映画-Movie Walker > 人物を探す > 清水裕紀子

年代別 映画作品( 2010年 ~ 2019年 まで合計7映画作品)

2019年

なれない二人

  • 2019年8月23日(金)公開
  • 録音

伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞2017中編の部大賞を受賞、第5回新人監督映画祭(中編部門)でグランプリを獲得した青春ドラマ。素人お笑いライブへの初出演を目前に控え、会社員・新堂と相方でフリーターの勝田はそれぞれ奇想天外なトラブルに巻き込まれる。プロの芸人への憧れを抱く新堂を「サバイバルファミリー」の泉澤祐希が、新堂の相方で借金を抱える勝田をお笑いコンビ・サスペンダーズの古川彰悟が演じるほか、「劇場霊」の高田里穂、「よこがお」の小川未祐らが出演。伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞2014短編の部大賞を受賞した「正しいバスの見分けかた」との二本立てで劇場公開。

監督
樋口幸之助
出演キャスト
泉澤祐希 古川彰悟(サスペンダーズ) 高田里穂 依藤昂幸(サスペンダーズ)
2017年

愛しのノラ 幸せのめぐり逢い

  • 2017年11月18日(土)公開
  • 録音

「こっぱみじん」の田尻裕司監督が内田百聞の『ノラや』からインスパイアされたドラマ。しがないシナリオライターの九十九朔美は、家に迷い込んできた野良猫を“シロ”と命名し、妻・ひよりと飼うことに。しかしある日、シロが家を出たきり帰って来なくなる。出演は、「SR サイタマノラッパー」シリーズの水澤紳吾、「朱花の月」の大島葉子、「まんが島」の守屋文雄。

監督
田尻裕司
出演キャスト
水澤紳吾 大島葉子 守屋文雄 梶三和子
2016年

愛∞コンタクト

  • 2016年11月5日(土)公開
  • 録音

AV界の巨匠・代々木忠のエッセイを原作に、恋愛できない女たちの姿を綴った3話のオムニバス。20歳過ぎで母の過干渉に任せた生活を送る女子大生の泉は、ラジオで聞いた「電気によって感情を研究している」という話に興味を引かれるが……(「感電」)。出演は「クハナ!」の長谷川るみ、「ちょき」の広澤草、「武蔵野線の姉妹」の加藤夏希。女優の中原翔子が早川ナオミ名義で初プロデュース。

監督
渡辺あい 深井朝子
出演キャスト
長谷川るみ ジェントル 中原翔子 広澤草
2014年

つぐない 新宿ゴールデン街の女

  • 2014年7月26日(土)公開
  • 録音

新宿の一角にある木造長屋建ての店舗が所狭しと並ぶゴールデン街を舞台に、いわくありげな女、飲み屋を営む女とそのヒモ、常連客らそれぞれに過去を背負った大人の男女が織りなす人間模様を描く。新宿花園・ゴールデン街が本作に全面協力。監督はピンク映画出身で『ピンク七福神』のひとりに挙げられる「UNDERWATER LOVE-おんなの河童-」「かえるのうた」のいまおかしんじ。脚本は「再会」の佐藤稔。「共喰い」の荒井晴彦が脚本協力として参加している。ゴールデン街にやってきた女を「赫い情事」の工藤翔子が演じるほか、「青二才」の伊藤猛、「私の調教日記」の速水今日子、「蟹工船」の貴山侑哉らが出演。

監督
いまおかしんじ
出演キャスト
工藤翔子 速水今日子 伊藤猛 貴山侑哉
2013年

viva!毒突きママ

  • 2013年4月6日(土)公開
  • 録音

音楽と映画という異なるジャンルの掛け合わせをする企画製作レーベル「MOOSIC」が手がける2011年から始まった特集上映企画「MOOSIC LAB」。LAB=実験室という名の通り、新進気鋭の映画監督らが注目株のミュージシャンと組んで制作した映画を上映。同特集上映内のMOOSIC COMPETITIONでは、上映劇場の支配人や審査員、観客の投票によりグランプリや各賞を決定する。本作では「FALLING」でオムニバス特集上映「桃まつり presents うそ」に参加した加藤麻矢監督が、高円寺を拠点に活動するバンド・どついたるねんとコラボレート。MOOSIC COMPETITIONプログラムCにて上映。同時上映は「社会人」「アナタの白子に戻り鰹」とMOOSIC EYEの「メロディ・オブ・ファンハウス (MOOSIC LAB Version)」。

監督
加藤麻矢
出演キャスト
どついたるねん 大迫直子
2012年

乱心

  • 2012年10月7日(日)公開
  • 録音

10年前の強姦殺人事件の影を引きずる人々が織り成す悲喜劇を描く短篇ドラマ。監督は冨永圭祐。映画美学校第11期フィクション・コース高等科修了作品。16ミリ。2012年10月7日に東京・渋谷アップリンク・ファクトリーにて開催された「TRASH-UPLINK!! vol.10 トラッシュ・シネマ 秋の祭典!!」にて上映。

監督
冨永圭祐
出演キャスト
福島慎之介 新井美穂 柳有美 平吹正名
2010年

土竜の祭

  • 2010年11月27日(土)公開
  • 脚本

インディペンデント映画の製作と上映に強くこだわり、実践を続けてきた「行旅死亡人」の井土紀州監督作。ホームヘルパーの女性3人組が介護する老人の身に起こった事態から、ある大きな事件に巻き込まれてゆく。2010年11月13日より渋谷・ユーロスペースにて開催された「映画一揆 井土紀州2010」にて上映。

監督
井土紀州
出演キャスト
ほたる 長宗我部陽子 阿久沢麗加 橘佳世
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 清水裕紀子