TOP > 人物を探す > 神野三鈴

年代別 映画作品( 2000年 ~ 2020年 まで合計9映画作品)

2019年

MANRIKI

  • 2019年11月29日(金)
  • 出演

俳優・斎藤工と芸人・永野がタッグを組み、第23回プチョン国際ファンタスティック映画祭でヨーロッパ国際ファンタスティック映画祭連盟アジア賞を受賞したドラマ。小顔矯正を決意したモデルが美容クリニックを営む整顔師の万力によって変身を遂げるが……。出演は、斎藤工、永野のほか、「Diner ダイナー」の金子ノブアキ、「jam」のSWAY、「Sea Opening/シー・オープニング」の小池樹里杏、「blank13」の神野美鈴。監督は、「SAKANAMON THE MOVIE サカナモンは、なぜ売れないのか」の清水康彦。

監督
清水康彦
出演キャスト
斎藤工 永野 金子ノブアキ 野替愁平
2020年

37セカンズ

ベルリン国際映画祭でパノラマ部門観客賞と国際アートシアター連盟賞をダブル受賞したドラマ。生まれた時に37秒間、呼吸が止まっていたことが原因で、手足が自由に動かせない貴田ユマは日々、自分にハンデがあることを突き付けられながら生きていたが……。監督は米国で映画制作を学び、これが長編デビュー作となるHIKARI。一般公募で障害を持つ女性約100名の中から選ばれ、これが演技初経験となる佳山明が主演を務める。

監督
HIKARI
出演キャスト
佳山明 神野三鈴 大東駿介 渡辺真起子
2018年

blank13

  • 2018年2月3日(土)
  • 出演(松田洋子 役)

齊藤工の初長編監督作は、短編『バランサー』の脚本を担当した放送作家はしもとこうじの実体験を基にした家族ドラマ。友人たちが語るエピソードを通して、13年間音信不通だった父の知られざる姿を知り、心の空白を埋めていく主人公を高橋一生、その父をリリー・フランキーが演じる。齊藤工自身も主人公の兄として出演する。

監督
斎藤工
出演キャスト
高橋一生 松岡茉優 斎藤工 神野三鈴
2017年

光(河瀬直美監督)

  • 2017年5月27日(土)
  • 出演(智子/時枝 役)

やがて視力を失ってしまう運命を背負った天才カメラマンと、彼と出会い変わっていくヒロインの姿を描く、河瀬直美監督によるせつないラブストーリー。水崎綾女が映画の音声ガイドの制作に携わるヒロインを務め、河瀬監督の前作『あん』でもタッグを組んだ永瀬正敏が天才カメラマン役を演じる。

監督
河瀬直美
出演キャスト
永瀬正敏 水崎綾女 神野三鈴 小市慢太郎

武曲 MUKOKU

  • 2017年6月3日(土)
  • 出演(矢田部静子 役)

藤沢周の同名小説を「私の男」の熊切和嘉監督が綾野剛主演で映画化。剣道五段の腕前を持ちながら、ある出来事がきっかけでアルコール漬けの自堕落な生活を送る矢田部研吾。そんな彼の前に、やがて研吾と宿命の対決をするラップ好きの高校生・羽田融が現れる。共演は「ディストラクション・ベイビーズ」の村上虹郎、「もらとりあむタマ子」の前田敦子、「函館珈琲」の片岡礼子、「駆込み女と駆出し男」の神野三鈴、「永い言い訳」の康すおん、「家族はつらいよ」の風吹ジュン、「映画 深夜食堂」の小林薫、「モヒカン故郷に帰る」の柄本明。脚本の高田亮、撮影の近藤龍人、美術の井上心平ら「そこのみにて光輝く」のスタッフが再結集。音楽は「味園ユニバース」「モヒカン故郷に帰る」の池永正二が務める。

監督
熊切和嘉
出演キャスト
綾野剛 村上虹郎 前田敦子 片岡礼子
2015年

日本のいちばん長い日

  • 2015年8月8日(土)
  • 出演

混迷極める太平洋戦争末期の日本において国の行く末を模索する人々の姿を描いた、半藤一利のノンフィクション小説を映画化。陸軍大臣、天皇陛下、総理大臣など閣議に参加した人々の姿と、クーデターを企む青年将校たちの姿が描かれる。監督は『駆込み女と駆出し男』など、人間ドラマに定評のある原田眞人。

監督
原田眞人
出演キャスト
役所広司 本木雅弘 松坂桃李 堤真一

駆込み女と駆出し男

  • 2015年5月16日(土)
  • 出演(オユキ 役)

井上ひさしの時代小説を原案にした、江戸時代の離婚事情をつづる、大泉洋主演のコミカルな時代劇。幕府公認の駆込み寺・東慶寺にある御用宿で離婚を懇願する女たちから聞き取り調査を行う男たちと、さまざまな事情を抱えた女たちとのユニークなやりとりが描かれる。戸田恵梨香や満島ひかりが“駆込み女”を演じる。

監督
原田眞人
出演キャスト
大泉洋 戸田恵梨香 満島ひかり 内山理名
2014年

三谷幸喜 大空港2013

  • 2014年5月2日(金)
  • 出演(田野倉美代子 役)

「清須会議」の三谷幸喜が監督・脚本を務め、一度もカメラを止めない完全ワンシーンワンカットで撮影した群像コメディドラマ第2弾を期間限定で上映する。出演は、「ストロベリーナイト」の竹内結子、「トリック劇場版 ラストステージ」の生瀬勝久、「劇場版 SPEC 結(クローズ) 漸(ゼン)ノ篇」の戸田恵梨香。

監督
三谷幸喜
出演キャスト
竹内結子 生瀬勝久 オダギリ ジョー 香川照之
2000年

Lost Angels

  • 2000年7月15日(土)
  • 出演(インディアン娘 役)

成功を夢見てアメリカへ渡った日本人ロックバンドが、砂漠の中で体験する幻想的な出来事を描いたドキュメンタリー・タッチのロード・ムービー。監督は「ちんなねえ BORN TO BE BABY」の林海象。撮影監督にAmir MagalとKaz Tanakaが共同であたっている。主演は、ロックバンド“Sunny Cruiser”のメンバー、原田喧太、小池ヒロミチ、酒井麿の3人。尚、本作は「MOVIE STORM」の一作として製作、公開された。VTR作品。ビデオプロジェクターによる上映。

監督
林海象
出演キャスト
原田喧太 小池ヒロミチ 酒井麿 金山一彦

関連ニュース

第32回東京国際映画祭で『37セカンズ』が上映!
ベルリンでダブル受賞の快挙!『37セカンズ』監督&キャストが作品に込めた熱い想いを語る 10月29日 14:18

現在開催中の第32回東京国際映画祭で29日、第69回ベルリン国際映画祭パノラマ部門でパノラマ観客賞と国際アートシネマ連盟賞のダブル受賞を果たした『37セカンズ』(2020年2月公開)の上映と舞台挨拶が行われ、主演を務めた…

『blank13』の舞台挨拶に登壇した高橋一生
高橋一生『blank13』で印象的だった共演者は永野!?「すごかった」と絶賛 2月24日 17:28

俳優の斎藤工が、“齊藤工”名義で監督した映画『blank13』が全国拡大公開の初日である2月24日に、109シネマズ二子玉川で舞台挨拶を開催。主演の高橋一生、神野三鈴、村上淳、永野、佐藤二朗、齊藤工監督が登壇した。一番、…

樹木希林が河瀬直美監督に恨み節
樹木希林のギャラはタダ!?「もう困った時の樹木希林というのはナシ」 5月27日 16:17

第70回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品された河瀬直美監督作『光』の初日舞台挨拶が、5月27日に新宿バルト9で開催。水崎綾女、神野三鈴、藤竜也、樹木希林が登壇し、現在カンヌにいる永瀬正敏と河瀬監督はスカイプで参…

『日本のいちばん長い日』で主演を務めた役所広司
役所広司、演じた阿南大臣の子息の評価に安堵の表情 8月8日 14:11

『駆込み女と駆出し男』(公開中)の原田眞人監督が手掛けた反戦映画『日本のいちばん長い日』の初日舞台挨拶が、8月8日に丸の内ピカデリーで開催。役所広司、本木雅弘、松坂桃李、神野三鈴、原田眞人監督、本作に登場する鈴木貫太郎首…

神野三鈴の関連人物

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/11更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > 神野三鈴