映画-Movie Walker > 人物を探す > リーラ・ハイアムス

年代別 映画作品( 公開時期不明 ~ 1935年 まで合計29映画作品)

1935年

人生は42から

  • 1935年公開
  • 出演(Nell_Kenner 役)

米国で愛読されたハリー・レオン・ウィルソン作の小説を映画化したもので、「カレッジ・リズム」のウォルター・デレオンと「接吻とお化粧」のハーラン・トンプソンが共同脚色し、「罪じゃないわよ」「我輩はカモである」のレオ・マッケリーが監督に当たり、「銀鼠流線型」のアルフレッド・ギルックスが撮影した。なお小説改作には「舞台に立つ妻」のハンフリー・ピアソンが任じた。主役は「噫無情」「白い蘭」のチャールズ・ロートンが勤め、「ママはパパが好き」「風の接吻」のメアリー・ボーランド及びチャールズ・ラグルズ、「キャベツ畑のおばさん」のザス・ピッツ、「わが胸は高鳴る」のローランド・ヤング、「獣人島」のリーラ・ハイアムス、モード・エバーン、ルシアン・リトルフィールド等が助演している。なおこれには日本語ダビング版も用意されている。

監督
レオ・マッケリー
出演キャスト
チャールズ・ロートン メアリー・ボーランド チャールズ・ラグルズ ザス・ピッツ
1933年

獣人島

  • 1933年公開
  • 出演(Ruth_Walker 役)

英国文壇の泰斗、H・G・ウェルズの小説「モロー博士の島」を映画化したもので、「暴君ネロ(1932)」「今晩愛して頂戴ナ」のウォルデマー・ヤングがフィリップ・ワイリーと共同して脚色し、「謎の真空管」「ラスト・パレイド」のアール・C・ケントンが監督に当たり、「暴君ネロ(1932)」「謎の真空管」のカール・ストラッスが撮影したもの。主なる出演俳優は「暴君ネロ(1932)」「悪魔と深海」のチャールズ・ロートン、「空の花嫁」「謎の真空管」のリチャード・アーレン、「ラジオは笑う」「メリケン押切帳」のリーラ・ハイアムス、「魔人ドラキュラ」のベラ・ルゴシ及び数多の候補者中から選ばれた「豹女」役を勤めるキャスリーン・バークで、「暴君ネロ(1932)」のアーサー・ホール、「シマロン(1931)」のスタンリー・フィールズ、駒井哲、ポール・ハースト、ジョージ・アーヴィング等が助演している。

監督
アール・C・ケントン
出演キャスト
チャールズ・ロートン ベラ・ルゴシ リチャード・アーレン リーラ・ハイアムス

西洋馬騒動

  • 1933年公開
  • 出演(Angelica_Wayne 役)

「ナイヤガラ珍婚旅行」「犯罪都市(1931)」のスリム・サマーヴィルと「土曜日の大観衆」「ビッグ・ケージ」のアンディー・ディヴァインが主演する喜劇で、「土曜日の大観衆」「キートンの麦酒王」のエドワード・セジウィックが監督にあたり、「全米軍」「紐育→サンフランシスコ」のジョージ・ロビンソンが撮影したもの。原作はH・M・ウォーカーとデール・ヴァン・エヴァリーが書き下ろしエバ・ハヴェズとクラレンス・マークスが共同脚色した。助演者は「土曜日の大観衆」「ラジオは笑う」のリーラ・ハイアムス、「大帝国行進曲」のユーナ・オコナー、「真実の力」のコーネリアス・キーフ、「暴君ネロ(1932)」のフェルディナンド・ゴットシャルク、メイ・ビーティ、デイヴィッド・タレンス等である。

監督
エドワード・セジウィック
出演キャスト
スリム・サマーヴィル アンディ・デヴァイン リーラ・ハイアムス フェルディナンド・ゴットシャルク

土曜日の試合

  • 1933年公開
  • 出演(Joan_Chandler 役)

「キートンの麦酒王」「キートンの歌劇王」等を監督したスポーツ映画で、「今日限りの命」「カンターの闘牛師」のロバート・ヤングが「ラジオは笑う」「パリの魔人」のリーチ・ハイアムスは相手とて主演するもの。ルシアン・ケイルーの原作を「大空の闘士」「北海の漁火」のデール・ヴァン・エヴァリーが脚色し、カメラは「鉄血士官校」「ミイラ再生」のチャールズ・ステューマーが担任した。助演者は「響け応援歌」「黄金の唄女」のメエリイ・カーライル、「全米軍」「監視装甲車」のアンディー・ディヴァイン、「笑う罪人」「七万人の目撃者」のジョン・マック・ブラウン、「女探偵長」「ルンペン紳士」のメエリイ・ドーラン、「響け応援歌」のジョセフ・ソーアス、「心の青空」のグラント・ミッチェル、新人ルシル・ランド、ポール・ボーカジ、ポール・ハースト等である。

監督
エドワード・セジウィック
出演キャスト
ロバート・ヤング リーラ・ハイアムス ジョン・マック・ブラウン グラント・ミッチェル
1932年

怪物団 フリークス

  • 1932年公開
  • 出演(Venus 役)

トッド・ロビンの原作から「アナベル情事」「狂へる銀翼」のレオン・ゴードン、「赤熱の抱擁」のウィリス・ゴールドベックが共同脚色及び台詞執筆、なおエドガー・アレン・ウルフ、アル・ボースバーグが台詞を付加し「ザンジバルの西」「魔人ドラキュラ」のトッド・ブラウニングが監督した映画で主なる主演者は「蜃気楼の女」のウォーレス・フォード、「脱走兵」「パリの魔人」のリーラ・ハイアムス、「腕はたしかか」のオルガ・バクラノヴァ、「チャンプ(1931)」のロスコー・エイツ、「大海の底」のヘンリー・ヴィクター、「三人」にも出たことのあるハリー・アールス、及びデイジー・アールスその他の奇形児などでカメラ担当は「青空狂騒曲」「運命の兄弟」のメリット・B・ガースタ ッドである。

監督
トッド・ブラウニング
出演キャスト
ウォーレス・フォード リーラ・ハイアムス オルガ・バクラノヴァ ロスコー・エイツ

ラジオは笑う

  • 1932年公開
  • 出演(Anita_Rogers 役)

「その夜」「頬は薔薇色」等のフランク・タトルが監督した映画で、「ハリウッドは大騒ぎ」「百米恋愛自由型」のスチュアート・アーウィンが、ルーディー・ヴァレー以上に人気高いラジオ歌手ビング・クロスビィと共演するもの。原作はウィリアム・フォード・マンレイの舞台劇で「その夜」「今晩愛して頂戴ナ」のジョージ・マリオン・ジュニアが脚色に当たった。撮影は「私の罪」「女秘書の秘密」のジョージ・フォルシーの担任である。主役二人を助けて「怪物団」「巴里の魔人」のリーラ・ハイアムス、「ムービートーン・フォーリス」のシェロン・リンが出演するほか、米国一流のラジオ芸術家が得意の芸を競演する。

監督
フランク・タトル
出演キャスト
スチュアート・アーウィン ビング・クロスビー リーラ・ハイアムス シャロン・リン
1931年

浮気合戦

  • 1931年公開
  • 出演(Eve 役)

ニューヨークの舞台に上演された喜劇を作者たるエルマー・ハリスが自身で脚色し、台詞を付け、「ホリウッド・レビュー」「俺は渡り鳥」のチャールズ・F・ライズナーが監督し「キートンの決死隊」「キートンのエキストラ」のレナード・スミスが撮影したもので、主なる出演者は「キートンの恋愛指南番」のシャーロット・グリーンウッド、「夜歩き巴里雀」「マダム・サタン」のレジナルド・デニー、「世界の与太者」のリーラ・ハイアムス、「ブロードウェイ(1929)」のマーナ・ケネディ、リリアン・ボンド、クリフ・エドワーズなどである。

監督
チャールズ・F・ライズナー
出演キャスト
シャーロット・グリーンウッド リーラ・ハイアムス レジナルド・デニー リリアン・ボンド

紳士の運命

  • 1931年公開
  • 出演(Marjorie 役)

「高速度娘恋愛合戦」「ハリウッド盛衰記」のマーヴィン・ルロイがM.G.M社に招かれて監督した映画で「結婚双紙」のウルスラ・パロットの原作をレナード・プラスキンが脚色し台詞を付し、「黎明の剣士」「エロチック艦隊」のメリット・B・ガースタッドが撮影した。主演者は「悪魔の仮面」「恋多き女」のジョン・ギルバートで、最近物故したルイス・ウォルハイムはじめ、「ビッグ・ハウス」のリーラ・ハイアムス、「エロチック艦隊」のアニータ・ペイジ、「当世女大学」のマリー・プレヴォー、ジョン・ミルジャン、ラルフ・インスその他が助演している。

監督
マーヴィン・ルロイ
出演キャスト
ジョン・ギルバート ルイス・ウォルハイム リーラ・ハイアムス アニタ・ペイジ

脱走兵(1931)

  • 1931年公開
  • 出演(Axelle 役)

フランスの通俗小説家ピエル・ブノアの筆になる劇からソニア・レヴィーンとS・N・ベールマンが協力して脚色し、「大西洋横断」「女に賭けるな」のウィリアム・K・ハワードが監督し、「光に叛く者」「大西洋横断」のジェームズ・ウォン・ホウが撮影したもので主演者は「陽炎の春」「アリゾナ怪盗異聞」のワーナー・バクスターで「海行かば(1930)」「ゴルフと女房」のリーラ・ハイアムス、ラルフ・ベラミー、ウィリアム・パウレイ、C・オーブリー・スミスその他が助演する。

監督
ウィリアム・K・ハワード
出演キャスト
ワーナー・バクスター リーラ・ハイアムス ラルフ・ベラミー ウィリアム・パウレイ

巴里の魔人

  • 1931年公開
  • 出演(Cecile 役)

フランスの有名な探偵小説家ガストン・ルルウの原作から「海魔」「月光の曲」のベス・メレディスが撮影台本を組み立て、「月光の曲」のエドウィン・ジャスタス・メイヤー、「結婚双紙」のジョン・ミーハンの二人が台詞を附し、「滅びゆく凱歌」「夜襲」のジョン・S・ロバートソンがメガフォンをとったもので主なる出演者は「海行かば(1930)」「運命の兄弟」のジョン・ギルバート、「ゴルフと女房」「海行かば(1930)」のリーラ・ハイアムス、「街のをんな」「インスピレーション」のルイス・ストーン、「あけぼの」「サアド・アラアム 警笛間を衝く」のジーン・ハーショルト、「近代エロ双紙」のナタリー・ムーアヘッド、アイアン・キース、C・オープレイ・スミス、アルフレッド・ヒックマン等でカメラは「月光の曲」「ニュー・ムーン」のオリヴァー・T・マーシュが担任である。

監督
ジョン・S・ロバートソン
出演キャスト
ジョン・ギルバート リーラ・ハイアムス ルイス・ストーン ジーン・ハーショルト
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > リーラ・ハイアムス