映画-Movie Walker > 人物を探す > Christopher Koefoed

年代別 映画作品( 1992年 ~ 1998年 まで合計4映画作品)

1998年

グリッドロック

  • 1998年1月10日(土)公開
  • 編集

ドラッグ断ちを新年の目標にしたふたりのジャンキーの姿をオフビートなタッチで描いた一編。TVドラマ「シカゴ・ホープ」のレギュラー俳優としても知られるヴォンディ・カーティス・ホールの監督デビュー作で、脚本も担当(出演も)。製作は「フォー・ウェディング」のダミアン・ジョーンズと、ポール・ウェブスター、エリカ・ハギンズの共同。撮影は「バウンド」のビル・ポープ、音楽は「ハッピィブルー」のスチュアート・コープランド、美術は「希望の街」のダン・ビショップ、編集はクリストファー・コーフォード、衣裳はマリー・フランス。主演は「世界中がアイ・ラヴ・ユー」のティム・ロスと、人気ラッパーで「ジュース」など俳優としても評価が高かったトゥパック・シャクール。なお、彼は本作完成直後の96年9月13日に銃撃され死亡した。

監督
Vondie Curtis Hall
出演キャスト
トゥーパック・シャクール ティム・ロス Vondie Curtis Hall サンディ・ニュートン
1994年

ポケットいっぱいの涙

  • 1994年1月22日(土)公開
  • 編集

暴力とドラッグに支配される街に暮らすひとりの黒人青年の目を通して、現代アメリカ社会が抱える病巣を鋭く活写した異色の青春映画。監督は撮影当時、弱冠20歳の双子アレン&アルバート・ヒューズで、ビデオクリップの演出で鍛えられた斬新なビジュアルセンスと、黒人コミュニティの現実を直視する冷徹な視点、さらにブライアン・デ・パルマの「スカーフェイス」やニコラス・レイの「夜の人々(1949)」などに影響を受けた暴力描写が見どころ。兄弟とタイガー・ウィリアムズの原案を、ウィリアムズが脚色。製作はダリン・スコット、撮影はリサ・リンツラー。音楽はQDIIIで、出演もしているMCエイト、ハイ・ファイヴなどのラップ/ヒップホップ・サウンドが全編を彩る。出演はタイリン・ターナー、ジェイダ・ピンケットら。「シュワルツェネッガー プレデター」のビル・デューク、「パルプ・フィクション」のサミュエル・L・ジャクソンらが助演。

監督
アレン・ヒューズ アルバート・ヒューズ
出演キャスト
タイリン・ターナー ラレンツ・テイル Anthony Johnson Reginald Ballard
1992年

ミッドナイト・ヒート

  • 1992年9月19日(土)公開
  • 編集

一度は悪の道から抜け出した青年が、旧友のために再び事件に巻き込まれていく、ハードボイルド・アクション。監督はテレビ界出身のジョン・ニコレラ、製作はキャンディス・ヤングとランス・キング。脚本はマックス・ストロムとジョン・アレン・ネルソン、撮影はチャールズ・ロジャー・ジュニア、音楽はクリス・ケーフード、音楽はヤン・ハマーが担当。

監督
ジョン・ニコレラ
出演キャスト
マイケル・パレ アダム・アント デニス・ホッパー ダフネ・アシュブルック

ザ・リスク 甘く危険な賭け

  • 1992年5月9日(土)公開
  • 編集

ギャンブルの世界に生きる青年が、ボスの愛人と恋に落ち、追い詰められていく姿を描くハードボイルド・サスペンス。監督はカート・ヴォス、製作はラリー・ラトナー、ガイ・ルーサン、ウィリアム・エワート。エグゼクティヴ・プロデューサーはマイルズ・A・コープランド2世とポール・コリクマン。脚本はラリー・ラトナー、撮影はディーン・レント、音楽はデボラ・ホランドが担当。

監督
カート・ヴォス
出演キャスト
テレンス・スタンプ ピーター・バーグ ミッチェル・ジョンソン M・K・ハリス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > Christopher Koefoed