映画-Movie Walker > 人物を探す > レア・セドゥ

年代別 映画作品( 2010年 ~ 2017年 まで合計12映画作品)

2017年

たかが世界の終わり

  • 2017年2月11日(土)公開
  • 出演(Suzanne Knipper 役)

愛しているのに傷つけあう家族の姿を描き、第69回カンヌ国際映画祭でグランプリに輝いた、グザビエ・ドラン監督による人間ドラマ。愛と葛藤を描き続けてきた監督が、ギャスパー・ウリエル、ヴァンサン・カッセル、マリオン・コティヤールといったフランスを代表する俳優たちを集め、家族の物語を描き出す。

監督
グザヴィエ・ドラン
出演キャスト
ギャスパー・ウリエル ヴァンサン・カッセル レア・セドゥ マリオン・コティヤール
2016年

ロブスター

  • 2016年3月5日(土)公開
  • キャスト

第68回カンヌ国際映画祭で審査員賞に輝いた、コリン・ファレル主演のユニークなドラマ。パートナーを見つけるためにホテルに拘束された独身の男が、そこで体験する出来事や新たな恋の行方を描く。『籠の中の乙女』で第62回カンヌ国際映画祭、ある視点部門グランプリに輝いたギリシャ人のヨルゴス・ランティモスが監督を務める。

監督
ヨルゴス・ランティモス
出演キャスト
コリン・ファレル レイチェル・ワイズ ジェシカ・バーデン オリビア・コールマン
2015年

サンローラン

  • 2015年12月4日(金)公開
  • 出演(ルル・ドゥ・ラファレーズ 役)

60年代後半に頭角を現し、ファッション界に衝撃を与えた天才デザイナー、イヴ・サンローラン。そんな彼が世界的にブレイクを果たした67年からの10年間を描く人間ドラマ。天才と称えられながらも、その裏でスランプからすべてを見失い、苦悩するサンローランをギャスパー・ウリエルが演じる。

監督
ベルトラン・ボネロ
出演キャスト
ギャスパー・ウリエル ジェレミー・レニエ ルイ・ガレル レア・セドゥ

007 スペクター

  • 2015年12月4日(金)公開
  • 出演(マドレーヌ・スワン 役)

ダニエル・クレイグが4度目のジェームズ・ボンドを演じる人気スパイアクション『007』シリーズ第24弾。ジェームズ・ボンドの知られざる過去や、宿敵である悪の組織スペクターとの戦いが描かれる。モニカ・ベルッチと『美女と野獣』のレア・セドゥがボンドガールを務め、サム・メンデスが前作に引き続き監督を手がける。

監督
サム・メンデス
出演キャスト
クリストフ・ヴァルツ ダニエル・クレイグ レイフ・ファインズ ベン・ウィショー
2014年

美女と野獣(2014)

  • 2014年11月1日(土)公開
  • 出演(ベル 役)

ディズニーによるアニメ映画などで知られる、フランス民話を基にしたファンタジー。父の代わりに野獣の城に囚われた美しい娘が、野獣に隠された秘密に迫っていく姿を描く。『ブラック・スワン』のヴァンサン・カッセルが野獣に、『アデル、ブルーは熱い色』のレア・セドゥが娘役に扮するなど、フランス映画界の実力派の共演が見どころ。

監督
クリストフ・ガンズ
出演キャスト
レア・セドゥ ヴァンサン・カッセル アンドレ・デュソリエ エドゥアルド・ノリエガ

グランド・ブダペスト・ホテル

  • 2014年6月6日(金)公開
  • 出演(クロチルド 役)

『ムーンライズ・キングダム』の鬼才ウェス・アンダーソン監督によるコメディ。ホテルのコンシェルジュとベルボーイがホテルの威信をかけて、得意客を殺した犯人捜しに挑む姿が描かれる。『ハリー・ポッター』シリーズの名悪役ヴォルデモート役でおなじみのレイフ・ファインズが主人公に扮し、コミカルな演技を披露する。

監督
ウェス・アンダーソン
出演キャスト
レイフ・ファインズ F・マーレイ・エイブラハム マチュー・アマルリック エイドリアン・ブロディ

アデル、ブルーは熱い色

  • 2014年4月5日(土)公開
  • 出演

青い髪の画家エマと、彼女と出会い、一途な愛を貫く女性アデルとの激しい性愛描写が話題となり、第66回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルム・ドールに輝いたフランス発のラブストーリー。フランスの新進女優、アデル・エグザルコプロスがアデル役に、レア・セドゥーがエマ役を演じる。監督はチュニジア人のアブデラティフ・ケシシュ。

監督
アブデラティフ・ケシシュ
出演キャスト
レア・セドゥ アデル・エグザルコプロス サリム・ケシュシュ モナ・ワルラヴェン
2012年

マリー・アントワネットに別れをつげて

  • 2012年12月15日(土)公開
  • 出演(シドニー 役)

フランス革命が勃発し、揺れるベルサイユ宮殿内で、身代わりでギロチン刑を受けるように命ぜられた、宮廷朗読係の少女の運命を描く、衝撃の物語。原作はフランスで最も権威あるフェミナ賞に輝いた、シャンタル・トマのベストセラー小説。マリー・アントワネットを演じるのは『イングロリアス・バスターズ』のダイアン・クルーガー。

監督
ブノワ・ジャコー
出演キャスト
レア・セドゥ ダイアン・クルーガー ヴィルジニー・ルドワイヤン グザヴィエ・ボーヴォワ

ミステリーズ 運命のリスボン

  • 2012年10月13日(土)公開
  • 特別出演(ブランシュ・ド・モンフォール 役)

ポルトガルの文豪カミロ・カステロ・ブランコの小説を、「見出された時 『失われた時を求めて』より」のラウル・ルイスが映画化。19世紀前半のヨーロッパを舞台に、複雑に絡み合う男女の人生を描く。出演は、「トラフィコ」のアドリアヌ・ルーシュ。ルイ・デリュック賞、米国サテライト賞最優秀外国語映画賞受賞。

監督
ラウル・ルイス
出演キャスト
アドリアヌ・ルーシュ マリア・ジュアン・バストゥシュ リカルド・ペレイラ クロチルド・エム
2011年

ルルドの泉で

  • 2011年12月23日(金)公開
  • 出演(マリア 役)

“奇蹟の泉が湧き出る聖地”として知られるフランス-スペイン国境間に位置する村ルルドを舞台に、ある女性に起こった奇蹟と、その周囲の人々の人間模様を描く。出演は「サガン 悲しみよ こんにちは」のシルヴィー・テステュー、「ロビン・フッド」のレア・セドゥ。監督は「lovely Rita」のジェシカ・ハウスナー。

監督
ジェシカ・ハウスナー
出演キャスト
シルヴィー・テステュー レア・セドゥ ブリュノ・トデスキーニ エリナ・レーヴェンゾーン

関連ニュース

最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > レア・セドゥ

ムービーウォーカー 上へ戻る