TOP > 映画監督・俳優を探す > ロバート・グリーンウォルド

年代別 映画作品( 1981年 ~ 1998年 まで合計4映画作品)

1998年

ターニング・ラブ

  • 1998年11月7日(土)
  • 監督、製作

結婚に躊躇する恋人たちの姿を描いたラヴ・ロマンス。監督は「あなたが聞こえない」のロバート・グリーンウォルド。脚本は「心のままに」のマイケル・クリストファー。撮影はマウロ・フィオーレ。音楽はテクノグループの元ディーヴォのメンバーのマーク・マザーズボー(「ニュー・エイジ」)。出演は「L.A.コンフィデンシャル」のラッセル・クロウ、「フロム・ダスク・ティル・ドーン」のサルマ・ハエックほか。

監督
ロバート・グリーンウォルド
出演キャスト
ラッセル・クロウ サルマ・ハエック エイブラハム・アルヴァレツ
1997年

シェイド(1996)

  • 1997年2月15日(土)
  • 製作

元刑事の大学教授が、怪死を遂げた同僚の事件を追う姿を、幻想的なタッチで描いた異色のサスペンス。監督は「新リバイアサン リフト」のサロメ・ブレジナー。製作はロバート・グリンウォルド、デイヴィッド・マタロン、ジョージ・モフリー、アラン・A・アポーン。製作総指揮は主演の「野獣教師」のトム・ベレンジャーと、「セイント」のウィリアム・J・マクドナルド。原作・脚本はランドール・シルヴィス。共演は「フォー・ルームス」のヴァレリア・ゴリノ、「アナコンダ」のカリ・ウーラー、「ショウ・ガール」のロバート・ダヴィ、「トゥームストーン」のスティーヴン・ラング、「マーヴェリック」のジョフリー・ルイス(「フロム・ダスク・ティル・ドーン」などの女優ジュリエット・ルイスの実父)ほか。

監督
サロメ・ブレジナー
出演キャスト
トム・ベレンジャー カリ・ウーラー ヴァレリア・ゴリノ スティーブン・ラング
1994年

あなたが聞こえない

  • 1994年10月8日(土)
  • 監督

殺人鬼に命を狙われた耳の不自由な女性が体験する、″音のない世界″の恐怖を描いたサスペンス・スリラー。ランドール・M・バダットとダニー・ルービンの原案を、バダットとキャスリーン・クヌートセン・ローウェルが脚色。監督には舞台演出家として活躍したのち、『スイート・ハート・ダンス』(V)で劇場用映画に進出したロバート・グリーンウォルドが当たった。製作はデイヴィッド・マタロン、撮影はスティーヴ・ショウ、音楽は「ハード・ターゲット」のグレアム・レヴェルがそれぞれ担当。主演はデビュー作「愛は静けさの中に」でアカデミー賞主演女優賞を最年少で獲得したのち、「ウォーカー」「ニューヨーク恋泥棒」「ザ・プレイヤー」などに出演したマーリー・マトリン。実際にろうあ者として生活する彼女は本作の企画段階から参加し、さまざまなアイデアを提供している。共演は「メンフィス・ベル」のD・B・スウィーニー、「地獄の黙示録」「ウォール街」のベテラン、マーティン・シーンほか。

監督
ロバート・グリーンウォルド
出演キャスト
マーリー・マトリン D・B・スウィーニー マーティン・シーン ジョン・C・マッギンレイ
1981年

ザナドゥ

  • 1981年2月21日(土)
  • 監督

音楽の殿堂ともいうべきクラブザナドゥ実現を夢見る老人と青年と彼らに力を貸すミューズ(音楽と踊りの女神)の心の触れ合いを通じて40年代のスウィング・ジャズと現代のロックを融合させるファンタジックミュージカル。製作総指揮はリー・クレーマー、製作はローレンス・ゴードンとジョエル・シルヴァー、監督はTV界出身のロバート・グリンウォルド、脚本はリチャード・クリスチャン・ダナスとマーク・リード・ルベル、撮影はビクター・J・ケンパー、音楽はバリー・デヴォーゾン、ジェフ・リンとジョン・ファーラー、編集はデニス・バークラー、製作デザインはジョン・W・コルソが各々担当。出演はオリビア・ニュートン・ジョン、ジーン・ケリー、マイケル・ベック、ジュームス・スローヤン、ディミトラ・アーリス、キャティー・ハンリーなど。

監督
ロバート・グリーンウォルド
出演キャスト
オリヴィア・ニュートン・ジョン ジーン・ケリー マイケル・ベック ジェームズ・スローヤン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ロバート・グリーンウォルド

ムービーウォーカー 上へ戻る