年

当世女大学

  • 1931年公開
  • 出演(Andre 役)

「三人の女」と同じくハンス・クレーリー氏が書き卸した台本により「三人の女」「禁断の楽園」等と同じくエルンスト・ルビッチ氏が監督したもので。「三人の女」「結婚哲学」等出演のマリー・プレヴォー嬢と「結婚哲学」「恋の舞台姿」等出演のモント・ブルー氏が主演し、「十番目の女」等出演のジョン・ローシュ氏「3人の女」等出演のウィラード・ルイス氏及び「酒!酒!」等出演のクララ・ボウ嬢等が共演している。

監督
エルンスト・ルビッチ
出演キャスト
マリー・プレヴォー モント・ブルー ジョン・ローシュ クララ・ボウ
1926年

お化粧兵隊

  • 1926年公開
  • 出演(King_Lavoris 役)

匿名作家の小説に基づいてソニア・ハーヴェイ女史が脚色し、「奥様お耳拝借」「弱虫大手柄」等と同じくアール・C・ケントン氏が監督したもので、主役は「愛欲外道」「女心を誰か知る」等出演のローウェル・シャーマン氏が演じ、「ペンキ塗り立て」「馬車で風切る男」出演のヘレン・コステロ嬢が相手役を勤め、ウィラード・ルイス氏、ジェーン・ウィントン嬢、ゲイン・ホィットマン氏、エセル・グレイ・テリー嬢、マーナ・ローイ嬢及びモード・ジョージ嬢が共に共演している。

監督
アール・C・ケントン
出演キャスト
ローウェル・シャーマン ヘレン・コステロ ウィラード・ルイス ゲイン・ホイットマン

極楽トンボ三人連

  • 1926年公開
  • 出演(Matthew_Garner 役)

E・フィリップス・オッペンハイム作の小説に基づいてマリアン・コンスタンス・ブラックトンが台本を執筆し、「奔流天に騰る」「曲馬団の闘将」等と同じくJ・スチュアート・ブラックトンが監督したもので、主役は「ウインダミア夫人の扇」「三人の女」等出演のメイ・マカヴォイと「放埒新療法」「男は度胸」等出演のウィラード・ルイス及び「バット」「断髪恥ずかし」等出演のルイズ・ファゼンダで「奔流天に騰る」出演のガードナー・ジェームズ、ジェーン・ウィントン、ホームズ・ハーバート、デウイツット・ジェニングズ、ヴェラ・ルイス及びノラ・セシルが助演している。

監督
J・スチュアート・ブラックトン
出演キャスト
メイ・マカヴォイ ウィラード・ルイス ルイズ・ファゼンダ ガードナー・ジェームズ

シャムロック大競馬

  • 1926年公開
  • 出演(Marth_Finch 役)

ピーター・B・カイン氏作の物語をジョン・ストン氏が脚色し「3悪人」「電光」等と同じくジョン・フォード氏が監督したもので、主役は「ジョンスタウンの大洪水」に出演したジャネット・ゲイナー嬢と「サンディー」「なまけ者」等出演のレスリー・フエントン氏で、J・ファーレル・マクドナルド氏、故ウィラード・ルイス氏、クレーア・マクドウエル嬢等が共演している。

監督
ジョン・フォード
出演キャスト
ジャネット・ゲイナー レスリー・フェントン J・ファーレル・マクドナルド ルイス・ペイン

ドン・ファン(1926)

  • 1926年公開
  • 出演(Perillo 役)

バイロン卿の詩及び南欧諸国に流布しているドン・ファン伝記に基づいてベス・メレディス女史が映画脚本を執筆し、「女性の敵」「風薫る島」等と同じくアラン・クロスランド氏が監督した特作品で、主役は「海の野獣」「我れ若し王者なりせば」等主演のジョン・バリモア氏が演じ、「ドン・Q」「最後の栄冠」等出演のメアリー・アスター嬢、「ニウ・ヨーク」「マンハッタン狂乱」等出演のエステル・テイラー嬢、「悲恋舞曲」「南北珍勇腕比べ」等出演のモンタギユ・ラヴ氏が主要なる役を勤め、故ウィラード・ルイス氏、フィリス・ヘイヴァー嬢、ヘレン・コステロ嬢、マーナ・ローイ嬢、ワーナー・オランド氏等が助演している。

監督
アラン・クロスランド
出演キャスト
ジョン・バリモア His Father メアリー・アスター エステル・テイラー
1925年

恋の鉄条網

  • 1925年公開
  • 出演(Austin_Starfield 役)

W・K・クリフォード夫人作の小説をダリル・フランシス・ザナック氏が脚色しウォーナー社の新監督・ロイ・デル・ルース氏が監督した第一回作品である。主役は「恋の人形」「恋に狂える女」等出演のアイリーン・リッチ嬢で、「永遠の都」等出演のバート・ライテル氏が対手役を演じ「恋の浅瀬」等出演のウィラード・ルイス氏が助演する外、クララ・ボウ嬢アーサー・ホイト氏等が出演している。

監督
ロイ・デル・ルース
出演キャスト
アイリーン・リッチ バート・ライテル ウィラード・ルイス クララ・ボウ

紅唇百万ドル

  • 1925年公開
  • 出演(John_Sloden 役)

「新婚の危機」「競売台」と同じくホバート・ヘンリー氏の監督作品で、ケイリー・ウィルソン氏のオリジナル・ストーリーによりルイス・D・ライトン氏とホープ・ロアリング女史とが脚色したもの。主演者は「殴られる彼奴」「悪魔の曲馬団」出演のノーマ・シアラー嬢と「愛の黒眼鏡」「奇跡の薔薇」のルー・コディ氏とで、この2人を助けて故ウィラード・ルイス氏、カール・デーン氏、グウェン・リー嬢などが出演している。

監督
ホバート・ヘンリー ホープ・ロアリング
出演キャスト
ノーマ・シアラー ルー・コディ ウィラード・ルイス カール・デーン
1924年

恋の舞台姿

  • 1924年公開
  • 出演(Robillard 役)

パリ劇壇で作者としても俳優としても名声あるサッシャ・ギトリー氏作の舞台劇に基づきドロシー・ファーナム女史が脚色し、「ボー・ブラムメル」「恋の逢瀬」等と同じくハリー・ボーモン氏が監督したものである。主役は「父を呼ぶ声」「結婚哲学」等と同じくモント・ブルー氏とマリー・プレヴォー嬢でウィラード・ルイス氏、カールトン・ミラー氏、ウィニフレド・ブライスン嬢、ブランドン・ハースト氏等が助演している。

監督
ハリー・ボーモン
出演キャスト
モント・ブルー マリー・プレヴォー ウィラード・ルイス ピエール・ジャンドロン

3人の女性

  • 1924年公開
  • 出演(Harvey_Craig 役)

「結婚哲学」に続くエルンスト・ルビッチ氏在独時代の片腕たりしハンス・クレーリー氏が台本を書いた三角恋愛劇である。3人の女性は「水塔の西」のメイ・マカヴォイ嬢と「燻ゆる情炎」のポーリン・フレデリック嬢、「結婚哲学」のマリー・プレヴォー嬢で、男は「離婚歓迎」のルー・コディ氏である。その他ウィラード・ルイス氏、メアリー・カー夫人等も助演している。尚助監督として「十番目の女」のジェームス・フラッド氏「包囲の中に」のスヴェン・ガーダ氏及びヘンリー・ブランク氏がウビッチュ氏を助けた。

監督
エルンスト・ルビッチ
出演キャスト
メイ・マカヴォイ ポーリン・フレデリック マリー・プレヴォー ルー・コディ

子を忘れし母

  • 1924年公開
  • 出演(Arthur_Arthurton 役)

ワーナー兄弟社の新監督ミラード・ウェッブ氏の第1回監督作品でオーウェン・デイヴィス氏作の舞台劇から自ら脚色した。主役は「父を呼ぶ声」「奔流恋をのせて」等出演のモント・ブルー氏と「十番目の女」出演のビヴァリー・ベイン嬢で、マーガレット・リヴィングストン嬢、ジョン・ローシュ氏、ウィラード・ルイス氏、アーサー・ホイト氏等の良い顔振れの助演になる家庭劇である。

監督
ミラード・ウェッブ
出演キャスト
モント・ブルー ビヴァリー・ベイン マーガレット・リヴィングストン アーサー・ホイト
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ウィラード・ルイス