TOP > 映画監督・俳優を探す > ウド・キアー

年代別 映画作品( 1974年 ~ 2020年 まで合計51映画作品)

2020年

バクラウ 地図から消された村

  • 11月28日(土)
  • 出演(Michael 役)

ブラジル片田舎の村を舞台に起きる不可解なできごとと暴力にまみれた惨劇を描く

監督
クレベール・メンドンサ・フィリオ ジュリアーノ・ドルネレス
出演キャスト
ソニア・ブラガ ウド・キアー バルバラ・コーレン トマス・アキーノ

ブルータル・ジャスティス

『トマホーク ガンマンvs食人族』などの名作カルトで知られる、S・クレイグ・ザラー監督が手がけたバイオレンスアクション。『ブレイブハート』の名優メル・ギブソンがベテラン刑事を、その相棒を『インターンシップ』のヴィンス・ヴォーンが務め、犯罪組織を相手に金塊を巡った追走劇を繰り広げる。極悪非道な強盗犯を演じるのは、『タクシー運転手 ~約束は海を越えて~』のトーマス・クレッチマン。

監督
S・クレイグ・ザラー
出演キャスト
メル・ギブソン ヴィンス・ヴォーン トリー・キトルズ マイケル・ジェイ・ホワイト

異端の鳥

2019年のヴェネツィア国際映画祭でユニセフ賞を受賞するなど、各国の映画祭や批評家から多くの評価を得た衝撃作。第二次大戦中にナチスのホロコーストから逃れて疎開した少年が、差別と迫害、自然の脅威と対峙しながら強く生き抜く姿と、少年を異物とみなし徹底的に攻撃する“普通の人々”を赤裸々に映しだす。原作は、自身もホロコーストの生き残りであるポーランドの作家、イェジー・コシンスキが1965年に発表した著書。

監督
ヴァーツラフ・マルホウル
出演キャスト
ペトル・コラール ニーナ・シュネヴィッチ アラ・ソコロワ ウド・キアー
2019年

アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲

  • 2019年7月12日(金)
  • 出演(ウォルフガング・コーツフライシュ / アドルフ・ヒトラー 役)

月の裏側に秘密基地を建設していたナチスの残党が、人類を侵略すべく戦いを仕掛けるという斬新なアイデアが話題を呼んだSFアクションの続編。前作から30年後の世界を舞台に、荒廃した地球を捨て、月面基地で暮らす人々が、新たなエネルギー源を求めて地球の深部に向かい、恐竜を操る新たな敵と遭遇する。

監督
ティモ・ヴオレンソラ
出演キャスト
ララ・ロッシ ウラジミル・ブラコフ キット・デイル トム・グリーン

パペット・マスター

  • 2019年10月11日(金)
  • 出演(Andre Toulon 役)

呪文によって命が与えられた人形たちがもたらす惨劇をユーモアを交えて描くホラー映画

監督
ソニー・ラグーナ トミー・ウィクランド
出演キャスト
ジェニー・ペリサー トーマス・レノン ネルソン・フランクリン バーバラ・クランプトン

ドント・ウォーリー

  • 2019年5月3日(金)
  • 出演(Hans 役)

2010年に59歳で亡くなった風刺漫画家ジョン・キャラハンの実話をホアキン・フェニックス主演で映画化した人間ドラマ。自動車事故で車いす生活を余儀なくされるも、周囲の支えもあり、風刺漫画家として再生していく男の姿を描く。ロビン・ウィリアムズも映画化を熱望していたという本作の監督を務めるのは『ミルク』のガス・ヴァン・サント。

監督
ガス・ヴァン・サント
出演キャスト
ホアキン・フェニックス ジョナ・ヒル ルーニー・マーラ ジャック・ブラック
2018年

ダウンサイズ

  • 2018年3月2日(金)
  • 出演(ヨリス・コンラッド 役)

人間の身長を13cmにして、増え続ける人口問題を解決しようとする奇想天外な物語が繰り広げられる、マット・デイモン主演のコメディ。『ファミリー・ツリー』など人間ドラマに定評のあるアレクサンダー・ペイン監督が、初タッグながらデイモンを主演に抜擢し、中年男の悲哀を笑いを交えながら描く。

監督
アレクサンダー・ペイン
出演キャスト
マット・デイモン クリストフ・ヴァルツ ホン・チャウ クリステン・ウィグ
2014年

ニンフォマニアック Vol.2

  • 2014年11月1日(土)
  • 出演(ウェイター 役)

「ダンサー・イン・ザ・ダーク」で第53回カンヌ国際映画祭パルム・ドールを獲得したラース・フォン・トリアー監督が、過剰にセックスを求め色情狂を自認する女性の経歴を詩的かつ滑稽に描いたセンセーショナルなドラマ。8つの章立てを2部作に分けたうちの後編にあたる。「アンチクライスト」「メランコリア」に続いてのトリアー監督作品出演となるシャルロット・ゲンズブールが、満たされず快楽を求めて不特定多数の相手と関係を持つ女性を演じる。ほか「奇跡の海」のステラン・スカルスガルド、「トランスフォーマー」のシャイア・ラブーフ、「トゥルー・ロマンス」のクリスチャン・スレイター、「リトル・ダンサー」のジェイミー・ベルらが出演。

監督
ラース・フォン・トリアー
出演キャスト
シャルロット・ゲンズブール ステラン・スカルスガルド ステイシー・マーティン シャイア・ラブーフ

ニンフォマニアック Vol.1

  • 2014年10月11日(土)
  • 出演(ウェイター 役)

「ダンサー・イン・ザ・ダーク」で第53回カンヌ国際映画祭パルム・ドールを獲得したラース・フォン・トリアー監督が、過剰にセックスを求め色情狂を自認する女性の経歴を詩的かつ滑稽に描いたセンセーショナルなドラマ。8つの章立てを2部作に分けたうちの前編にあたる。「アンチクライスト」「メランコリア」に続き3本目のトリアー監督作品出演となるシャルロット・ゲンズブールが、満たされず快楽を求めて不特定多数の相手と関係を持つ女性を演じる。ほか「奇跡の海」のステラン・スカルスガルド、「トランスフォーマー」のシャイア・ラブーフ、「トゥルー・ロマンス」のクリスチャン・スレイター、「キル・ビル」のユマ・サーマンらが出演。

監督
ラース・フォン・トリアー
出演キャスト
シャルロット・ゲンズブール ステラン・スカルスガルド ステイシー・マーティン シャイア・ラブーフ
2012年

アイアン・スカイ

  • 2012年9月28日(金)
  • 出演(ウォルフガング・コーツフライシュ総統 役)

ナチスの生き残りが月の裏側で息を潜め、満を持して地球に復讐を開始するという奇想天外なストーリーで注目を浴びるSFアクション。製作費のうちの約1億円を世界中の映画ファンからのカンパで賄ったほか、YouTubeでの予告編再生回数がわずか2か月で800万回を突破。続編や前日譚の製作も決定するほどの人気となっている。

監督
ティモ・ヴオレンソラ
出演キャスト
ユリア・ディーツェ ゴッツ・オット クリストファー・カービー ペータ・サージェント
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/26更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ウド・キアー

ムービーウォーカー 上へ戻る