映画-Movie Walker > 人物を探す > ディーン・レント

年代別 映画作品( 1992年 ~ 2001年 まで合計4映画作品)

2001年

Candy Lover Girl

  • 2001年4月14日(土)公開
  • 撮影

新人の夫婦監督が、多感な少女の小さな冒険を描く青春ドラマ。16歳の夏休みを迎えた少女の成長を、風俗業界で生きる女性たちとの交流をとおしてつづっていく。

監督
リサ・アッダリオ ジョー・シラキューズ
出演キャスト
タラ・サブコフ クリスティ・スワンソン サンドラ・バーンハード ロレッタ・デヴァイン
1995年

ガス・フード・ロジング

  • 1995年2月11日(土)公開
  • 撮影

荒涼たる砂漠の小さな町を舞台に、母と娘2人の三者三様の生き方を描いた女性映画。リチャード・ペックの小説『Don't Look and it Won't Hurt』を、アリソン・アンダースの脚本・監督で映画化した、彼女の長編デビュー作。製作はダニエル・ハシッド、セス・M・ウィレンソン、ウィリアム・イワート、撮影は監督のUCLAの同級生で「ボーダー・レディオ」のディーン・レント。音楽はバリー・アダムソンとオルタナティヴ・ロックの雄、ダイナソーJRのJ・マスシスが手掛け、ニック・ケイヴ&バッドシーズ、ヴィクトリア・ウィリアムスらが挿入曲を提供。主演は「天国の日々」「ブロスBROS やつらはときどき帰ってくる」のブルック・アダムス、60年代英国のポップスター、ドノヴァンの実娘で「リバース・エッジ」「ウェインズ・ワールド」のアイオン・スカイ、「オズ」「恋の掟」のファイルーザ・バルク。共演は「レネゲイズ」のロブ・ネッパー、アイオン・スカイの兄で「グローリー」のドノヴァン・リーチ、「ニキータ」のジェイコブ・ヴァルガスら。

監督
アリソン・アンダース
出演キャスト
ブルック・アダムス アイオン・スカイ フェルザ・バルク ジェームズ・ブローリン
1993年

ボーダー・レディオ

  • 1993年2月22日(月)公開
  • 脚本

失踪したロッカーを巡る人間模様を描く。メイン・キャストはほとんどがL.A.のアンダーグラウンド・ロック・ミュージシャンなので、L.A.パンクの人脈図といった赴きもある。監督はアリソン・アンダーソンとディーン・レントとカート・ヴォスの三人。いずれもUCLA映画学科の出身で、在学中から共同で、モノクロ、ドキュメンタリー調のドラマや短編などを作っていた。本作はその集大成といえる。1000ドルの資金と借り物のカメラ一台という、ごく低予算で作られたモノクロの映画だが、粒子の荒れた画面によって、L.A.やさびれたメキシコの街を表情豊かに表現している。

監督
アリソン・アンダース
出演キャスト
クリス・D ルアナ・アンダース クリス・シェーラー ジョン・ドー
1992年

ザ・リスク 甘く危険な賭け

  • 1992年5月9日(土)公開
  • 撮影

ギャンブルの世界に生きる青年が、ボスの愛人と恋に落ち、追い詰められていく姿を描くハードボイルド・サスペンス。監督はカート・ヴォス、製作はラリー・ラトナー、ガイ・ルーサン、ウィリアム・エワート。エグゼクティヴ・プロデューサーはマイルズ・A・コープランド2世とポール・コリクマン。脚本はラリー・ラトナー、撮影はディーン・レント、音楽はデボラ・ホランドが担当。

監督
カート・ヴォス
出演キャスト
テレンス・スタンプ ピーター・バーグ ミッチェル・ジョンソン M・K・ハリス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ディーン・レント