映画-Movie Walker > 人物を探す > ジャン・ロシュフォール

年代別 映画作品( 1961年 ~ 2019年 まで合計30映画作品)

2019年

アヴリルと奇妙な世界

  • 2019年7月21日(日)公開
  • 出演(声)(ポップス 役)

蒸気機関とナポレオン5世によって支配されているパリ。少女アヴリルは行方不明の両親を探しに壮大な冒険へ旅立つ。豪華キャスト声優で贈るヌーベルSFアドベンチャーアニメーション。カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2019参加作品。

監督
クリスチャン・デスマール フランク・エキンジ
出演キャスト
マリオン・コティヤール フィリップ・カトリーヌ ジャン・ロシュフォール オリヴィエ・グルメ
2008年

Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!

  • 2008年1月19日(土)公開
  • 出演(メイター・ディー 役)

英国の人気テレビシリーズを映画化した第2弾。おなじみ“変なおじさん”ビーンが、至るところでトラブルを起こしながらフランスを縦断する、ロード・ムービー風のコメディ。

監督
スティーヴ・ベンデラック
出演キャスト
ローワン・アトキンソン エマ・ドゥ・コーヌ マックス・ボルドリー ウィレム・デフォー
2006年

美しき運命の傷痕

  • 2006年4月8日(土)公開
  • 出演(ルイ 役)

ポーランドの巨匠、故クシシュトフ・キェシロフスキの遺稿をエマニュエル・ベアールら人気女優の共演で映画化。心に傷を負った3人姉妹の悲哀と再生への道のりを力強く描く。

監督
ダニス・タノヴィッチ
出演キャスト
エマニュエル・ベアール カリン・ヴィアール マリー・ジラン キャロル・ブーケ
2004年

花咲ける騎士道

  • 2004年6月26日(土)公開
  • 出演(Narrator 役)

ジェラール・フィリップ主演の'52年の名作ロマンスをペネロペ・クルス&バンサン・ペレーズ共演でリメイク。嘘の予言に翻弄される騎士の、恋の一大騒動が遊び心満載で展開。

監督
ジェラール・クラウジック
出演キャスト
ヴァンサン・ペレーズ ペネロペ・クルス エレーヌ・ド・フジュロル ディディエ・ブルドン

列車に乗った男

  • 2004年4月10日(土)公開
  • 出演(Manesquier 役)

欧米の映画祭で絶賛された仏の名匠パトリス・ルコントの最新作。もう1つの人生に思いをはせる孤独な2人の男の、短くも崇高な魂の交流をしみじみと見つめた人間ドラマだ。

監督
パトリス・ルコント
出演キャスト
ジャン・ロシュフォール ジョニー・アリディ ジャン・フランソワ・ステヴナン シャルリー・ネルソン
2003年

ロスト・イン・ラ・マンチャ

  • 2003年5月10日(土)公開
  • 出演(Himself 役)

「12モンキーズ」の鬼才テリー・ギリアムの製作が中断された作品の舞台裏を描く異色ドキュメンタリー。映画製作の陰で繰り広げられるさまざまな闘いを生々しくつづる。

監督
キース・フルトン ルイス・ペペ
出演キャスト
ジョニー・デップ ジャン・ロシュフォール テリー・ギリアム ヴァネッサ・パラディ
2002年

メルシィ!人生

  • 2002年9月7日(土)公開
  • 出演(Kopel 役)

「奇人たちの晩餐会」の鬼才フランシス・ベベールが、仏実力派スター競演でおくるコメディ。さえない中年男がどん底から立ち直り、周囲を巻き込んで大騒動に発展する痛快作。

監督
フランシス・ヴェベール
出演キャスト
ダニエル・オートゥイユ ジェラール・ドパルデュー ティエリー・レルミット ミシェル・ラロック
2000年

レンブラントへの贈り物

  • 2000年12月16日(土)公開
  • 出演(Nicolaes Tulp 役)

 17世紀オランダが誇る巨匠レンブラントの生涯を映画化。光と影を操る画家がたどる数奇な運命と、公私にわたり関係の深い3人の女性との愛憎をドラマチックにつづる。

監督
シャルル・マトン
出演キャスト
クラウス・マリア・ブランダウアー ロマーヌ・ボーランジェ ジャン・ロシュフォール ヨハンナ・テア・シュテーゲ
1997年

リディキュール

  • 1997年1月25日(土)公開
  • 出演(Marquis de Bellegarde 役)

フランス革命直前のヴェルサイユ宮殿を舞台に、宮廷貴族たちの過酷な権力闘争を描く、シニカルなコスチューム・ドラマ。「髪結いの亭主」「パトリス・ルコントの大喝采」のパトリス・ルコント監督初の時代物で、自身が執筆に参加していない脚本も初めて。製作は「パリ空港の人々」のジル・ルグランとフレデリック・ブリヨンのコンビに、「タンデム」「愛のめぐりあい」のフィリップ・カルカッソンヌが参加。脚本は「無秩序な少女」のレミ・ウォーターハウスで、本作のノヴェライゼーションも発表して小説家としてデビューしている。撮影は「アパートメント」のティエリー・アルボガスト。音楽は「ベルエポック」のアントワーヌ・デュアメル。華麗な宮廷の世界を再現する美術は「恋の邪魔者」以来ルコントの全作品を手掛けているイヴァン・モシオン。衣裳は「緑色の部屋」のクリスチャン・ガスク、18世紀のヨーロッパの宮廷ものではお馴染みのカツラなどメイクを担当したのは「ロスト・チルドレン」のジャン・ノレ。録音はポール・レーヌ、ジャン・グーディエ、ドミニク・アヌキャン。編集はジョエル・アッシュ。出演は「愛のめぐりあい」のファニー・アルダン、「とまどい」のシャルル・ベルリング、「タンゴ」に続きルコントと組んだジュディット・ゴードレシュ、「ヘカテ」のベルナール・ジロドー、ルコント映画の常連の「大喝采」のジャン・ロシュフォールと、現代フランス映画を代表する実力派が肩を並べる豪華キャスト。96年度カンヌ国際映画祭オープニング作品。

監督
パトリス・ルコント
出演キャスト
ファニー・アルダン シャルル・ベルラン ジュディット・ゴードレシュ ジャン・ロシュフォール
1996年

パトリス・ルコントの大喝采

  • 1996年7月27日(土)公開
  • 出演(Eddie Carpentier 役)

巡業劇団に乗り込んだ三人の老大根役者が繰り広げる騒動を描いたコメディ。監督は「髪結いの亭主」「イヴォンヌの香り」のパトリス・ルコント。製作は「イヴォンヌの香り」のティエリー・ド・ガネイ。ルコントと共に脚本を執筆、台詞を担当したのは「パリ空港の人々」のセルジュ・フリードマン。

監督
パトリス・ルコント
出演キャスト
ジャン・ロシュフォール フィリップ・ノワレ ジャン・ピエール・マリエル カトリーヌ・ジャコブ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジャン・ロシュフォール