映画-Movie Walker > 人物を探す > 山田真歩

年代別 映画作品( 2010年 ~ 2019年 まで合計14映画作品)

2019年

Bの戦場

  • 2019年3月15日(金)公開
  • 出演

2016年ノベル大賞受賞の同名小説をガンバレルーヤ・よしこ主演で映画化したラブコメディ。“絶世のブス”の香澄は自らの結婚を諦め、ウェディングプランナーとして働いていたが、突然、自称“意識の高いB専”のイケメン上司・久世からプロポーズされる。監督は、ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』の並木道子。出演は。「となりの怪物くん」の速水もこみち、「旅猫リポート」の大野拓朗。

監督
並木道子
出演キャスト
よしこ 大野拓朗 高橋ユウ 有村藍里
2018年

菊とギロチン

  • 2018年7月7日(土)公開
  • 出演(小桜はる 役)

「64-ロクヨン- 前編/後編」の瀬々敬久が、構想30年の企画を実現させた入魂の作品。大正末期。自由な雰囲気が失われつつある世相の中、東京近郊で出会った女相撲一座の女力士たちとアナキスト・グループ“ギロチン社”のメンバーが惹かれ合っていく。出演はTVドラマ『デリバリーお姉さん』の木竜麻生、「散歩する侵略者」の東出昌大、「ナミヤ雑貨店の奇蹟」の寛一郎、「霊的ボリシェヴィキ」の韓英恵。

監督
瀬々敬久
出演キャスト
木竜麻生 韓英恵 東出昌大 寛 一 郎

谷崎潤一郎原案/TANIZAKI TRIBUTE「富美子の足」

  • 2018年2月10日(土)公開
  • 出演

近代日本文学を代表する作家・谷崎潤一郎の短編を下地にした現代劇集のうち、「天使のいる図書館」のウエダアツシ監督がフェティシズムに焦点をあてたドラマ。デリヘルで見つけた富美子の足を偏愛する塚越老人は、甥に彼女の足の等身大フィギュアを作らせる。周囲の男たちの人生を狂わせる富美子をグラビアアイドルの片山萌美が、彼女の足に入れ込む富豪を「あゝ、荒野」のでんでんが、フィギュア作家の甥を「ダブルミンツ」の淵上泰史が演じる。

監督
ウエダアツシ
出演キャスト
片山萌美 淵上泰史 でんでん 武藤令子

ピンカートンに会いにいく

  • 2018年1月20日(土)公開
  • 出演

「エキストランド」の坂下雄一郎が監督・脚本を務めたヒューマン・コメディ。20年前に解散したアイドルグループ・ピンカートンの優子は今も売れない女優をしている。レコード会社の松本からグループ再結成の誘いを受け、元メンバーたちに会いに行くが……。出演は、「下衆の愛」の内田慈、「愚行録」の松本若菜、「島々清しゃ」の山田真歩、「東京ウィンドオーケストラ」の水野小論、「恋人たち」の岩野未知、「恋とさよならとハワイ」の田村健太郎。

監督
坂下雄一郎
出演キャスト
内田慈 松本若菜 山田真歩 水野小論

愛の病

  • 2018年1月6日(土)公開
  • 出演(香澄 役)

2002年に起きた『和歌山出会い系サイト強盗殺傷事件』を映画化。出会い系サイトのサクラとして働きながら、工員の真之助に貢がせているエミコ。一目惚れした解体作業員アキラに障がいを持つ姉がいることを知り、彼女を殺害しようとエミコは真之助に連絡する。出演は、TV『ドS刑事』の瀬戸さおり、「ポエトリーエンジェル」の岡山天音、「HiGH&LOW」シリーズの八木将康、「島々清しゃ(しまじまかいしゃ)」の山田真歩、「母の恋人」の佐々木心音、「向日葵の丘 1983年・夏」の藤田朋子。脚本を「LAST LOVE 愛人」の石川均、音楽を「鬼火」「机のなかみ」の神尾憲一が担当。監督は「スキマスキ」「好きでもないくせに」の吉田浩太。

監督
吉田浩太
出演キャスト
瀬戸さおり 岡山天音 八木将康 山田真歩
2017年

二十六夜待ち

  • 2017年12月23日(土)公開
  • 出演

佐伯一麦による同名小説を「海辺の生と死」の越川道夫監督が映画化。震災で何もかも失い福島の叔母の工務店に身を寄せる由実は、路地裏にある小さな飲み屋で働き始める。だが、店主の杉谷は記憶をすべて失い、自分が何者かさえ分からない孤独を抱え込んでいた。出演は「悼む人」の井浦新、「愛を語れば変態ですか」の黒川芽以、「島々清しゃ(しまじまかいしゃ)」の山田真歩、「海のふた」の鈴木慶一、「笑う招き猫」の諏訪太朗。撮影を「永い言い訳」の山崎裕、音楽を「アレノ」の澁谷浩次が担当する。

監督
越川道夫
出演キャスト
井浦新 黒川芽以 天衣織女 鈴木晋介

ひかりのたび

  • 2017年9月16日(土)公開
  • 出演

伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞2015中編の部グランプリ受賞作の映画化。とある地方都市で冷酷非情なやり方で成り上がった不動産ブローカーの植田には、高校三年生の娘・奈々がいた。奈々はこの町に愛着を持ち、卒業後も住み続けたいと思っていたが……。出演は、「キスは命がけ!」の志田彩良、「ソロモンの偽証」の高川裕也。監督・脚本は、本作が商業映画初監督となる澤田サンダー。SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2017長編コンペティション部門正式招待作品。

監督
澤田サンダー
出演キャスト
志田彩良 高川裕也 瑛蓮 杉山ひこひこ

ポエトリーエンジェル

  • 2017年5月20日(土)公開
  • 出演(板屋智恵子 役)

「僕らのごはんは明日で待ってる」の岡山天音と「ハロウィンナイトメア2」の武田玲奈がW主演する青春ドラマ。実家の梅農家を手伝う玉置は、ふとしたきっかけで詩のボクシング教室に通い出す。そこに新たに加わった女子高校生・杏は、ある悩みを抱えていた。監督・脚本・編集は、「チキンズダイナマイト」の飯塚俊光。出演は、「シン・ゴジラ」の鶴見辰吾、「モヒカン故郷に帰る」の美保純、「オー・マイ・ゼット!」の角田晃広、「なりゆきな魂、」の山田真歩、「いたくても いたくても」の芹澤興人、「龍三と七人の子分たち」の下條アトム。和歌山県田辺市で毎年開催されている「田辺・弁慶映画祭」の第10回記念映画プロジェクトとして制作された。

監督
飯塚俊光
出演キャスト
岡山天音 武田玲奈 鶴見辰吾 美保純

なりゆきな魂、

  • 2017年1月28日(土)公開
  • 出演

漫画家・つげ義春の弟で、同じく漫画家のつげ忠男の作品集『成り行き』『つげ忠男のシュールレアリズム』に収録されている短編4作品に、監督によるオリジナルストーリーを加えて一つの物語に創り上げた意欲作。監督・脚本は、「64 ロクヨン」の瀬々敬久。出演は、「禁忌」の佐野史郎、「断食芸人」監督の足立正生、「誰かの木琴」の山田真歩、「シン・ゴジラ」の柄本明。

監督
瀬々敬久
出演キャスト
佐野史郎 足立正生 山田真歩 柄本明

島々清しゃ(しまじまかいしゃ)

  • 2017年1月21日(土)公開
  • 出演

沖縄の離島を舞台に、音楽が人と人とを繋いでゆくひと夏の物語。耳が良すぎて少しの音のズレさえも頭痛のタネになってしまう小学生のうみは、コンサートのために東京からやって来たヴァイオリニストの祐子と出会い、頑なに閉ざしていた自分自身を解放していく。監督は「転がれ!たま子」の新藤風。脚本・音楽監督を「楽隊のうさぎ」の磯田健一郎、撮影を「永い言い訳」の山崎裕が担当。出演は「湯を沸かすほどの熱い愛」の伊東蒼、「百円の恋」の安藤サクラ、「アレノ」の山田真歩、「下衆の愛」の渋川清彦。第29回東京国際映画祭「日本映画スプラッシュ」部門上映作品。

監督
新藤風
出演キャスト
伊東蒼 安藤サクラ 金城実 山田真歩

関連ニュース

17匹の猫と共演した市川実日子、元気の源は「人とご飯を食べること」
17匹の猫と共演した市川実日子、元気の源は「人とご飯を食べること」(2012年5月9日)

『かもめ食堂』(06)など、ゆるりと流れる時間の中に人と人のつながりや、細やかな心の機微を描く独特の世界観で人気の荻上直子監督。最新作『レンタネコ』(5月12日…

市川実日子、田中圭が巨大招き猫とハッピーカモン!癒しの映画『レンタネコ』をアピール
市川実日子、田中圭が巨大招き猫とハッピーカモン!癒しの映画『レンタネコ』をアピール(2012年4月9日)

『かもめ食堂』(06)や『めがね』(07)など、独特のユーモアと心温まるエッセンスで人気の荻上直子監督。最新作『レンタネコ』(5月12日公開)の完成披露試写会が…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 山田真歩