映画-Movie Walker > 人物を探す > 矢作穂香

年代別 映画作品( 2010年 ~ 2017年 まで合計11映画作品)

2017年

花筐/HANAGATAMI

檀一雄による同名短編小説を大林宣彦監督が映画化。「この空の花 長岡花火物語」「野のなななのか」に続く“戦争三部作”の最終章。1941年の佐賀県唐津市を舞台に、戦禍の中に生きる若者たちの心が火傷するような凄まじい青春群像劇を、圧倒的な映像力で綴る。出演は「野のなななのか」の窪塚俊介、「三度目の殺人」の満島真之介、「マイ・バック・ページ」の長塚圭史、「彼女の人生は間違いじゃない」の柄本時生、「クレヴァニ、愛のトンネル」の矢作穂香、「チア・ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」の山崎紘菜、「世界は今日から君のもの」の門脇麦、「だれかの木琴」の常盤貴子。脚本は大林宣彦と「HOUSE ハウス」「ふたり」の桂千穂。音楽の山下康介、撮影・編集の三本木久城、美術の竹内公一、録音の内田誠ら「野のなななのか」スタッフが引き続き参加。2017年12月7日より唐津先行上映。

監督
大林宣彦
出演キャスト
窪塚俊介 満島真之介 長塚圭史 柄本時生
2015年

クレヴァニ、愛のトンネル

  • 2015年2月21日(土)公開
  • 出演(柏木一葉 役)

“そこでキスした恋人たちは、永遠に結ばれる”という伝説が残るウクライナに実在する“緑のトンネル”をモチーフに、現地ロケを行なったラブストーリー。20年前に失った恋人の幻影を追い求め、トンネルを訪れた男の姿を描く。主演は「映画 鈴木先生」の未来穂香。監督は「カリーナの林檎 チェルノブイリの森」の今関あきよし。

監督
今関あきよし
出演キャスト
未来穂香 小山田将 水野勝 板尾創路
2014年

思春期ごっこ

  • 2014年8月23日(土)公開
  • 出演(蓮見鷹音 役)

二人だけの濃密な時間を過ごす中学3年生の少女・三佳と鷹音の前に、三佳が耽読する小説を書いた図書館司書が現れたことから、二人の関係性が変わっていく青春ドラマ。監督・脚本は、「UNBRIGHT-アンブライト-」やオムニバス映画「放課後たち」内「ロリータなんて」を手がけ、写真家としても活躍する倉本雷大。脚本には劇団elePHANTMoon主宰・マキタカズオミも加わっている。小説家を夢見る三佳を「円卓 こっこ、ひと夏のイマジン」の青山美郷が、三佳への思いに揺れる美術学校志望の鷹音を「映画 鈴木先生」の未来穂香が、かつての栄光にしがみつく元小説家の図書館司書を「ロストクライム-閃光-」の川村ゆきえが演じる。

監督
倉本雷大
出演キャスト
未来穂香 青山美郷 伊藤梨沙子 荻野可鈴

放課後ロスト

  • 2014年8月2日(土)公開
  • 出演(夕希 役)

五十嵐藍の人気コミック『ワールドゲイズ クリップス』を原作に、3編のオムニバスとして映画化。廃校が決まった高校を舞台に、3人の女性監督が等身大の少女たちの日常を描いた青春群像。出演は「映画 鈴木先生」の未来穂香、SKE48の佐藤すみれ(「ウルトラマンサーガ」)、「桐島、部活やめるってよ」の松岡茉優。

監督
天野千尋 名倉愛 大九明子
出演キャスト
未来穂香 高嶋香帆 佐藤すみれ 大石悠馬
2013年

江ノ島プリズム

  • 2013年8月10日(土)公開
  • 出演(今日子 役)

江ノ島を舞台に、青春時代の無邪気さと挫折、淡い恋心を瑞々しく描き出すタイムスリップ青春ドラマ。原案・脚本は「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」の小林弘利。監督・脚本は「旅立ちの島唄 十五の春」の吉田康弘。出演は「図書館戦争」の福士蒼汰、「天国からのエール」の野村周平、「FASHION STORY Model」の本田翼、「マリア様がみてる」の未来穂香。

監督
吉田康弘
出演キャスト
福士蒼汰 野村周平 本田翼 未来穂香

高速ばぁば

  • 2013年7月27日(土)公開
  • 出演

テレビ番組収録のため廃墟となった老人ホームを訪れたアイドルグループたちが、信じられないようなスピードで移動する老婆の霊と遭遇したことから、彼女たちや彼女たちの周囲で不可解な出来事が起こるホラー。監督・脚本は、実際の事件をモチーフにした「先生を流産させる会」でセンセーションを巻き起こした内藤瑛亮。おぞましい出来事に遭遇する3人組アイドルを「映画 鈴木先生」「マリア様がみてる」の未来穂香、「ランウェイ☆ビート」テレビドラマ『35歳の高校生』の北山詩織、実在のアイドルグループ『アイドリング!!!』のメンバーである後藤郁が演じている。ほか、「ふたりエッチ」の中村愛美、「闇金ウシジマくん」の岡田義徳らが出演。

監督
内藤瑛亮
出演キャスト
未来穂香 北山詩織 後藤郁 大家由祐子

映画 鈴木先生

  • 2013年1月12日(土)公開
  • 出演

武富健治の同名コミックを基に、数々の賞にも輝いた話題のドラマが初の劇場映画化。理想のクラスを作り上げようと奮闘する中学校の国語教師・鈴木先生をドラマ版同様に長谷川博己が演じ、卒業生による立てこもり事件という史上最大の危機に立ち向かう。本作で注目を浴びた土屋太鳳らが、再び中学2年生のリアルを等身大で演じる。

監督
河合勇人
出演キャスト
長谷川博己 臼田あさ美 土屋太鳳 風間俊介
2012年

リアル鬼ごっこ4

  • 2012年5月19日(土)公開
  • 出演(ユイ 役)

“佐藤さん”をつけ狙う恐怖の鬼ごっこを描いた山田悠介の同名小説を映画化し、話題を呼んだ『リアル鬼ごっこ』シリーズ。王様の狙いが“佐藤さん”から、“血液型がB型の人間”とより広まり、さらなる悲劇が繰り広げられる最新シリーズ3部作の第2弾。若手俳優集団D2の荒井敦史がリアル鬼ごっこに参加させられる高校生役に。

監督
安里麻里
出演キャスト
荒井敦史 相楽樹 未来穂香 前田希美
2011年

劇場版仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル

  • 2011年8月6日(土)公開
  • 出演(メズール 役)

様々な生物の力を秘めたメダルを3枚組み合わせて変身し、謎の敵と戦う「仮面ライダーオーズ」の劇場版映画。現代に甦った邪悪な錬金術師の力でオーズが江戸時代へとタイムスリップし、松平健演じる徳川吉宗と豪華共演。バイクにまたがったオーズと白馬に乗った暴れん坊将軍が、力を合わせて悪を成敗するさまが描かれる。

監督
柴崎貴行
出演キャスト
渡部秀 三浦涼介 高田里穂 岩永洋昭
2010年

マリア様がみてる

  • 2010年11月6日(土)公開
  • 出演(福沢祐巳 役)

コミックやテレビアニメにもなった、今野緒雪による人気ライトノベルを実写映画化。上級生が下級生を指導する“姉妹(スール)制度”が存在する名門女子高を舞台に、美少女たちの交流を繊細なタッチで活写する。モデルや歌手としても活躍する波瑠が全校生徒の憧れの的である祥子を演じるほか、未来穂香や平田薫など、期待の若手女優が多数出演する。

監督
寺内康太郎
出演キャスト
波瑠 未来穂香 平田薫 滝沢カレン

関連ニュース

『映画 鈴木先生』緋桜山中学の生徒会選挙は大荒れ?鈴木先生もうなる候補者演説を初公開
『映画 鈴木先生』緋桜山中学の生徒会選挙は大荒れ?鈴木先生もうなる候補者演説を初公開(2012年12月14日)

武富健治の同名漫画を、テレビドラマを経て映画化した『映画 鈴木先生』(2013年1月12日公開)。衆議院議員総選挙を直前に控える中、本作の重要なエピソードの一つ…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 矢作穂香

ムービーウォーカー 上へ戻る